5号館を出て

shinka3.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2005年 03月 ( 41 )   > この月の画像一覧

非科学的な説明

 国内で初めて感染が確認され、変異型ヤコブ病によって死亡したとされる男性が90年に24日間だけイギリスに滞在していたことが確認されたというニュースが出ました。

 そりゃあ、イギリスに24日間も滞在していれば、ハンバーガーも食べれば、ウシのエキスを含んだソースで味付けした料理も食べていたことは間違いないと思います。たったそれだけの理由で、日本の厚労省は「イギリスで感染した可能性」が、今回の結果から「より強く裏付けられた」と言っているようですが、本当にそれでいいんでしょうか。もちろん、厚労省といっても関係の医学・生物学の専門家がそのような判断を下したということなのですが、結論を急ぎすぎているような気がします。

 一般的に、科学者は結論を急がないとされていますので、今回のように結論を急いでいると、その背後になんらかの政治的意図があるように感じられてなりません。

 確かに、この男性がイギリスでBSEのウシから得られた臓器を食べることによって変異型ヤコブ病になった可能性は否定できないと思います。しかし、「否定できない」ということと、「より強く裏付けられた」ということの間には、天と地ほどの開きがあります。

 もしも、100歩譲って今回の厚労省の結論が正しいとしたならば、同じ時期にイギリスでハンバーガーを食べた日本の方達の不安は想像を絶するものがあります。急いで、その方達の診察をすべきだと思いますが、それはやっているのでしょうか。

 たった24日間の滞在で感染するというのなら、1週間の滞在や数日の滞在でも十分に危険だと推測されます。そうしたことを充分考えた上での、今回の報道発表だったでしょうか。

 どうも、日本のお役所というものは「自分の責任さえなければ問題なし。対処する必要なし」というふるまいをすることが多いように思われて困ります。

 もしも今回の発表に自信を持っているということであるならば、BSE騒動のイギリスへ渡航した経歴のある日本人すべてを検査する義務が生じると思います。そういうことも、きちんとする体勢を整えた上での発表だったのでしょうか。私には、ただ単に「日本で感染したのではない」ということを強調するための政治的駆け引きだったように思えてなりません。

 今まで、何度となく引き起こされて来た薬害や病人の差別騒動をもう引き起こしたくないという気持ちがあるならば、発表によって幕引きを目指すのではなく、国民全部の協力を得ながら病気と闘うという気持ちを持って行動して欲しいと思います。

 そういう姿勢になってくれれば、国民だってもっともっと協力的になってくれると思います。いつになっても相変わらず、「国民は無知だから、我々がすべてを仕切らなければならないのだ」などという気持ちでいるのではないことを、心から願っております。

 (追加:3月8日)
 厚生労働省は、1980~1996年に英仏両国に1日以上滞在した人の献血を中止する暫定措置を決めたようですが、なんとその数が推計で数十万人だそうです。
by stochinai | 2005-03-07 21:46 | 生物学 | Comments(8)

米軍の誤射?

 イラクの抵抗勢力から解放されたイタリア人記者が、帰国のために空港へ向かう途上、アメリカ軍によって銃撃されるという事件が起こりました。

 幸いにして、解放されたスグレナさんらは殺されなかったものの、一名のイタリア情報局員が射殺されてしまいました。

 アメリカは誤射を認め謝罪したと言うことですが、もし生存者がいなかったら、米軍の誤射ということが報道されたかどうか疑問に思えます。

 この事件の報道で、真っ先に思い出したのが、イラクで殺された日本の外交官、奥克彦さんと井ノ上正盛さんのことです。二人とも殺されてしまったため、誰が撃ったのかの結論を出すことができていないと思います。

 2例とも、近距離から嵐のような銃弾を浴びせられているというところが、似ていると思いました。

 戦争の中で起こったことの真実を明らかにする報道の必要性を強く感じています。
by stochinai | 2005-03-07 14:13 | つぶやき | Comments(0)

あるMLの閉鎖

 ガ島通信さんの撤退宣言の余波が収まらない本日の午後6時頃、衝撃のメールが飛び込んできました。

 「突然の事で申し訳ありませんが,いろいろな事情を勘案して,月末(3月28日昼頃)をもって,本MLを廃止する事を決めました.・・・・・・本年の1月頃から,廃止にしようと考えてきました.理由はたくさんありますが,10年一区切りと思っています.」

 私がそのMLに参加したのが4-5年前のことですので、MLはその時にはもう5-6年の歴史を持っていたと言うことになります。

 「現在の配信アドレスは,1300です.延べでは3500程度でした.専用のサーバになって今の機械で3台目です.過去には,学生でお金がなく,寄付を受けてサーバを構築したこともありました.」

 何となく感じてはいたのですが、これほど大規模に運営されているMLであるのにもかかわらず、基本的にはたった一人のボランティアと、その人のプライベートなサーバー・マシンによって運営されていたようです。(ほとんど意識せずに、使わせていただいていました。ありがとうございました。)

 そのMLは「理科教育メーリングリスト(http://rika.org/)」という名で、理科教育関係の教員を中心に、学生、生徒の父母、研究者などが、理科教育に関係した(あるいは関係しない)様々な話題について、かなり精力的にやりとりがなされているMLでした。

 そんなMLが、たった一人の、しかも始めた頃はおそらく学生だった人の活動に支えられて10年も続いていたとは、その方のボランティア精神に感謝すると同時に、インターネットの持つ信じられないほどのコスト・パフォーマンスに感動しています。

 しかし、その方が今や理科教育とは離れた分野に職を得ておられるらしく、さらには「個人情報保護法への対応で作業が発生し,その作業負荷に耐えられない」という状況はかなり深刻な現実なのだと思います。個人情報保護法がそうした、中規模のコミュニケーションの破壊につながるということも再認識しました。何千人でも何万人でもが参加するMLでも、技術的には個人の持つパソコンで運用は可能なのでしょうが、法的な対応が必要になってくるとなると話はガラッと変わってくると思います。これについては、いずれまた改めて考えてみなければならないと思っています。

 それと、もうひとつの大きな理由はネット環境の変化です。少数の大きなMLが力を持っていた時代から、たくさんの多様なMLへと分化が進んでいることと、ブログやホームページによる個人を中心とする情報交換の手段だどんどん進化していること、などから1000人以上の参加者を持つメガMLの存在意義は、10年前と比べるとずいぶんと小さくなってきていることも、また事実だと思います。

 日本で3月というのは、旧年度の最後の月ですから、人が身の振り方を考え、大きな動きをする時期ではあります。大学でも、卒業生を送り出し、来月に入ってくる新入生を迎える準備をしなければならない、一年でもっとも落ち着かない時期です。新たな希望に心が弾み始める時期でもありますが、新年度に向けて新しい動きのできない自分を見つけて、心が乱れる時期でもあるのです。

 いろんな人のいろんな動きを見るにつけても、さて自分はどうするのかと問いかけられているような気もするこの時期が、日本では春という季節で本当に良かったと思うこともあります。これが、欧米のように冬を迎える直前の秋だったら、精神の落ち込みに耐えられない人が増えてしまうことが心配にもなる今日この頃です。

 日本の新年度が春なのには、そういう意味もあるのだとしたら、国際化という名の下に検討されている、新学期の秋開始というアイディアをそう簡単に受け入れない方が良いのかもしれないですね。
by stochinai | 2005-03-06 23:59 | つぶやき | Comments(0)
 ガ島通信さんの「さよなら新聞」宣言から一夜明けて、まだ波紋は拡がりつつあるようにも思われますが、最初の衝撃からはちょっと落ち着いてきたようです。

 私は、自分の中での整理の意味も含めて、もう一度「追伸」のエントリーを書いています。

 ずっと気になっているのはタイトルの「さよなら新聞」です。私は、ガ島さんが地方新聞社の文化部記者ということ以外知りませんし、知りたいとも思いません。でも、そのガ島さんがこのエントリーを書く時に最初に書いたタイトルは、山口正紀さんが読売を辞めて書いた本「メディアが市民の敵になる」に付いていた副題「さようなら読売新聞」と同じように、ガ島さんの所属する新聞社にたいして「さよなら**新聞」と書いて、書き直したに違いないと、勝手に想像しています。

 もし、そうでないとすればガ島さんから紙の「新聞」に対する訣別宣告になります。ひょっとすると、そっちが正しいのかも知れません。

 いずれにせよ、ガ島さんの辞職は現在まで働いていた新聞社だけではなく、新聞社を代表とする日本のマスコミのありようにNOを突きつけているということは、ほんのちょっとでも想像力がある人には痛いほどわかります。

 そして、その痛みをもっとも感じている1人が、現実の新聞社の中での「中間管理職層」を自覚している「ネットは新聞を殺すのか」のyukawaさんです。彼の血のにじむような悔しさが吹き出している昨日のエントリー「憤り」は、まだ新聞社の中にいるたくさんの「ガ島」さんたちに希望を与えてくれるものだと思いました。

 組織の中で孤立した時に、人は必ず辞めようと思うものです。そう思ったことのないという人は、組織の中で真面目に仕事をしていない人か、あるいは組織内の体制側にべったりと取り入った幇間のような人でしょう。そんな風に誰にでもある辞めようと思った瞬間に、それを思いとどまらせてくれるのは、自分のことを理解してくれ、そしてジャーナリストとしても力のあるyukawaさんのような先輩なのだと思います。

 残念ながら、ガ島さんの社にはそのような方がいらっしゃらなかったのでしょう。私の住む町にも素晴らしい同志の方がいらっしゃいます。その方のブログでは、ガ島さんの生の声も収録されています。今は「ガ島通信」の更新はなかなか難しいでしょうから、この電話の声は貴重です。masayuki_100さん、ありがとうございました。

 ガ島さんは今の新聞社と玉砕することを避けて、ガダルカナルからの名誉ある撤退を選ばれたのだと思います。ガダルカナルを離れてみると、そこかしこに意外とたくさんの戦友がいることにも気が付かれたと思います。

 体勢を立て直して、次の攻撃にかかる時にはたくさんの同志が一緒に闘いに参加してくれると思います。そのためにも、できるだけ早い機会に新しい陣地を築かれますように願っています。

 次の戦いには、私も一緒に参加できると良いのですが、、、、。
by stochinai | 2005-03-05 17:20 | つぶやき | Comments(1)
 私がもっとも注目しているブログの一つ、ガ島通信さんが衝撃のエントリー「いろいろ考えた末に会社を辞めることにしました」のだそうです。

 フリーになって職探しだそうですが、家族の方から「就職先を決めてから辞めるならまだしも無責任すぎる」「甘い!」と厳しく言われましたと言いながら、(笑)などという突っ込みも書けていらっしゃるので、理解はされているのだと感じました。

 理由などはおいおい書いていただけるのだそうで、楽しみ(?)にしていますが、まあガ島さんの今までのエントリーを見ていると、納得のできる理由はあるんだろうなあ、と勝手に想像しています。

 余計なお世話ですが、そんなに大量の軍資金もないでしょうから、早く勤め先が決まるといいですね。

 フリーになるつもりはないとのことですから、まずは警察問題で頑張っている北海道新聞や愛媛新聞などにアプライしてみてはいかがでしょう。松山も良いところでしょうが、札幌も良いところですよ。もし、札幌にいらしたら一杯おごります。(でも、どっちも景気の良い都市ではないですね。)

 ともかく日本にとって必要な人ですから、一日も早い就職活動の成功を心から祈っております。
by stochinai | 2005-03-04 15:11 | つぶやき | Comments(3)
 何気なくニュース・サーフィンしていたら、えっ!?というニュースに出会いました。

 「ニッポン放送の役員を除く238人の社員のうち217人が3日、『社員一同」として「フジサンケイグループに残るという現経営陣の意思に賛同し、ライブドアの経営参画に反対します』とする声明を発表した」とのことです。

 たとえば「人を殺してはいけない」とか「自然を大切にしましょう」とかについて、238人に意見を聞いたところ、217人が賛成したというのならわかります。あり得ることだと思います。

 しかし、今回の問題のように世論でも意見が割れていることに関して、ある集団で90%以上の人が同じ意見というのは、どう考えても気持ちが悪いと思います。

 しかも、その会社の社長が特定の意見を持っていて、今回の「社員の総意」がその社長の意見と同じというのがますます気持ちが悪いです。

 最後のところに事実の見える文章がありました。(記者の良心でしょうか?)「ニッポン放送には労働組合がなく、50年を超える同社の歴史で初めての社員総会を2日午後6時から開き、全会一致で声明の発表を決めた」というところです。

 つまり238人のうち、賛成しなかったのはこの社員総会に(たまたま?)出ていなかった人だけということなのでしょう。つまり、反対意見はゼロということです。

 この総会では反対の声がでなかったということになります。冷静に考えると、出せなかったということでもあると思います。

 投票をしたとは書いてありませんので、この「全会一致」も「反対意見はありませんか」とか「こういうことで良いですか」と訊いて拍手かなんかで賛意を問うたか、あるいはそれすらなく「異議なしと認めます。よって全会一致で可決します。ありがとうございました」という、我々が良くお目にかかる典型的な「シャンシャンと手打ちをする日本の会議」だったのではないかと想像されます。

 誰が見ても、これは会社によるやらせと思えるでしょう。だいたいが、200人を越える従業員がすべて社長と同じ意見を持っている会社なんてあるはずがないと思います。

 いわば踏み絵の形で反対を封じた上で、「社員の総意」をでっち上げるために行われたと思われる大政翼賛の「社員総会」は、不当労働行為にならないんでしょうか。弁護士さんの意見を聞きたいものです。
by stochinai | 2005-03-03 20:17 | つぶやき | Comments(10)

生物の合目性

 ばかぼん父さんのエントリー「生物」の原則で、「生物」についての感想を述べておられます。

 「生物分野は、なじみの少ないモノの名前が多く出てくるので、暗記モノと思われがちだが、実は一貫した大原則が存在している」という視点は、生物学をやっているものとしては、とてもありがたいものです。

 暗記物などと言われていたのは、生物学をきちんと理解していない受験生と、生物学を理解していない出題者がたくさんいた過去の物語だと思っています。

 もちろん今でも、そうした過去を引きずっている例はたくさんあるのだと思いますが、少なくとも生物学の学問の現場では、進化の原則はかなり普遍的なものとして理解されるようになってきています。

 「生物の身体は環境に適応するように長い時間をかけて進化してきているから、合目的にできている」という感想は、そんなに間違っているとは思わないのですが、合目的にできているはずの生物のからだがいろいろな不都合を持っていることもまた事実です。

 たとえば、直立して2足歩行するようになったヒトが、そのために腰痛や難産を抱えるようになったのは、どうみても良いことばかりの「合目性」だけでは説明できません。同様に言葉を話すようになったヒトが、喉の奥で気道と食道を共有しているために、お年寄りが餅を喉につまらせてしまう事故が起こるようになっていることも困ったことです。(言葉を話せないチンパンジーや赤ちゃんはものを食べながら息をすることができます。)

 「その仕組みがいつ頃出来たのかによって違うので、ややこしいことになる。そのややこしさが『面白い』」という指摘はまさに生物学のおもしろさを言い当てているのだと思いますが、そのおもしろさを楽しむことと、試験で正しく答えることが同義ではないことが悲しいことです。

 技術的には「素直にありのままを見て、どうしてだろうと考えれば、正解になるようにできている」という現実の試験問題に対する対策もそこそ事実でしょうから、まずは試験をクリアしてもらってから、その先で生物学を楽しんでもらえれば文句はありません。

 でも、やっぱり試験が学問をゆがめていることは否定できませんね。困ったもんだ。
by stochinai | 2005-03-02 22:35 | 教育 | Comments(2)

なんのための中教審

 「おしえるしごと。」でばろっくさんが、「中教審を信じ難い理由」というエントリーを書かれておられます。

 ばろっくさんが中教審のメンバーを調べてみたところ、「ほとんどが『私立関係者』だ」ということで、「分かりやすいのは、今就いておられる仕事が私立学校関係である人。またそれ以外の方々も学歴をちょっと調べさせてもらうと、大抵が私立出身者なんですね。それもとっても高名な」とのことです。

 私立学校の出身者ばかりを集めて公立学校の今後の方針を検討するというのも、確かに偏ったことになるかもしれません。しかし、政府系の審議会にはそれ以上の根深い問題点があると思います。

 それは、審議会は政府の意向に許諾を与えるために組織されるものであるということです。ですから、メンバーが政府の意向を反映するようなものになっているのは当たり前で、場合によっては最初に選ばれた委員が邪魔になりそうなことがわかって外されるというような話も良く聞きます。逆に、いつでも選ばれる(政府から見て)「優等生」の常連委員もいるようです。

 結局、中教審を始めとする政府が組織する各種の審議会の任務は、「政府の方針にお墨付きを与える」という任務だけが与えられているのだと思います。

 つまり、政府が政策立案に困って審議会に諮問しているわけではなく、あらかじめ持っているやりたいことにOKのゴーサインを出すことが期待されているのが審議会なのです。

 私は委員になったことなどありませんが、審議会の中味の想像は容易につきます。いろいろな「雑談」をすることは許されているでしょうが、次回に提供されるその会議の議事録は、「優秀な」官僚によって作られた、政府の政策を支持する巧妙な作文になっています。もちろん、その議事録に異議を唱えて修正を要求することはできるのですが、そのようになることは稀なことでしょう。

 そして毎回のように議事録に異議を唱える委員は、次の審議会の時には選ばれなくなっているこでしょう。

 というわけで、私もばろっくさんのおっしゃるように、中教審を信じるわけにはいきません。いままでもずっと、その時の政府=文科省(文部省)がやろうとしたことを承認することしかしてこなかった中教審そのものを否定することから始めなければ、これからも日本の教育がまともになることは、とうてい期待できないと思います。

 中教審の委員に私学の方が多いということは、政府が自分自身の行っている公教育を否定しようとしていることになるのかもしれないとも思えるのですが、実は郵政民営化などと同じく、教育も民営化しようとしている政府=自民党の深謀遠慮の結果、公営の教育システムを崩壊させようとしている結果なのだとしたら、自民党もなかなかしたたかな作戦を遂行しつつあると言えるのかも知れません。

 本当に、そうなんでしょうか。
by stochinai | 2005-03-02 22:04 | 教育 | Comments(4)
 気が付いている方は気が付いていらっしゃると思いますが、「お知らせ」のカラムの中にshinobi.jpとか書いてあって手裏剣が回っているバナーがあります。それは、忍者ツールのアクセス(ページビュー)カウンターなのです。

 それによると、ちょうど今日がこのブログ開設1ヶ月(31日)目ということになり、そのPVカウントの総計が10103を指し示していました。1ヶ月で1万、すごいものです。

 またブログに付属しているレポートという機能によって、訪問者数もわかることになっているのですが、それによると総訪問者数が1812とのことです。

 PVの場合はただ単にクリックした回数を数えているだけのようですし、訪問者数というのもプロキシサーバーを経由して来ている場合(たとえば北大内など)は何人いても1人とカウントされていそうですので、正確な数値とは言い難いのですが、毎日50人以上の人がひとり6回くらいブラウザをクリックしてページを見てくださっているのかと思うと、なんだか「責任感」のようなものを感じてしまいます。

 これからも、よろしくお願いいたします。
by stochinai | 2005-03-02 15:46 | つぶやき | Comments(0)

お休みです

 今日は神戸からのお客さんがいらしているので、この後は書きません。

 また明日、よろしくお願いいたします。
by stochinai | 2005-03-01 23:59 | つぶやき | Comments(0)

日の光今朝や鰯のかしらより            蕪村


by stochinai