5号館を出て

shinka3.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2005年 06月 ( 54 )   > この月の画像一覧

わびしい警察官

 北海道では報償費疑惑とか組織ぐるみの犯罪が取りざたされている警察官ですが、なんとわびしい万引きで書類送検、懲戒処分になるとのことです。

 大阪府警の58歳巡査部長が万引き(毎日)というニュースにトラックバックします。

 記事には、非番だった警察官がスーパーで720円相当の「焼サバ棒寿司」2パックを万引きしたところを店員に発見され、逃げたのですが駐車場の自分の車に戻ったところを発見されて、同僚である府警署員に事情聴取されたと出ています。逮捕とは書いていないのですが、万引きくらいだと逮捕されないのでしょうか、それとも同じ警察官同士だからということなのでしょうか。ちょっと気になりますが、まあサバ寿司で逮捕というのも大げさすぎるかもしれません。

 58歳と言えば、子供がいたらもう成人しているような年ですし、退職も間近なのではないでしょうか。月曜日の夕方5時35分頃にスーパーに買い物にいったというのは、一人暮らしなのでしょうか、それとも奥さんは働いていてこの日はこの人が夕食の支度をする番だったのでしょうか。

 「小遣いが助かると思ってやった。以前にも万引きした」と話していると言いますが、給料が安いのでしょうか。それとも、家のローンなどで苦しい状況なのでしょうか。パチンコで大負けしたのでしょうか。

 私も決して金持ちではありませんが、毎日は無理としてもどうしてもサバ寿司が食べたい時には、なんとか自分でお金を払って買えるくらいの収入はもらっています。

 もしも、警察官がサバ寿司を買うことが難しいくらいの薄給だとしたならば、汚職に手を染める可能性も高まり、ひいてはそれが国民の利益に反することになるので、公務員の給料はある程度の高さに保たれているのが今の日本の制度のはずです、

 公務員が汚職の誘惑に打ち勝つだけの給料を保証できなくなったら、国というものの体制が滅びてしまうことになります。

 たとえ小さなニュースでも、考えさせられることはいくらでもあるものです。
by stochinai | 2005-06-15 17:42 | つぶやき | Comments(2)

憎校心

 学校を愛する気持ちが芽生えることもあれば、憎む気持ちになることもあります。

 受験に失敗したのは卒業した中学校のせいだと思いこんで、卒業校にナイフを隠して侵入(共同)するなどというのは 憎校心 とでも言うのでしょうか。

 こちらのニュースもまた、いろんな意味で考えさせられます。
by stochinai | 2005-06-15 14:33 | 教育 | Comments(2)

愛校心

 いろんな意味で、すごいニュースです。

 京大に個人で20億円寄付 理工系の新図書館建設(共同)だそうです。

 京都市街を一望できるガラス張りの閲覧スペースをもった図書館を寄付者が建設して引き渡すということです。

 寄付者の名や経歴は「本人の希望」として公表していないとのことですが、京都大学の理工系出身者で20億円以上の資産をもっているという人はそんなにたくさんはいないでしょう。

 「京都大の役に立ちたい」という方の気持ちこそ 愛校心 に他ならないと思います。

 独立採算へと向かうこれからの大学は、愛校心を持った卒業生をどれだけ出せるかが存廃の分かれ目になるのかもしれません。

 あなたの大学の学生は、大学を愛してくれていますか?
by stochinai | 2005-06-15 14:16 | 大学・高等教育 | Comments(5)

旅の空から

 現在、羽田に向かうJALの機上です。今日は日帰りで東京出張になってしまいました。

 今、コーヒーをいただきました。

 機内サービスのコーヒーをもらうたびに思うのですが、機内サービスのミルクと砂糖にステアのセットは何とかならないものでしょうか。私はクリームだけが欲しいのに砂糖も必ず付いてきます。コップと一緒に戻すと、おそらく捨てられてしまうだろうと思うと、どうしても持って帰ってきてしまいます。持って帰ってきたとしても、使わないので大学の研究室には航空各社のネーム入り砂糖袋がどんどんたまっています。何か、良い使い道はないでしょうか。

 これは飛行機に乗るたびに書かなければと思い出すのですが、いつでも飛行機を降りてしまったとたんに忘れてしまうので、今このテーマを書いてしまって、なんとなく気が楽になりました。

 さて、日帰りの出張は荷物が少なくて楽です。東京近郊のサラリーマンが何時間もかけて通勤しているという話も聞きますので、お金の問題さえなければ札幌と東京は通勤ですら可能な「距離」なのかもしれません。現に、そのようにして働いている放送関係者などがいると思います。大学から、羽田まで3時間半くらいでたどりつけます。

 私の場合は、タレントではありませんので日帰りの出張などは、そう頻繁にはあるわけではありませんが、コスト(金銭的なコストと、疲れなどの人的コスト)パフォーマンスを考えると日帰りも十分あり得る選択肢だと思います。もっとも、その値段に見合うだけの仕事をできる人がどれだけいるかというと、はなはだ疑問です。私自身も、お金に見合った仕事をできているとはまったく思えません。

 今日の目的は、某機関が公募している研究に計画を出して応募して、書類選考に残ったので呼ばれての面接試験です。今年もそうでしたが、最近私はは学術振興会の科学研究費補助金がなかなか当たりません。今回の研究費もそれほど高額なものではありませんが、それでもうちのような弱小研究室にとっては、当たると当たらないとでは大違いです。なんとか、当たって欲しいとは願っていますが、最終的には向こうが決めることですので過大な期待はできません。とはいえ、できるだけのことしてこようと思っています。

 実は、この面接をすることになったと連絡があったのが先週の8日で、1週間前の割引航空券が買えるギリギリのタイミングでした。それで、まだ面接時間は決まっていなかったのですが、1時から4時までのどこかということはわかっていたので航空券をネットで購入してしてあったのです。その翌日、具体的な時間の連絡が来て、私の面接は最後の最後、3時45分から4時10分ということでした。15分前に来て欲しいと言われても3時半です。

 私の切符は1時から4時までの東京滞在を予定していたので、前半の2時間くらいにぽっかりと時間ができてしまいました。羽田についてから、どうしようかと本屋でガイドブックを立ち読みしていたら、上野の科学博物館でまだ恐竜博をやっているはずだということを思い出しました。

 というわけで、早速上野へ。平日だというのに意外と中学生が多いのに驚きましたが、それでも混雑というほどではなく、スーにもゆっくりと対面できました。見ているうちに、今回は恐竜博を見に来たと思えば面接に失敗してもいいかという気分にもなってくるくらい、なかなかの展示でした。
旅の空から_c0025115_2263127.jpg

 ついでに、常設展も見てきましたが、こちらはまだまだ改良の余地ありと感じました。確かに昔に比べるとずいぶんと格好良くなっていて、特に本で言うならばいわゆる挿し絵の役割をするアイキャッチャーの部分はすばらしく良くなっていると思いましたが、本当の中味である科学を伝えるという解説的な部分はまだまだというか全然進歩しているようには思えませんでした。逆に言うと、ここにも科学技術コミュニケーターの活躍する余地がたっぷりとありそうに感じました。最近は、何をみても科学技術コミュニケーターのネタに見えて困ります(苦笑)。

 また科学博物館では、たくさんのお年寄りのボランティアが一所懸命説明に当たっておられて、それはそれで感心したのですが、あまりにもそれに依存しすぎるとエネルギーというか爆発力というか、なんかそういうテンションのようなものが足りなく見えてくるような気がして、ちょっと考えてしまいました。

・・・・・・

(ようやく札幌に帰ってきました)

 ふう、やっぱり札幌は涼しくていいですね。

 今日の結論:日帰り出張はあまりやりたくないです。
by stochinai | 2005-06-14 21:47 | つぶやき | Comments(6)

DNAデータベース

 ひさしぶりに「札幌から  ニュースの現場で考えること」にトラックバックします。

 警察のDNAデータベースと優性思想というエントリーで、警察が着々と蓄積しつつあるデータベースで、事件に外国人が関係しているかどうかを推定できる生体指標を探す研究をしていると書いています。

 やっているのは、先日横田めぐみさんDNA判定事件で話題になった科学警察研究所(科警研、千葉県柏市)で、「現場に残された血痕などから関係者の民族を識別する研究は、犯罪捜査の大きな支援になる」との考えのようです。

 確かに民族ごとに、遺伝子の特徴的パターンが知られていますので、DNAサンプルから民族などを推定するということは理論的には可能です。しかし、そのために必要となるデータベースは警察が日本の犯罪との関連で集めたものだけではとうてい足りません。そのためには、国際的なデータを総合する必要があることと、たとえデータが揃ったとしてもあくまでも「推定」しかできませんので、そのことと「社会ダーウィニズム」的な優生思想を結びつけることにはちょっと飛躍があると思いました。さらにいうなら、本気で国際的にそんなデータベースを作ろうとしたら、国際社会から総スカンを食うでしょう。

 ただしDNAデータベースはその精度の高さとサンプルがほんの少しで良いことから、将来的には入国した外国人全ての遺伝子サンプルを集めるなどということになる可能性もあり、そちらのほうがよほどひどい人権侵害になりそうな気がします。現場に残された、血液一滴、髪の毛一本、フケ少々、時には指紋などから完全に個人が特定できてしまいます。

 可能性としてですが、現在でも指紋を押捺してもらうと、そこからでさえDNAを採取できると思いますので、それを使ってDNAデータベースを作るとなると、指紋押捺の必要な外国人に関しては全員のDNAデータ総登録が簡単にできてしまうはずです。やっているかどうかはしりませんが、理論的に可能だということです。おそらく、採取実験はしているでしょう。

 さらに、今の日本では基本的にすべての赤ちゃんが病院で生まれており、新生児は必ず血液検査をしますから、そこからほんの一滴のサンプルを流用するだけで全国民のDNAデータベースが簡単に作れてしまいます。そうなると、犯罪捜査はきわめて容易になりますから、警察という組織が考えることですので、ゆくゆくはそういうことを狙っているのは容易に想像がつきます。

 今の時代の遺伝子テクノロジーと情報テクノロジー(が合体することで、明日からでも実現できるこうした制度の運用可能性について、国民ひとり一人がどうすべきなのか、どうすべきでないのかという議論に参加していかなければ、プライバシーなどというものは存在しない国ができあがります。
by stochinai | 2005-06-13 19:34 | つぶやき | Comments(4)

マリンペスト

 「素敵な宇宙船地球号」という番組を見ました。

 タスマニアの海では、貨物船のバラストに運ばれて日本から移入されたマヒトデやワカメが大繁殖しているとのことです。

 海の害毒生物ということで、マリンペストと呼ばれています。

 皮肉なことにヒトデは、現地で日本人が経営しているホタテの養殖産業を壊滅的に破壊してしまったということでした。ホタテが日本から持ち込まれたものかどうかは聞き逃しましたが、マヒトデは日本産のものが移入されたものに間違いないようです。

 外国の地で、日本人と日本のヒトデが戦っていると聞くと、いろんな意味で複雑な思いがしました。

 さらに、タスマニアの海で日本に輸出するためとして大量のロブスターが捕獲された結果、ロブスターを天敵とするバフンウニが大量に増えて現地の海藻を壊滅的に食べてしまったそうです。そこに、ヒトデと同じように日本原産のワカメが大繁殖しているのだそうです。

 赤道を挟んで反対側にあるタスマニアの自然や産業に、日本という国がとても大きな影響を与え続けているということは初めて知りましたが、彼の地はもはや環境的にも産業的にも日本と密接につながっている地域になってしまったようです。

 いったん増えすぎてしまったヒトデは撲滅するのはとても無理ということで、ホタテの養殖から撤退すると日本の業者は言っていました。そして、今度はムール貝の繁殖にチャレンジするということです。次はまた違う外敵を殖やしそうな悪い予感がしました。

 ワカメに関しては、その根元の部分(メカブですね)に薬効成分があることを現地の研究者も認識しており、害藻から一転して薬藻になる可能性が出てきました。

 番組では出てきませんでしたが、増えすぎたウニも日本に輸出すれば良いのではないかと思いました。

 この番組を見ていて、人間の活動による世界中の動物・植物相の変化を止めることは、もはや不可能だと思いました。

 そのような拡散をできるだけ防ぐことを目指すことも、無駄だから止めた方が良いとまでは思いませんが、入ってしまった移入生物に関してはもとに戻すなどということを考えるよりは、もはやそこに居るものとして研究することと、できるならばそれらを積極的に利用することを考えるという方向を模索するのが建設的かもしれないと、ちょっと敗北的ではありますが、現実的なことを思わせられた番組でした。
by stochinai | 2005-06-12 23:55 | 生物学 | Comments(2)
 朝日新聞夕刊の第一面に土曜フォーカスという特集でデカデカと出ている記事です。

 理科離れとか、新指導要領とか、週休2日制とか、保護者にとっては公立の小学校では十分な教育をしてくれていないのではないかという不安もあって、こういう塾がはやる事情は良くわかります。一般的に言って、小学生の時に遊びのように理科の実験をさせてもらえたら、子供の多くはうれしいでしょうし、場合によっては科学に目覚めるということもあると思います。

 しかし、ある塾では週一回で年間の授業量が27万円ということです。この金額をどう見るかということですが、決して安くはないと思いますし、塾の定員もあって希望者が全員入れる状態ではないということです。

 私が子供の頃にも塾というものはありましたし、それはお金持ちの子供だけが行くものだという雰囲気がありました。さらに、塾に行っている子供がそんなに楽しそうではなかったような気もして、うらやましいと思ったことはありませんでした。

 でも、もしあの頃理科実験室のような塾があったら、理科好きの私としてはうらやましいと思ったに違いありません。私は貧乏な家に育ったので、望んでも行けない状況にあったと思います。

 もちろん、理科実験塾に行かなかったからといって、将来科学者を目指すことができなくなるというものではありませんし、逆に無理に行かせられて理科嫌いになる子もいるかもしれません。

 ですから、必ずしも子供全員をこのように充実した理科実験塾へ通わせるべきだなどとは全然思わないのですが、子供達に最低限与えるべき理科の実験は是非とも全員が受ける小学校教育の中で復活してもらいたいと思います。

 義務教育の中で貧富の差なく受けることができる理科実験を復活させるに当たって、私たちができることがあったらできるだけの協力は惜しまないつもりです。大学にはそのようなサービス部門をもうける義務すら感じます。

 ただし、そういう話の最後にはちょっとよけいなことを付け加えさせていただかなければならないのも今の大学の実情です。このような、いわゆる「社会サービス」を立ち上げる時に、今の大学では金銭的にも構造的にもほとんど保障をすることなく、お金もかけず人の手当をすることもなく、現員の教員にボランティアを要求する傾向があります。

 それが、教員のやる気をそぐだけではなく、結果として「サービス」が形だけに終わってしまう無意味なアリバイ作りに終わることがしばしば起こっています。

 新しいことをやろうとするのなら、大学がいままでやってきた機能が多少低下することを覚悟すること、それができないのならしっかりとお金をかけること、たくさんの人を手当てすることを覚悟しなけらばならないということを、大学経営陣には心してもらいたいと思います。そうなってくれると、我々も心おきなく協力できます。よろしくお願いします。
by stochinai | 2005-06-11 23:47 | 教育 | Comments(2)

ライラックとルピナス

 遠くの方からよさこいソーラン踊りの音楽が聞こえてきます。東区の一角にぽつんと取り残された空き地に、今年もルピナスが咲き誇っています。昔住んでいた人が植えたものなのでしょうが、今やもと家があった場所までも占領して、年々生息域を広げています。国有地という看板がありますが、こんな空き地ならいつまでも放置されていても近隣住民は不満を持たないでしょう。
 奥には満開のライラック。紫がきれいです。
ライラックとルピナス_c0025115_14222293.jpg

by stochinai | 2005-06-11 14:25 | 趣味 | Comments(4)
 臓器移植の成功を支配する「組織適合抗原」と呼ばれるタンパク質はその数が複数あり、しかも遺伝子の種類がたくさんあります。ABO血液型も組織適合抗原のひとつですが、遺伝子は1つでその種類も3つしかありませんので、ABO血液型はヒトによってA(AA、AO)、B(BB、BO)、AB(AB)、O(OO)の4種類の型しかありません。カッコ内は持っている遺伝子の型で、同じA型の血液を持つヒトでも遺伝子の組み合わせは2種類あるのです。

 しかし、ヒトの臓器移植に関連するHLAと呼ばれる主要な組織適合抗原遺伝子は、大きく分けてHLA-A、B、C、DR、DQ、DPの6種類があり、それぞれにたくさんの種類の遺伝子があります。仮にそれぞれの遺伝子に10種類の型があるとしたらどうでしょう。HLAの場合は、ABO血液型と違って遺伝子の型が違うと移植の適合性が違ってきますので、1人のヒトは10種類の遺伝子を持てる可能性があります。

 遺伝子は親から子へ受け渡されますので、実際にはランダムということはないのですが、もしもヒトがランダムにHLA遺伝子を持っているとすると、その組み合わせは10の10乗通り(つまり100億)の種類があることになります。

 すべてのHLAが一致することはほとんど期待できないということがわかると思いますが、多少の違いがあっても今は免疫抑制剤というものがありますので、10万人に1人くらい移植可能な組み合わせの相手がいると言われています。

 そのくらい移植可能な相手を見つけることは難しいのですが、唯一の例外が一卵性双生児のケースです。一卵性双生児は、お互いが持っているすべての遺伝子が同じですから、HLAも100%一致しており基本的には免疫抑制剤なしにあらゆる臓器の移植が成功するはずです。理論的にはそうであっても、一卵性双生児間の移植手術が、それほどたくさん行われているとも聞きません。今回は、一卵性双生児間の移植というだけではなく、移植された卵巣で赤ちゃんができたというニュースです。

 朝日では「米国で不妊治療として一卵性双生児の姉妹間で卵巣移植を受けた25歳の女性が自然に妊娠、今月健康な女児を出産したことが分かった」と報道されています。CNN/APによると、「卵巣移植の手術を受けたアラバマ州在住の女性(25)が6日夜、女児を無事出産した。卵巣移植後の出産は米国では初めて」、しかも「女性は2004年4月、一卵性双生児の姉から卵巣組織の一部の移植手術を受け、術後5カ月で妊娠した 」そうです。

 朝日によると「卵巣移植による出産例では、自分の卵巣をがん治療前に凍結保存していたベルギーの女性が、治療後に移植し、昨年9月に女児を出産したケースが報告されている」とのことで、こちらのケースは自分の臓器を自分に移植していますが、今度の一卵性双生児間の移植も生物学的に見ると自分の臓器を自分に移植するのと変わらないことになります。

 こういう成功の話を聞くといつも考えてしまうのがクローン人間です。クローン人間は一卵性双生児と同じ存在ですので、免疫抑制剤なしにあらゆる臓器の移植が可能になります。深い欲望を持つ人間が、自分の命を救うためなら臓器提供用のクローン人間を作ろうという気持ちになってもそれほど不思議ではありませんが、多くの人は反対だと思います。

 しかし、クローン人間ではなくクローン臓器ならいいかもしれないということで、今世界ではES細胞から移植医療に使える臓器を作る研究が盛んに行われています。自分の細胞核を持ったES細胞からできた臓器がクローン臓器です。まあ、臓器ならヒトを殺してその臓器を自分に移植するわけではないからいいのでは、と思われるかも知れませんがES細胞をつくるためには、最初にクローン人間に育つ可能性のあるクローン胚を作る必要があるのです。

 胚がクローン人間になる前に壊してしまえば、クローン人間を殺したことにはならないという論理がありますが、胚はいつから、人間になるのか考えてみましょう。とても、難しい質問だと思います。この件については、患者・医者・科学者だけではなく、人類全体の問題として全員がかかわって議論を深める必要があると思います。
by stochinai | 2005-06-10 21:39 | 生物学 | Comments(7)

謎の生物?

 毎年、梅雨の季節になると「怪しげな生物が出た」と話題になる生き物がいます。昨日、私のところにTさんという方から、写真付きのメールが舞い込みました。(写真は東京町田に住むTさんが自宅の庭で撮影したものだそうです。)
謎の生物?_c0025115_2027930.jpg
 右側が頭で、拡大するとイカの耳のようにも見えます。
謎の生物?_c0025115_20311085.jpg

 普段は目に付くところにいる生き物ではないので、たまに遭遇すると私でもドキっとすることがあります。今の時期だと、石や植木鉢をひっくり返すと案外見つかるかもしれません。

 この動物の正体はコウガイビル(これはおそらくクロコウガイビル)という生き物で、再生力が強いことで有名な(と言っても実は見たことのない人が多い)プラナリアに近い扁形動物と呼ばれるグループの動物です。

 コウガイというのは広辞苑によると、髪掻(カミガキ)の音便変化したものだそうで、頭を掻いたり、髪をかき上げたり、かんざしのように髪に挿したりするものがそのように呼ばれていたそうで、形が似ているということなのでしょう。古くから認識されていた由緒正しい動物なのです。またヒルと言っても、もちろんヒルの仲間ではありませんから血を吸ったりはしないのですが、肉食動物なのでカタツムリやナメクジ、ミミズを食べるので、食事中の姿をみ見るとショックを受けるかもしれません。

 数年前にはロンドンの街中で宇宙からの生物が発見されたということで「新聞」記事になったという話もあったような気がします。意外と身近にすんでいながら、めったに人と遭遇することのない動物の代表のようなものだと思います。

 コウガイビル、名前くらいは覚えてやってください。
by stochinai | 2005-06-10 20:31 | 生物学 | Comments(0)

日の光今朝や鰯のかしらより            蕪村


by stochinai