5号館を出て

shinka3.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2008年 08月 ( 41 )   > この月の画像一覧

 まだまだ人間は自分の身体のことすら良くわかっていなかったということを思い知らされる論文が出ました。昨日発行されたNatureには、褐色脂肪細胞と筋肉が共通の幹細胞から作られた兄弟の細胞であることを示す論文が同時に2つ掲載されています。

PRDM16 controls a brown fat/skeletal muscle switch
(PRDM16というタンパク質が幹細胞が褐色脂肪細胞になるか骨格筋細胞になるかを決める)
Nature 454, 961-967 (21 August 2008) | doi:10.1038/nature07182; Received 22 April 2008; Accepted 19 June 2008

New role of bone morphogenetic protein 7 in brown adipogenesis and energy expenditure
(BMP7というタンパク質が褐色脂肪細胞の形成とエネルギー代謝を支配していることがわかった)
Nature 454, 1000-1004 (21 August 2008) | doi:10.1038/nature07221; Received 27 February 2008; Accepted 27 June 2008

 Natureでは昔から、同じような内容の論文が同時に2つあるいは3つ掲載されるというケースが多く、これはどちらかが先に出て醜い先陣争いになるのを避ける、政治的配慮だと思われます。しかし、先を越されたラボがなんらかの理由でそのことを知り、急いで投稿して同時発表にこぎ着けたという話も良く聞きますので、良いポリシーなのか悪いポリシーなのか微妙なところがあります。

 それはさておき、褐色脂肪細胞というのは白色脂肪細胞とならんで、同じように脂肪を蓄える細胞なので、だれもが両者を兄弟細胞だと考えていました。ただし、白色脂肪細胞はひたすらに脂肪をため込んでデブになったり、いまはやりのメタボリック症候群の原因になったりという、憎まれるべき存在であるのに対して、褐色脂肪細胞は脂肪を燃やして熱に変えるので、身体をスリムにする期待される細胞であるという大きな違いがあります。

 ただ、やっぱり同じように見えるので、昔から我々は働きの異なる2種類の脂肪細胞は同じような発生過程を経て作られるのだろうとなんとなく思っていたところがあります。ヒトでも子どものうちは褐色脂肪細胞が多いのですが、大人になると脂肪細胞はほとんどが白色のものになっているということもあり、褐色脂肪細胞が白色脂肪細胞になるのだろうと考える人もおおかったのではないでしょうか。また、実験的にも特定の刺激を与えることで白色脂肪細胞が褐色脂肪細胞(ととても良く似た細胞?)になるという報告もあり、一昨日までは多くの生物学者が、白色脂肪細胞と褐色脂肪細胞は最後の最後に分化するけれどもごくごく良く似た兄弟細胞だと信じていたと思います。(少なくとも、私はそうでした。)

 ところが、このNatureに出た論文は、褐色脂肪細胞は筋肉にもなれる共通の幹細胞から作られるということを証明したのです。上にある原著論文を読むのはしんどいと思いますので、NatureとScieneceに出た解説記事をお読み下さい。

Developmental biology: Neither fat nor flesh
発生生物学: 脂でもなければ肉でもない褐色脂肪
Nature 454, 947-948 (21 August 2008) | doi:10.1038/454947a; Published online 20 August 2008

DEVELOPMENTAL BIOLOGY:How Now, Brown Fat?
発生生物学: えっ?どうやって褐色脂肪細胞ができるの?
Science 22 August 2008: Vol. 321. no. 5892, pp. 1048 - 1049 DOI: 10.1126/science.1164094

 どちらにも図が載っているのですが、私としては今回はScienceの図がわかりやすいとおもいましたので、引用させてもらいます。
常識がくつがえる: 褐色脂肪細胞と筋肉細胞は兄弟だった_c0025115_20395138.jpg

 上の2つは共通の幹細胞から、一番上の骨格筋細胞ができるか、二番目の米粒のような形に描かれているミトコンドリアをたくさん持った褐色脂肪細胞ができるかを示したもので、一番下は白色脂肪細胞がその幹細胞から作られる様子を書いています。一番下の白色脂肪細胞から、その上の「褐色脂肪細胞」への転換があるということになっているのですが、白色脂肪細胞から変わった「褐色脂肪細胞」と筋肉と兄弟である本当の褐色脂肪細胞が同じものなのか違うのか、さらに脂肪を燃やすという意味でまったく同じ働きをするのかどうかというところは、今後の研究を待たなければならないようです。

 たくさんのミトコンドリアを持ち、脂肪を燃やし、エネルギーを消費し、熱を発生させるという意味では良く似た働きをする筋肉と褐色脂肪が同じ細胞から生まれた兄弟であるというのは、きわめて腑に落ちる話であり、白色脂肪細胞と褐色脂肪細胞という逆の働きをする脂肪細胞が見た目の類似にもかかわらず、まったく異なる起源と働きを持つ細胞だったというのは、喉の支えがすっと取れるとても気持の良い発見でした。

 こういうことがわかってくると、メタボリック症候群対策をはじめ、肥満対策も今までとは一味違った対応が出てきそうで楽しみです。

【追記】
 同じ号のNatureに戸塚洋二さんの追悼文が載っています。ブログを書いていたことも触れられ、最後のブログ記事と同じ写真が載っています。(改めて合掌)

Obituary: Yoji Totsuka (1942–2008)
Leader in the discovery of neutrino oscillations.
Henry W. Sobel & Yoichiro Suzuki
doi:10.1038/454954a
by stochinai | 2008-08-22 20:58 | 生物学 | Comments(0)

クレオメ 西洋風蝶草

 昨日の朝、不思議な花が咲きました。東京に出張した時に無料でいただいた花の種を蒔いた鉢から生えたものです。花の種は袋に「キンギョソウ」だと書いてあったので、そう信じていたのですが、どう見てもこれはキンギョソウではありません。

クレオメ 西洋風蝶草_c0025115_23263857.jpg

 ネットをしばらく調べ回ったら、どうやらこれは西洋風蝶草(セイヨウフウチョウソウ)という優雅な名前を持つ花だということがわかりました。またの名をクレオメ(クレオーメ)というようです。

 なんとなく、道立近代美術館にある風で動く作品(たとえば「光のリズム」)に雰囲気が似ていると思いながらいろいろと検索したのですが、悩んだあげく結局ここで発見しました。手がかりがほとんどない場合には、やはり画像を見ながらの検索が早いと感じました。

 西洋風蝶草 (せいようふうちょうそう)

 上から見たところです。

クレオメ 西洋風蝶草_c0025115_23355515.jpg

 ひとつの花は4枚のオールのような花弁と、7本の細長い雄しべ、そして一本の雌しべからなっているように見えます。非対称の不思議な花です。横から見るとこうなっています。

クレオメ 西洋風蝶草_c0025115_23372990.jpg

 一つのの花が正面から見えるように写したのがこれです。

クレオメ 西洋風蝶草_c0025115_23432646.jpg

 薄紫の色合いが、朝日に照らされてとてもきれいなのですが、1日経つときれいな色も消え、花びらもしおれ気味になってしまいました。

 花の命は短くて 苦しきことのみ 多かりき

                   与謝野晶子
                   林芙美子042.gif


 もちろん、ほとんどの種はキンギョソウとなって成長中です。
by stochinai | 2008-08-21 23:51 | 趣味 | Comments(1)
 ブルーノートといえば、モダンジャズの老舗のレコード会社で、私も一時期たくさんの30センチLPレコードを買いあさった記憶があります。1960年代までは、そのほとんどがジャズの歴史に残る名盤と言っても過言ではないくらい素晴らしいものばかりで、ブルーノートのレコードを並べるだけで、そのままモダンジャズの歴史年表ができあがってしまいそうです。

 そのブルーノート・レコードの中でも名盤中の名盤を1枚だけ選べといわれたら、かなりの人がこれを選ぶと思われるのが、いちおうキャノンボール・アダレーがリーダーになってはいるもののマイルス・デイビスの最大傑作のひとつでもある「枯葉」が入っているSomethin' Elseでしょう。

秋の夜長をマイルスの「枯葉」で_c0025115_1954531.jpg

 このレコードに収まっている「枯葉」は、そのすべての音を暗記するくらい何回も聞いていて、ちょっとでも違うと耳が反応してしまうのですが、それを試すことのできる別テイク録音が発掘されただけではなく、なんと今日からネット上でフリー公開されています。

 「枯葉~テイク1

 まずは聞いてみてください。そして、誰でも知っているあの「枯葉」のメロディーがマイルスのミュートトランペットで演奏されるところを楽しんでください。上のレコードに入っているのがテイク2ですが、その違いはこの部分ではそれほど明らかではありませんが、その後にはいるキャノンボール・アダレーのアルトサックスのパートなどは驚くほど違います。

 実は、このレコードで演奏される「枯葉」は、先ほどまでYouTube上にもあって聞くことができたのですが、今は削除されたようです。どうしても聞き比べたくなると思いますので、アマゾンで購入するのがベストです。(こちらで、ほんのちょっとだけは聞けます。)

 そして、マイルスの「枯葉」を聞くと、どうしても聞きたくなるのが、ビル・エバンスの「枯葉」でしょう。Portrait in Jazaというレコードに入っている「枯葉」はマイルスのものとはまったく違ったアップテンポで演奏されるものですが、そのスピードにもかかわらず非常に叙情的です。

秋の夜長をマイルスの「枯葉」で_c0025115_19552157.jpg

 こちらもアマゾンで購入されるのが良いと思いますが、幸運なことに今ならYouTubeで聞けます。(いつまで持つか、保証はできません。)


 ここには、A面の1曲目「Come rain or come shine (降っても照っても)」と2曲目「枯葉」が連続して収められています。幸運にも残っているならば、3分22秒くらいから始まるスリリングな「枯葉」をお楽しみ下さい。

 秋の夜長は、ジャズがいいですね。
by stochinai | 2008-08-20 20:06 | 趣味 | Comments(0)
 いろいろと制約の多いエキサイトブログですが、本日からYouTubeのムービーをそのまま貼り付けられるようになりました。

 ではテストとして、PCRの解説ムービーを貼ってみます。高校生や大学初年度生などの講義に最適だと思います。



 ついでに、We are the World に続いて世界的な大ヒットになる可能性を持ちつつも、まだまだ埋もれたままの The PCR Song もお送りします。



 最後にバイオラドのコマーシャルが入るのが笑えるのですが、こんな歌が学会の懇親会などで歌われるようになると、日本の科学界も変われるような気がします。

 では、送信!
by stochinai | 2008-08-20 17:04 | コンピューター・ネット | Comments(1)

納豆醤油の革命?

 いつの頃からかはっきりしませんが、納豆に醤油あるいはタレとカラシの小袋が付いてくるようになりました。これが使いにくいもので、使わないで捨てられることが多いばかりではなく、使おうとするとうまく開封できず手を汚すだけではなく、まわりに飛び散って悲惨なことになることもあります。

 ミツカンが、この不便さを解消する革命的商品を発表しました。

 ミツカングループウェブサイト~ニュースリリース~
08秋 ミツカン新製品のご案内
簡単・便利な納豆革命
たれを移して混ぜるだけ!
 これがその全体像です。

納豆醤油の革命?_c0025115_21202268.jpg

 見たところは、納豆と醤油を2つに分ける小部屋を作っただけのように見えますが、醤油がただの液体醤油ではないようです。

 醤油に粘性を持たせる物質(ゼラチンのようなものでしょうか)を混ぜ込んであり、箸でつまめんで移動させることができるようです。煮こごりからヒントを得たのかもしれません。

納豆醤油の革命?_c0025115_2123168.jpg

 納豆も粘性がありますので、この「とろみたれ」と納豆をかき混ぜることで、納豆に均質に味を行き渡らせることができるという仕掛けです。賢い発明だと感心しました。

 これは、たしかに「革命」と呼ぶに値する醤油の新しいかたちかもしれません。願わくは、この特許が広く公開されて、どこの商品でも使えるようになって欲しいものです。当面、ミツカン「金のつぶ(R) あらっ便利!TM におわなっとう(R) 3P」と「金のつぶ(R) あらっ便利!TM 超やわらか納豆とろっ豆TM 3P」にだけ使われるようです。これが、そのパッケージです。

納豆醤油の革命?_c0025115_21264659.jpg

 ユーザーアンケートに応えて開発した商品だそうですが、これで味に問題がなく、値段が適切であれば間違いなく歓迎されると思います。

 ミツカンではこの2商品でゴミが年間45トン削減でき、炭酸ガスも従来容器包装に比べ5.86%削減できるといっているのですが、でも冷静に考えてみると、そもそも納豆に醤油やカラシなどを添付しなければすむことではないのかという気もします。

 どこかが対抗して、醤油・カラシなしでやってみて欲しいと思います。
by stochinai | 2008-08-19 21:36 | その他 | Comments(3)
 大手のマスコミなどでも普通に取り上げるようになってきて、「漂流する博士」とか「博士残酷物語」などという話を見聞きしている人も多いようですので、大学生の大学院進学の意欲はかなりトーンダウンしていると思われます。そういう状況の中、さすがに博士後期課程へ進学する人は明らかに減りつつあるとは思いますが、修士課程(博士前期課程)に関しては、その進学がデフォルトになっていると言ってよいほど、理系の大学生の大多数が大学院へとするという状況にそれほど大きな変化は起こっていないようです。

 もちろんプロの研究者になるためには、博士後期課程へ進学し、博士号を取得することが前提になりますが、修士課程に進学しようとしている人の大多数は、博士号をとってポスドクをしてさらに激しい競争を勝ち抜いて企業系ではなく「独立系」の研究者になろうと決意している人ではないように思われます。

 つまり、大学院へ進学しても修士2年間で卒業して、民間や官公庁へと就職することを考えている人が多いのが現状でしょう。そうだとすると、今大学院へ進学する試験を受けて合格し、来年の春から大学院へ進むことになりますが、来年の秋から冬にはもう就職のための活動を開始しなければならないというのが、今の大学院の現実です。つまり、大学院に入っても、ゆっくりと腰を落ち着けて研究をするほどの時間は、ありません。

 そうだとすると、もう今から時間は無駄にできません。大学院の入試が終わったら、来年進学するまではノンビリしようなどと思っていると、何も身につけることができないまま、修士卒の就職活動に突入するということになってしまいます。つまり、ある意味でかなり受験生の売り手市場になっている大学院進学などというものに時間と精力をあまりそそいで、そのあと虚脱状態になってしまたりすると、出遅れてしまうことが予想されるのです。

 というわけで、大学院入試のためにもはや充分に時間と精力を注いでしまったという真面目な人は、そろそろリラックスして「入試以後」のことを考え始めることをオススメします。また、大学院なんて楽勝と思って、充分に手を抜いて来た楽天的な人もそろそろ大学院卒業までのロードマップを考えておくことをオススメします。

 今の大学と大学院の状況を冷静に判断すると、大学時代の勉強をしっかりやっているのであれば、大学院の入学はそれほど難しくないはずです。あるいは、入学するのにそれほど難しくない大学院を選ぶべきとも言えるでしょう。大事なのは、自分が充分に伸びることのできる「場」を与えてくれるところへ入学し、就職活動までの時間を自分の成長のために、自分のペースで教育を受けることのできるところ、あるいは自分自身で自分を鍛える余裕を与えてくれるところを選ぶことでしょう。

 そんなことを考えてもいなかったという人は、試験が終わってからでもかまいませんから、自分が進学しようとしている大学院(研究室)の実態を調査してみましょう。その結果、自分の将来設計(来年の秋からの就活)には不向きな環境であるということがわかったら、とりあえず合格しておくのはかまいませんが、来春に予想されている二次試験でより適切な大学院を選び直すことをオススメします。

 もちろん、博士後期課程まで進学して独立系の研究者を目指そうとしている方もいらっしゃると思います。その場合は、5年後の自分をイメージしてください。博士をとって就職活動も充分あり得る選択肢だと思いますし、これだけ博士の将来に暗雲が立ちこめているという風評が広がると、「競争相手」が減少することも予想されますので、ひょっとすると今は100-200倍くらいの競争率のものが20-30倍くらいにまで落ち着いてくる可能性も考えられます。しかし、さすがに我々の大学院時代のように2-3倍になるということは、ちょっとあり得なさそうです。

 結局、何が言いたいのかというと、大学院へ進学するということは今の社会の状況と仕組みを理解することと、何年か後の社会の状況と仕組みを予測することが必要だということです。もちろん、経済や社会の専門家ではない理系の学生や大学院生にとってはとても難しいことだとは思いますが、そういうことのできる理系人間になるために大学院時代を利用するというスタンスも必要なのではないかと思います。

 大変な時代になってきたと思うかもしれませんが、そういうことを考えずにきたせいで、日本社会において理系が冷や飯を食わされているというふうに考えることもできると思います。

 ここらで、理系の逆襲といきましょう。
by stochinai | 2008-08-18 21:45 | 大学・高等教育 | Comments(31)

似てません?

 おすすめのフリーソフトや知っていると便利な無料サイトなどを教えてくれる、フリーソフトの樹で「カブトムシの体の仕組みや飼い方なども解説した動物総合サイト」が紹介されていました。

 行ってみると、カブトムシだけではなく「ペットいっぱい 日本一の動物総合サイトx動物大図鑑」というサイトでした。

似てません?_c0025115_22421148.jpg

 まあ、特にすごいサイトという感じでもないのですが、最近立ち上げた我々のサイトと何となく似ていると思いましたので、クリップしておきます。

 こちらが、北海道大学理学部生物科学科(生物)サイトのホームページです。
似てません?_c0025115_22434553.jpg

 似てません?
by stochinai | 2008-08-17 22:45 | コンピューター・ネット | Comments(5)

COOPマグナムドライ

 自宅では高いので、あまりビールは飲みません。「発泡酒」や「その他の醸造酒(発泡性)」というのを飲むことが多いです。

 ビールもどきは新製品が次々と出ては消えていきますが、基本的に新製品は「おいしい」というのが私の先入観です。まったく何の根拠もありませんが、新製品はかなり力を入れて時には規定量以上の麦芽を入れているのではないかと思われるくらい「おいしい」と感じることがあります。そういうものの場合は、しばらく時間がたってから出てくるものは確実に味が落ちていると思うことが多いです。もちろんこれはそれほどお酒の味のわからない私の印象にすぎないので、単なる妄想かもしれません。

 そんな私が好きな発泡酒は、サントリーのマグナムドライです。今はゴールデンドライになりましたが、マグナムドライの頃から愛飲していたのですが、しばらく前から近くの生協で販売しなくなっており残念に思っていたのですが、コープさっぽろの宅配サービス「トドック」のカタログにマグナムドライを発見し、早速届けてもらいました。

 懐かしい、マグナムドライの味でした。・・・・が、見た目のなんか違いません?

COOPマグナムドライ_c0025115_1446746.jpg

 サントリーの名前の前にCO-OPのロゴがはいっています。

COOPマグナムドライ_c0025115_14464619.jpg

 このロゴを除くすべての表示はまったく同じで、もちろん味も同じに思われます。いろいろ詳しく見ていて気がついたのですが、アルコール濃度が6%と普通のビールよりも濃いのです。ひょっとして私がおいしいと思う理由はこのアルコール濃度が濃いということかもしれないと、なんとなく自分一人で納得してしまいました。

 アルコールは濃ければ濃いほどおいしいような気がします。しません?
by stochinai | 2008-08-17 22:28 | つぶやき | Comments(1)

盆踊り

 昨日、夕方大学から帰宅する時に盆踊りにぶつかりました。北海道(札幌だけ?)の盆踊りでは、早い時間に「子供盆踊り」があり、それが終わってから「北海盆歌」による大人踊りが始まります。

 これは、まだ明るいうちに始まっていた子供盆踊りです。札幌で育った子供たちならば、みんな知っている「えんや~こ~らや~どっこいじゃんじゃんこ~らや~」、あるいは「えんや~こ~らや~どっこいどっこいどっこいな」などのフレーズは耳に染みついていると思います。

 昨日は、アラブ系の父娘と思われるペアもいて、なかなかいい雰囲気の子供盆踊りを見せてもらいました。

盆踊り_c0025115_21361143.jpg

 最近は和太鼓がブームなのだそうで、ここでも子供の和太鼓チームが活躍していました。

盆踊り_c0025115_21365490.jpg

 盆踊りが済むと、北海道は秋へと駆け足です。

 夜は寒いくらいです。
by stochinai | 2008-08-17 21:38 | 札幌・北海道 | Comments(0)

エール

 頼まれて大木のフリー写真を探してみました。ソースはこちらです。岡山県にあるものだそうです。

エール_c0025115_2234381.jpg

 この夏は暑さにもかかわらず、風邪をひいている人が多いという話をよく聞きます。

 風邪はウイルスの感染が原因ですから、夏でも風邪にかかることはあるのです。

 このきなの写真に元気をもらい、一日も早く良くなってください。
by stochinai | 2008-08-16 22:11 | その他 | Comments(0)

日の光今朝や鰯のかしらより            蕪村


by stochinai