5号館を出て

shinka3.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2008年 11月 ( 36 )   > この月の画像一覧

 テレビなどで必要以上と思われるほど恐怖感をあおり立てるような報道をしている新型インフルエンザですが、このニュースを聞いていると、来るぞ来るぞと言っていながら、なかなか来ない東海・東南海地震の予知の話を思い出します。

 いずれも、科学者がこぞって「起こることはわかっている。問題はいつ起こるかだ」と言っているもので、科学的にはいずれ起こることは間違いないのだと思います。起こることが間違いなく、しかも予知がかなり難しいということにも共通点があり、いったん起こると急速に被害が広がるというところも似ています。

 だとしたら、我々がやるべきことはただ1つ、起こったらどうするのかということの対策を立てておくことで、それをやるのは政治の役割ということになるでしょう。国民全員に1万2千円を配るよりは、地震や新型インフルエンザ対策にでも使った方が良いのではないか、と今日も思ってしまいました。

 ただ、こういう対策に対して無限にお金をつぎ込むことはやはり正しいことではなく、起こらないあるいは数年以内に起こらない可能性も高いとしたら、そこにはつぎ込むべき適正な金額というものは自ずから決まってくるように思われます。もちろん、国の経済状態に依存して変わってくるものでもありましょう。

 私の個人的意見ですが、こういうものに対してもっとも効率の良い投資は、研究に対するものだと思います。地震の時も研究よりも「予知」にお金をかけすぎたのではないかと感じています。研究を中心に考えるならば、それほど莫大なお金をかけずとも地道に研究が継続できる組織を作っておけば、長いスパンでの対策になるでしょう。状況が変わって、地震やパンデミックが起こりる危険性が高まったら、その研究組織から速やかに警告が出てくるでしょう。

 今のように、大量の薬の備蓄や、被災対策用品の準備しておくというやり方では、使われなかった場合には時間とともに劣化して廃棄することも予想されますので、お金のつぎ込み方としてはあまり賢くないように思われます。

 それにしても、冷静に準備をするための態勢を求めるのがニュースの役割のような気がするのですが、NHKを始めパニック映画の予告編のようなニュースが多いのはどうにもいただけません。そうしたニュースを作る時には、科学者と科学コミュニケーターを参加させていただけくことを強くおすすめします。

 少なくとも必要以上の画像処理と、バックグランドミュージックはやめましょう。
by stochinai | 2008-11-21 21:20 | 医療・健康 | Comments(1)
 とんでもない殺傷事件が起こりました。まだ、個人的な恨みなどによる犯行である可能性は残っていると思いますが、厚生省・厚生労働省の職務にかかわることが原因で起こったのだとしたら、被害に遭われた方々にはまったくお気の毒としか良いよううがありません。

 たとえ、実働部隊のリーダーが事務次官だったとしても、厚生省の政策責任者は厚生大臣であり、時の自民党政権が最終的責任を負うべき立場にあります。つまり、もしもこれが政治的な意図をもったテロだとしたら、相手を間違っていると言わざるを得ません。

 また、現時点では犯行声明が出ていないようですので、それが政治的な意図を持ったテロであるかどうかはわからないわけなのにもかかわらず、テレビなどの報道番組では、一所懸命に犯行から政治的意図をくみ取ろうとして、いろいろと論評を重ねていることには強い違和感を覚えます。

 逆に、そんなことをしていると、犯人が自分で犯行声明を出さずとも、同じ効果が得られるとも言えるわけで、犯人としてはこれで名乗りでなくても自分の目的は達成されたと喜んでいるのではないかとすら思います。ですから、もしも犯人が政治的意図を持っている可能性があるのだとしたら、そうした報道は極力控えて理由がわかならい殺人事件であり、犯人からのメッセージを待っているという扱いにすべきだと思います。

 もしも、犯人に政治的意図がしっかりとあるのならば、自分の言いたいことが報道されなければ、自ら声明を出すだろうと思います。また、たとえ報道があーでもない、こーでもないといろいろと言っている中には、犯人としては我慢できない誤読もたくさんあるはずで、犯人が政治活動をしているのだという意識をもっているならば、犯行声明を出して訂正しなければ、おさまらないはずだと思います。

 というわけで、提案です。

 ここは、あらゆる報道機関が犯人の動機の推測報道をすべてやめて、犯人からの声明が届くのを待つべきではないでしょうか。

 本当に国を憂えての止むに止まれぬ行動として決起したのだとしたら、必ず声明は出てくると信じます。出てこないということは、そこには思想もまたないのだと判断せざるを得ません。
by stochinai | 2008-11-20 20:11 | つぶやき | Comments(0)

本格的に降りました

 11月4日の初雪は予告編でしたが、昨夜からいきなり本編が始まった感じです。

 気温が低いので、降った雪が融けないのです。昨夜は、札幌中が真っ白になりました。
本格的に降りました_c0025115_19261482.jpg
 それほど深く積もってはいなかったのですが、誰も歩く人がいない道路はまさに雪化粧状態です。

 こちらは、一夜明けて今朝の様子です。
本格的に降りました_c0025115_1928984.jpg
 車のタイヤの跡や、人が歩いた足跡を見ると結構積もったことがわかります。

 今日も降ったり止んだりの1日でしたが、いきなりの真冬日で、最高気温が-0.2℃-0.9℃でした。つまり、雪はまったく融けなかったのです。

 さすがにこれほどの本格的寒さはまだまだ来てはいけない時期ですので、明日はプラスになりそうです。とは言っても、予想最高気温が4℃ですから冷蔵庫状態が続きます。

 まさか、このまま根雪ということにはならないでしょうが、結構インパクトの強い寒波でした。
by stochinai | 2008-11-20 19:44 | 札幌・北海道 | Comments(0)
 またまた麻生総理大臣の失言です。さきほどのNHKニュースで流れていました。ここに全文が再掲されています。

 首相 社会常識欠落の医師多い(NHKニュース)

 場所は、総理官邸で開かれた全国知事会との会合です。総理の言葉を紹介しています。
麻生総理大臣は、医師不足の問題に関連して「自分で病院を経営しているから言うわけではないが、はっきり言って、社会的な常識がかなり欠落している人が多いと思われる。とにかく、ものすごく価値判断が違う。それはそれで、そういう方をどうするかという話を真剣にやらないといけない」と述べました。
 記者とのぶら下がり会見で、弁解しています。
麻生総理大臣は19日夜、総理大臣官邸で記者団に対し「おれの友達にも医者がいっぱいいるが、なんとなく話をしても、ふだん、おれとは波長が合わない人が多いと思った。まともな医者が不快な思いをしたというのであれば、それは申し訳ない」と述べました。
 医師の中にも変な考え方をする人もいるでしょう。ひょっとすると、他の集団よりも多少比率が高いというようなこともあるかもしれませんが、実際に調査して得られたそのようなデータがあるわけではないと思います。

 たまたま話をしたことのある数人の医師がそうだったからといって、あたかも日本中の医師がそうであるかのごとき発言を、総理大臣という重要な公職にある方が、公の場で行うのは大多数の医師に対する「名誉毀損」になるのではないかと思います。

 医師会も怒るでしょう。
これについて日本医師会の中川俊男常任理事は、定例の記者会見で「麻生総理大臣がそのような発言をするとは、とても信じられない。事実関係を確認したい」と述べました。日本医師会では、麻生総理大臣の発言について、真意を確認したうえで今後の対応を検討することにしています。
 博士も同じように言われることがよくありますね。
by stochinai | 2008-11-19 19:36 | つぶやき | Comments(7)

大麻、麻生

 札幌地下鉄南北線の北端の駅は麻生です。総理大臣の苗字と同じ字ですが、「あそう」ではなく「あさぶ」と読みます。昔、たくさんの大麻が生えていたところだったのだと思います。古くからの札幌人は「あざぶ」と呼ぶのですが、いつの頃からか「あさぶ」が正式名称になったようです。一説には東京の「麻布」が「あざぶ」なので、札幌の僻地は「あさぶ」と改名したのではないかと、ひそかにひがんでいる私です。

 また、札幌からJR線に乗って東へ少し行くと、江別市大麻(「たいま」ではなく「おおあさ」)というベッドタウンが広がっています。そこにも、大麻の草原があったのではないでしょうか。

 札幌駅の北には「テイセン・ホール」という多目的ホールがありますが、そこは昔帝国製麻という麻の織物工場があったところです。おそらく敗戦後、米国進駐軍(古い!)の指導により麻以外の織物を作るようになって帝国繊維と名前が変わったので、テイセンと呼ばれるようになったのだと思います。

 いずれも「麻」あるいは「大麻」と関係した地名や産業関連施設で、北海道には昔から麻が自生していたり、栽培していたりした歴史を反映しているものだと思います。北海道では今でも、あちこちに大麻が自生しており、抜いても抜いてもまた生えてくるという状況なので、それを入手して吸飲してみようという人間が出てくることに不思議はありません。

 そもそも、日本では敗戦によってアメリカ文化が入ってくるまでは、日本では大麻が麻薬だという認識はなかったのだと思います。

 このところ、急に大学生や今日は高校生の「大麻汚染」が問題になっていますけれども、1970年代の北海道大学ではおそらく大麻を吸ったことがあるという学生は数十人から100人以上はいたと思います。今でも、数人から数十人は間違いなくいるのではないかと推測されます。当時はやっていたシンナーや睡眠薬などの濫用に比べるとはるかに安全な「遊び」だと思われていたものですが、大麻取締法違反で大量に検挙されたということは聞いた記憶がありません。ただ、よくネパール遠征から帰った山岳部などが、マリファナを持ち帰ってつかまったというようなことがあったような・・・・、記憶がはっきりしません。

 いずれにせよ、北海道では知識を持って原野を探すと今でも簡単に大麻を発見できるようですから、ネットでメールを使った取引をするなどという、逮捕してくれと言わんばかりの証拠を残してやるような愚か者は少ないのかもしれません。しかし、例の大麻の種を売った業者のコンピューターには2000人以上の顧客名が残されていたそうですから、何人かは札幌にいても不思議はありませんが。

 何を言いいたいのかというと、ひとつは「最近の学生が急に悪くなって、大麻に汚染された」ということでもないし、法律違反なので逮捕されるのは仕方がないとしても、そんなに大げさに報道するほどの罪悪なのかということを感じるということです。大学生が死亡交通事故を起こしても必ずしも報道されないことと比べると、ことの重大性から考えてバランスが悪いと思われてなりません。

 もちろん、大元で大麻の種を売って金儲けしているヤツは大いに叩かれてしかるべきですが、そいつらに種を一粒1000円とかで売りつけられてボラれた上に、ちまちまと下宿で植物栽培をしていた連中が大学生であるというだけの理由でこんなに大げさに報道されるべきなのかというと、やはり報道する側の姿勢にも、大きな問題があると思えてなりません。

 最近にニュース報道をみていると、大きなニュースから順番にやるのではなく、バラエティ番組と同じ「乗り」で、受けそうなニュースばかりが優先されているような気がします。今は、有名大学の大麻が「旬」ということになるのでしょうか。今日は北海道で高校生が起訴されたというニュースが出ていますが、今度は中学生でしょうか。残るは、国立大学生ですよね。

 権力の監視機構として生まれたはずの報道が、ちっぽけな個人を叩いているのを見ると、その本来の目的を忘れているではないかと感じる「大麻事件報道」です。
by stochinai | 2008-11-18 21:43 | 札幌・北海道 | Comments(3)

クリスマス・カクタス

 いただきもののデンマーク・カクタスが今年も、一昨日の15日から咲き始めました。
クリスマス・カクタス_c0025115_2058119.jpg
 これが、土曜日の1番花です。

 まだまだ小さな蕾が多いのですが、これから別名のクリスマス・カクタスの名前のとおりクリスマスまで咲き続ける予定です。もうひとつ、シャコバ・サボテンという別名もあります。ついでに書いておくとカニバ・サボテンというとても良く似たサボテンがありますが、葉の縁がとがっているのがシャコバ、円いのがカニバです。
クリスマス・カクタス_c0025115_20591081.jpg
 土曜日は曇りで、当たり前の写真にしかなりませんでしたが、今朝は朝日がまぶしく差し込んでいましたので、ちょっと逆光を狙ってみました。
クリスマス・カクタス_c0025115_2102867.jpg
 2004年にはもっと早く咲いていたということも、ブログのおかげで記録が残っていました。

 夏の時期に水やりを控えないと、花が咲かなくなると言われていますので、毎年夏になるとちょっと気にしています。でも、1999年に花が咲いている状態でいただいてから、一度も花を付けなかったことはありませんので、実はそんなにデリケートなものではないのかもしれません。

 いずれにしても、冬を象徴するゴージャスな花です。
by stochinai | 2008-11-17 21:13 | 趣味 | Comments(0)
 しばらく前にニュースになっていたと思いますが、本日メールが回ってきました。
北海道大学入構車両の有料化について

「札幌キャンパス 環境対策としての入構車両の抑制事業」
平成21年1月5日よりスタート

 環境面や安全面からも不要不急の自動車利用の抑制を図るため、大学構内に入構する自動車利用を原則有料化することにします。ご協力をお願いいたします。
 もちろん無料のものもあります。
(2)入構料を徴収しない車両
   ・本学役職員・学生等のうち、
            自動車通勤が認められている車両
   ・緊急車両(消防車・救急車・警察車両等)
   ・郵便物の配送車
   ・身障者が利用する車両
   ・工事関係車両(許可車両のみ)
   ・本学の要請で入構する車両
   ・各部局において業務に関して必要とする車両(一定枚数)
 気になる料金体系ですが、駐車料金ではなく入構料金ですので、安いような高いようなという気がします。
(3)入構料金
   ・商用自動車等に対するパスカードの金額
                   ‥‥    30,000円/年
                           3,000円/月
   ・臨時入構車に対する入構券
                   ‥‥       300円/回

(4)パスカード発行料金(パスカード代+手続き料金)
                   ‥‥     2,000円/枚
 もしも、大学付近の人が大学構内を駐車場として利用しようと思った場合には、年間3万円ならば意外と安いということになるのかもしれません。

 いっそのこと、空き地の一部を駐車場にして貸して儲けるというのはどうでしょう。このあたりなら、月1万円は取れるような気がしますので、500台くらい駐車できるものを作ると、年間で6000万円の収入が見込めるという計算は、成り立たないでしょうか。病院の駐車場などを高層化したらすぐにでもできそうですが・・・・。

#おそらく、文科省からたちどころに指導が入るんでしょうね。例によって・・・・。
by stochinai | 2008-11-17 20:48 | 大学・高等教育 | Comments(0)
 今月20日から、北海道根室にある陸上自衛隊矢臼別演習場で、在沖縄の米海兵隊が実弾射撃訓練をすることになっています。今日のニュースで武器が北海道に上陸する様子を伝えていました。この訓練自体は1997年から行われてきたものですが、今年から訓練公開と大隊長のブリーフィング(記者会見や地元説明会)を行わないことになったそうです。

 もともと沖縄でやっていた実弾射撃訓練を北海道でやるようになったのは、沖縄だけに負担を与えてはいけないという理由からだったと記憶しています。沖縄の負担を軽くするということ自体は賛成なのですが、我々日本人にとって負担であるアメリカ軍の実弾者源訓練などというものはないに越したことはないので、本来は止めて欲しいものです。

 今まで、アメリカ軍が演習に対する説明や演習の公開をしてきたのは、地元の反対に対する説明責任を果たそうとする行為で、必要なものだったと思うのですが、説明会や公開に参加する人の多くがマスコミを除くと演習に反対する人が多かったので、アメリカ軍としても嫌になってきたのだろうということは想像に難くありません。しかし、嫌だからといって止めていいものと悪いものがあります。人を殺す戦争をするための訓練をしたいのなら、反対する人々を説得する義務はあるはずです。

 今日のニュースでむき出しの155ミリりゅう弾砲などが北海道に上陸するのを見ていると、これがもし我々に向けられるようなことがあったら、この国を制圧することなど簡単だろうと思いました。

 そう考えると、それに近い装備を持って日本中に展開している自衛隊こそが、日本国民にとってはもっとも恐ろしい武装勢力だというこがを改めて認識されます。

 それというのも、例の航空自衛隊の事実上の大将である多母神さんの「事件」があったからです。

 もちろん、ご本人がおっしゃるように「言論の自由」がありますから、彼が何を考えようと何を発言しようと自由なのですが、国家公務員は憲法を遵守する義務があるとその憲法に書いてあります。過去から一貫して、アメリカを中心とした連合国の戦争処理が間違っていると発言し、憲法を否定している人が、どうして世界でも有数の武力を誇る自衛隊の最高責任者になってしまうのでしょうか。憲法が国家公務員として不適当であると言っている人を、あえてその職に任命した安倍元総理大臣の責任は、倫理的にだけではなく法的にも問われなくてはならないと思います。

 優秀な軍隊というものは、命令一下指揮に従い行動するものです。もしも日本の航空自衛隊が軍隊として優秀であり、あのような考え方を持っている人がその気になって航空自衛隊に命令を下して動かしたならば、日本という国を制圧するのはとても簡単なことだと思います。そう考えると、自衛隊の存在というものが北朝鮮からの攻撃などというよりもはるかに現実味を帯びた恐怖の対象になります。

 軍隊という両刃の刃を動かすために考え出されたものが、文民統制というものだと思うのですが、それが機能していないこの国の危うさに背筋が寒くなる思いをします。

 根室市の港におろされた米軍の武器を見ていると、その恐怖が現実感を伴って感じられます。
by stochinai | 2008-11-16 23:41 | つぶやき | Comments(0)
 これは昨日の昼過ぎ、全学教育での講義を終えて理学部へ戻る途中で撮した大野池のほとりの様子です。
インディアン・サマー11/14_c0025115_16423742.jpg
 ポカポカと暖かな小春日和でした。アメリカでは Indian summer と言いますが、 ヨーロッパでは Old Wíves' summer とか St.Martin's summer とか言うようです。インディアンはアメリカ原住民のインディアンのことらしいです。老妻の夏というのは、おばあさんのひなたぼっこを連想させてなかなないいですね。イギリスでは11月11日が St.Martin's day なのだそうで、まさにこの頃の暖かい日はそれにぴったりなのかもしれません。

 池の畔で、2人のモスレムの女性が乳母車を前に談笑しているのが、とてものどかな感じでした。

 雪が積もるまでに、あと何回こんな穏やかな日があるでしょうか。
by stochinai | 2008-11-15 16:51 | 札幌・北海道 | Comments(0)

夢の達人

 良く夢を見ます。他愛もないものが多いのか、夢を見たということ以外には何の記憶も残っていないことが多いのですが、現実生活でスケジュールや締切に追われていると、別のことに追い立てられる夢をよく見ます。

 昔は、ギリギリまで追いつめられて、「もうダメだ」ということろで目がさめたこともよくあったのですが、最近は夢を見るのがうまくなったのか、夢の中で「これは夢だから、どんなに追いつめられても大丈夫」と、余裕を持って対応することができるようになりました。

 自分でも不思議なのですが、最近2-3回続けて同じような経験をしました。

 だいたい、予定の時間に間に合わなかったり、準備ができていないのに本番の会場にいたり、時すでに遅しという状況に自分がいる夢が多いのですが、それにもかかわらず自分で「これは夢だから大丈夫」と思っているのです。

 その後で、目がさめて「やっぱり夢だった」と確認し、またゆっくりと寝直しです。

 この調子で行くと、夢のシナリオを書き直すこともできそうな気がしてきました。

 いいことなのか、悪いことなのかわかりませんが、したたかさが増してきたのかもしれませんね。
by stochinai | 2008-11-15 15:59 | つぶやき | Comments(1)

日の光今朝や鰯のかしらより            蕪村


by stochinai