5号館を出て

shinka3.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2007年 01月 ( 36 )   > この月の画像一覧

 ポスドク1万人計画が始まって10年以上経ったと思います。そろそろ、本気で対策を考えなければならないはずです。

 というわけで、提案があります。国立大学の教員1万人に早期退職優遇措置を行って、そのあとに1万人のポスドクを大学に就職してもらってはどうでしょう。

 今や、大学教員への風当たりもとても強くなってきており、中年哲学徒さんの情報によると、指導力不足の大学教員をたたき直すために教員研修(FD=ファカルティ・ディベロップメント)を義務づけることになったのだそうです。

 つまり、文科省としては今の大学教員のほとんどが満足できる教育能力を持っていないと判断しているということでしょう。まあ、そもそも大学教員には教員免許もなく、採用される際に教育能力の判定をされるということもほとんどないのが大学教員採用の実態ですから、そうなっても不思議はないのですが、それがいわゆる研修程度でなんとかなるものでしょうか。中年哲学徒さんは極めて懐疑的です。
 現時点でまともな教育ができない教授にどうやって講義を改善せよというのか。できるものなら、とっくにやっているだろう。
 はははは、まったくですね。

 新聞記事を良く読んでみると、なんとこれは改正教育基本法を実現するための施策のひとつだとまで書いてあります。こんなところから始まるとは気がつきませんでした。
 昨月22日から公布・施行した改正教育基本法では、第9条で教員の「養成と研修の充実」を新たに明記。中央教育審議会でも大学設置基準の改正を了承した。教員全員が研修を受けた場合は、大学が約16万2000人、短大が約1万2000人(平成17年5月時点)の規模となる。
 これだけの数の教員全員に研修を義務づけるとなれば、それを教えるプロの教育者が必要になるわけですが、そもそも大学教育のプロというものがいないのが、今の大学だという気がしますから、どうするんでしょうね。今までのように、各大学に命令だけしても、ちょっと実行不可能だと思います。予備校にでも頼むのでしょうか。

 また、例によって大学がお金をよこせと言っているようでもあります。

 大学側が設置する同様のセンター(5号館注:北海道大など7大学にあるというFDに関する「大学教育センター」)のうち、専任の教職員を置いているのは半数程度にとどまり、専門スタッフの不足が懸念されている。中教審の委員からも「FDのリーダーとなる人材がいない」「個々の大学での努力では限界がある」と財政支援を求める声がある。
 このため、文科省では国立大学を中心に設置されている同様のセンターをFDの拠点として積極的に支援していくことを今後、検討する考えだ。
 というわけで、お金もかかりそうだし実効性も極めて疑わしい年寄りに対するFDよりも、若いポスドクの方々に就職の際の前提として教育訓練をしっかりと受けてもらって、大学に戻って来てもらってはどうでしょう。

 今さら教育されるのはまっぴらゴメンだという大御所の先生方も、優遇措置があるのならば1万人くらいすぐに手があがりそうだと思います。長い目で見たら、そちらの方がベターではないでしょうか。

 えっ、私ですか? もちろん、条件によっては喜んで引退させていただきます!
by stochinai | 2007-01-05 22:36 | 大学・高等教育 | Comments(11)
 年が改まったので、ロゴ画像も変えてみました。フリーで配布されている、雪ネコです。まだ子どもの顔をしているやんちゃ坊主といった感じで、かわいいですね。

 今日は仕事始め。と言っても講義があるわけでもなく、ウォーミングアップの日という感じです。明日からは、普通に講義が始まるのですが、学生が来るのかどうかが心配になるほどの早い開始ですね。

 さて、私は30日から3日まで、しっかりと休ませてもらいました。昨年は、結構長い出張をなんども経験し、動物や植物に耐えるということをしっかりと教えこんだつもりでおりましたので、今年はちょっと長い間、あえて放置してみました。

 今年の年末年始は暖かかったこともあり、それほど心配はしていなかったのですが、暖冬の分だけ意外に水の蒸発が激しかったことを除き、特に大規模なパニック状態になっていた動植物はありませんでした。

 研究室のメンバーも3分の2くらいの復帰状況というところでしょうか。

 昨年の暮れにも、結構成長著しかったドングリはやはり、びっくりするくらい大きくなっていました。12月15日と比べてみると、ほんとうに驚きの成長速度です。まずは、背の高さを見ていただくために、ちょっと横のほうから撮してみました。
仕事始め:今日のドングリ_c0025115_2222982.jpg
 次は、葉っぱの感じがわかるように、ちょっと上のほうからです。
仕事始め:今日のドングリ_c0025115_22231627.jpg
 下にあるのはA4サイズの本で、そのまた下にあるのはパワーブックG4です。

 winter-cosmosさんのところのドングリがなんだか調子が悪いということで心配ですが、急に葉が落ち始めるというのはひょっとすると過湿で根が傷んでいるのかもしれません。お大事にしてください。
by stochinai | 2007-01-04 22:34 | 大学・高等教育 | Comments(5)
 別に毒を食らわば皿までも、というわけではないのですが、GoogleにIDを持ってしまい個人情報を提供している以上、あとひとつやふたつのサービスを増やしたからといって、特に危険性が増すというものでもなかろうというわけで、たいていのサービスは試してみることにしています。

 Google Analytics (アクセス解析)は、このエキサイトブログが対応していないため、IDは持っておりますが使っておりません。

 Docs and Spreadsheetsは、ワープロがWritelyと呼ばれている時代から登録しておりましたが、フリーのオープンオフィスよりもすぐれたところが感じられず、エクセルと同等の機能を持つという表計算ソフトと合体してからも、ちょっとだけ試したことはありますが、ひとりで作業する上では特にメリットは感じられず、ほったらかしてあります。(遠隔地にいる人との協働作業には、かなり便利だという話は聞いています。)

 GmailGoogle Reader そして Google Calendar は、毎日使っております。長年使い続けたロータスオーガナイザー2003には、ついに新しい予定が書き込まれなくなってしまいました。(さなえさん、すみません。)

 パーソナライズド ホームページも、GmailとGoogle Calendar そして、これはGoogleではないのですが、物忘れの激しい私には必須のToDoソフトRemember The Milkと、今はトラブっておりますが、GoogleNewsのヘッドラインを表示させて、まさにパーソナルなポータルサイトのように使っています。これを立ち上げているだけで、ググるためのもともとのGoogleと、メール、カレンダー、ToDoを、(そして次に出てくるノートブックのメモも)表示させることができるので、とても便利です。

 お正月も最終日の今日になって、新しいチャレンジとしてGoogleノートブックを使ってみることにしました。

 アカウントは他のGoogleで取ってあれば、特に新しく取る必要はありません。すぐに使い始めることができます。ノートブックというくらいですので、自分で書いた文章(テキストでもブログ程度の飾り付きのものでも)を保存できるのはもちろん、ウェブサイトまるごとのアドレス、あるいはその一部を切り取って保存することもできます。

 特に、この切り取って保存するという機能を使うと、写真や図ばかりでではなく、ウェブのデザインをかなり忠実に切り取って保存してくれます。マイクロソフトにOneNote(もちろん有料)というソフトがあるのですが、かなりそれに近い感じでスクラップができます。便利なことに、一部を切り取ってスクラップしても、もとのサイトのアドレスなども自動的にメモとして保存されます。

 どのくらいの量が保存可能なのかわかりませんが、こうして保存されたものが例によってGoogleのサーバーに保存されますので、街角やホテルのロビーなどでご自由にお使い下さいと置いてあるコンピューターを使っても、後で自宅やオフィスからアクセスできるスクラップメモが取れるということになります。もちろん、スクラップされて、Googleサーバーに保存された情報はGoogleが人気サイトを知るために利用することになります。こういう相互扶助体制になっているので、保存量は無制限にできるのではないかという「説」もあります。

 FireFoxにはスクラップブックScrapBookというアドオンソフトがあるのですが、これは自分のコンピューターのハードディスクに保存しなければなりませんので、他人のコンピューターを借りてメモるというわけにはいきません。もちろん、ハードディスクのスペースがどんどん減っていきます。また、「あとで読む」という保存したいウェブページをhtml形式のメールで送ってくれるサービスもあるのですが、こちらも自分で登録したブラウザーでしか使えませんし、メールサーバーおよびハードディスクの容量を食います。

 というわけで、どこからでもアクセスでき、ハードディスクを必要としない、ウェブのスクラップおよびメモとして、このGoogle Notebookは、かなりすぐれたものだと感じました。例によって、ウェブを通じて誰かと共有したり、一般に公開したりもできる機能もついていて、公開するとまるでブログのようになるという使い方もあるのですが、私はあくまでも個人ベースで使うつもりです。

 こうして、覚醒剤や麻薬中毒のようにGoogleなしでは暮らせなくなっていくのは、もちろん気持ちの悪さがあるのですが、インターフェースが公開されているようなので、Google以外のソフトでも使いやすいものがどんどん出てきてくれることを期待しています。

 Googleのすごいところは、資金や技術力というよりはアイディアなのだと思います。考えてみるとYouTubeのような素晴らしいアイディアは、Googleの外から出てきています。Googleのすごさは、新しいアイディアであるならば誰が発明したものであろうとも積極的に採用していくところであるとも言えます。

 Googleに入社して働くのもいいのですが、いくらでもお金を出すから売ってくれとGoogleに言わせるようなアイディアや新しいソフトが、日本からどんどん出てきて欲しいと強く思う今日この頃です。

 打倒Google、がんばれ日本のソフトハウス!

Googleノートブックを使ってみる_c0025115_22362319.jpg

#署名にご協力願える方は、右のサイドバーにあるロゴをクリックしてください。
by stochinai | 2007-01-03 22:23 | コンピューター・ネット | Comments(4)
 私もこのニュースを聞いた時にエッと思ったのですが、Salsaさんがエントリーを立ててくださいましたので、それにトラックバックする形で書いてみます。

 【CNNより】プリオンを持たない牛

 Salsaさんが引用していたニュースはCNN.co.jpの「『プリオン』を持たないウシの飼育に成功、日米研究者」ですが、朝日コムにもあります。「プリオン持たない牛の飼育に成功 BSE解明に有用」です。そして、原著論文の要約はこちら「Production of cattle lacking prion protein」です。

 実は話は簡単で、最近の遺伝子工学と生殖工学の技術を使うと、比較的簡単に目的の遺伝子の機能を失わせた動物や植物を作り出すことができます。ノックアウトとかノックダウンという言葉を聞いたことがあるかもしれませんが、遺伝子を追い出したり壊したりという意味です。

 プリオンが原因と言われているウシの病気で恐れられているBSE(狂牛病)の原因は、どんな動物でももともと持っているプリオンというタンパク質が、病気の原因になる異常プリオンと接触して異常プリオンに変わってしまうことだという説が現在、もっとも有力です。このプリオンタンパク質というのは酵母でも見つかっており、かなり多くの生物が持っているものなのですが、その機能が良くわかっておりません。

 最近は機能のわからないタンパク質があった場合には、その遺伝子のはたらきを壊してみて何が起こるかを見るということが普通に行われます。もちろんプリオンに関しても、その遺伝子のはたらきをなくしたマウスがすでにたくさん作られているのですが、とりあえず生命に別状がないことは確かなようです。脳のはたらきにちょっと問題があるかもしれないという報告はありますが、重大な変化は見出されていません。

 マウスはなかなかBSEのようなプリオン病にかかりにくいので、比較的容易にプリオン病であるBSEにかかりやすいウシを使って、プリオン遺伝子を壊して(正常な)プリオンタンパク質を持たない動物を作ったというのがニュースになった報告です。このウシは正常プリオンを持っていませんから、異常プリオンを注射してもBSEにはならないことが予想されており、少なくともタンパク質のレベルではそれが証明されています。

 さて、この結果を我々はどう解釈したら良いのでしょうか。もちろん生物学的には、論文に書かれているように、BSEがどのように起こるのかという研究に役立つ結果なのですが、その一方では、たとえ異常プリオンにさらされてもBSEにならないウシを作ったということで、それがBSE問題で悩んでいるウシ畜産業界には光明になるかもしれないという解説がなされています。

 さすが北海道が誇る科学技術コミュニケーターのSalsaさんはここで立ち止まるのです。
 BSE対策というだけで(←この理由が大きいか小さいかはさておき)、牛のプリオンを無くしていいのかしらとも思ってしまう。プリオンに詳しいわけではないが、BSEとしてはやっかいであっても、無くすことで別の病気になったりしないのかと頭をよぎります。

 それにしても人間の都合でどこまでやっていいのか、基準の持ち方が難しいと思う今日この頃ですぅ。

 このニュースを伝えるのに、マスコミはどちらかというと「遺伝子工学・生殖工学によってBSEの心配のないウシが作り出されました」という明るい面を強調するニュアンスで書いているような気がしました。もちろん、そういう可能性もあるのですが酵母から人間までが持っている遺伝子であるならば、それが無用の長物であるわけはないのではないか。そのような、ひょっとすると大切な遺伝子を壊した動物を作っても大丈夫なのか、という感覚はとても健全なものだと思います。特に、科学技術を解説することのできる能力を持ったコミュニケーターとしては、あらゆる科学技術のニュースを批判的に読み解くことが要求されているのだと思います。

 科学技術は人間の生活を豊かにするという目的に沿った結果と裏腹に、時には予測できない副産物として人を不幸にすることもあり得るものです。

 科学技術コミュニケーターは科学技術の素晴らしさを伝えるだけではなく、その危険性も正しく伝える人でなければならないでしょう。さらには、たとえ相手が家畜だからといって、やはりそこにやっていいことと、やってはいけないことがあるのではないかという指摘も大切なポイントだと思います。

 こう考えると科学技術コミュニケーターの大切な役割のひとつが「悩む」ということだということがはっきりしてきます。

 全世界の科学コミュニケーターの皆さん、事実を前にまず悩みましょう!
by stochinai | 2007-01-02 23:55 | 生物学 | Comments(4)

元旦から雨

 暖かい年の明けだと思っていたら、なんと夜には雨が降り始めました。夜半過ぎからはみぞれになってきましたが、元旦の雨は何年ぶりのことでしょうか。メインロードは完全にアスファルト路面が出てしまっています。

 昨日と今日は連続した2日であるにもかかわらず、2006年から2007年へと暦が変わってしまうということは、やはりそれなりの感慨をもたらしてくれるもので、昨日までは来年はどうしようと思っていたものが、今日からは今年はどうしようということで、なんとなく現実感が増した気分になるのが不思議なものです。

 今日と明日は新年会モードなので、あまり真面目に考えて書こうという気分にはなりませんので、早々に切り上げようと思っているのですが、なんとなく今年は「転機モード」の年にしていこうと思っていることだけは今のうちに宣言しておきたいと思います。

 もちろん、まだ準備が整っておりませんので、実際に今年を人生の転機にしようということではなく、転機が来ても対応できる準備を始めようということです。

 そもそも腰が重たい性格で、さらにやるべきことはしっかりやりたいという完璧主義、おまけに他人の期待に応えたいという優等生的性格が災いして、振り返ってみればかなり早い勢いで変化し続ける環境に対応するだけで精一杯という20年くらいを送ってきた気がします。

 今さら遅すぎると言われるのは重々承知しておりますが、最近になってようやくなんとはなしの自信のようなものも芽生え始めてきましたので、自分の生きる場所が変わってもやっていけるかもしれないという気になってきております。そうでなくても、遅かれ早かれ退場を勧告される時期が迫ってきている感覚もありますので、「気が付いたら出ていけと言われてしまいました」ということではなく、「いいですよ。もう、いつでも出ていけます」という状況を作るべく、日々の生活を送っていきたいというのが、それほど深く考えたわけでもない現時点における「気分」です。

 別の言い方をすると、守りから攻めへと姿勢を変えるということかもしれません。すでに攻撃的な性格と思われているかもしれませんが、どちらかというと防御的に生きてきた(つもりの)今までの生き方を、本来の意味で攻撃的あるいは先手を打つ生き方に変えたいと思っています。

 防御なら一人でもなんとかやっていけるものかもしれませんが、攻撃は決して一人ではできないものです。逆に、他人と力を合わせることで、自分一人では決してできないことができることもたくさんありそうです。そういう意味で、今年はこれまで以上に、「仲間」というものの存在を見つめ直していく年にもなりそうな気もしています。

 2007年、意外とおもしろい年になるかもしれません。

 今年もどうぞよろしくお願い申し上げます。
by stochinai | 2007-01-02 02:19 | 札幌・北海道 | Comments(7)
あけまして おめでとう ございます_c0025115_10584596.jpg


    【注】ネットで公開されているフリー画像を利用させていただきました。
by stochinai | 2007-01-01 11:02 | スマイル | Comments(1)

日の光今朝や鰯のかしらより            蕪村


by stochinai