5号館を出て

shinka3.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2008年 11月 ( 36 )   > この月の画像一覧

 公明党が提案したという今回の2兆円を均等に国民に戻すという定額減税とはいったいなんなのでしょう。10年前にも行われたということですが、まったく記憶にありません。その程度のインパクトしか与えないものなのでしょう。

 公明党のホームページによると、今回も前回と同じ2兆円規模なので同じような額になるようです。
 前回は2兆円規模で実施。減税額は世帯主が2万6000円。専業主婦や子どもなどの扶養家族1人につき、1万3000円でした。単身者ならば2万6000円、夫婦子ども2人の4人家族の場合、合計で6万5000円でした。

 具体的な減税額は、物価高の影響や減税効果、財源などを考慮して年末に決定します。
 国民全員に、一人あたり1万5千円くらいのお小遣いをくれることのようです。

 私が1万5千円いただいたとすれば、それはそれでうれしいですが、何に使ったかわからないうちに生活費の中に埋もれてしまうと思います。もちろん、それで飢えをしのぐことができるほど大きな恩恵になる方もおられることでしょう。もしそうならば、そういう厳しい状況にある方々に、たとえばひとり100万円くらいのお食事券を配るというような使い方をしたほうが、ずっと有意義なのではないでしょうか。

 1人1人が1万5千円持っているよりも、100人分ならば150万円、1万人分ならば、1億5千万円、1000万人分ならば1500億円です。そのくらいまとまると、かなり大きなことができるのではないでしょうか。

 2兆円あったら、1000億円の施策を20個もできるのです。1000億円あったら、かなり大きなことができませんか。たとえば、年収400万円の雇用ならば2万5千人分も作り出せるのです。400万円あったらなんとか暮らせる額だと思います。20の1000億円を一気に使って50万人の雇用を1年間だけ作り出すこともできますし、2万5千人の雇用を10年間継続することもできるのです。

(算数に弱いので、数字は間違っている可能性がありますが、言いたいことはご理解下さい)

 出るぞ出るぞと思っている方のご期待に添って出しますが、現在ポスト・ポスドクでフリーターをやっている方がどのくらいおられるかわかりませんが、その方達を大学の教育研究サポーターとして、たとえ5年間でも雇用するというようなことに使っても、ほんの一部ですみそうです。

 これは、我田引水の一例ですが、似たような施策のアイディアはいくらでもあると思います。人によってはパチンコや競馬に使ってしまうかもしれない小さなお金に分解して、何に使ったのかわからなくなってしまうのでしたら、それは税金として納めた意味がありません。

 私たち一人一人が出す税金は少額ですが、それをまとめてど~んと大きなことをやっていただくために納めた税金です。それをまた戻していただくよりは、まとめた額のままで有益なことをやっていただきたく思います。

 公明倒産(違いました。公明党さん)、自民倒産(また誤変換されました。自民党さん)、せっかくまとまっている大きなお金です。有意義に使ってください。
by stochinai | 2008-11-04 21:50 | つぶやき | Comments(4)

初雪

 ついに降りました。去年より、2日ほど遅いらしいです。
初雪_c0025115_905232.jpg
 積もりそうにはありません。
初雪_c0025115_911944.jpg
 気温がそれほど低くない(プラス)ので、雪はいわゆる「ボタン雪」です。

 これは予告編。本格的な雪は、まだまだ先のことです。
by stochinai | 2008-11-04 09:03 | 札幌・北海道 | Comments(0)

札幌最古の霊場

 一昨日、撮った写真です。通勤路にある、妙見山本龍寺というお寺です。
札幌最古の霊場_c0025115_0185269.jpg
 通る度に、問の横にある「札幌最古の霊場」という碑が気になっていたのですが、信号に止められたことと派手なのぼりが立っていたので、ようやく写真に収めることができました。

 お寺といっても、なんだか雰囲気が神社的なところもあり、不思議に思っていたのですが、いわゆる「神仏混合」のお寺なのだそうです。

 近くには北海道開拓の功労者、大友亀太郎記念館があるのですが、このお寺は大友亀太郎が建てたということで、本尊の妙見菩薩とともに大友亀太郎および、彼にこの妙見菩薩を贈ったといわれる、島義勇判官も祀られています。

 実は、まだ中をよく見たことがないのですが、ここに札幌いや北海道のオリジンがあるということのようなので、そのうちにじっくりと見てみたいと思います。

 あまり身近にありすぎると、ありがたみも薄くなるものですね。
by stochinai | 2008-11-03 23:59 | つぶやき | Comments(0)
 今朝の朝日新聞 be on Sunday の記事で、「技あり トゲなしナス」がおもしろかったです。

 タキイ種苗の研究員の島越さんという方が、古典的育種法(掛け合わせの繰り返し)でトゲのないナスを開発したという話です。

 ナスにはトゲがあるもので、むしろトゲが鮮度の目安になるとさえ言われているのですが、それがなかったらどんなに良いだろうという発想は、我々のような素人からはなかなか出てこないものです。

 味の良さなどでベストセラーだった「千両」というナスにはトゲがあって、アメリカ産で実は小さな卵ほどの大きさにしかならないけれどもトゲのないナスがあり、これを掛け合わせてトゲのない「千両」を、7年間交配を繰り返して完成させたというストーリーです。

 島越さんの談話「7年交配を繰り返し、実が売り物レベルか、農家の方に意見を聞くまで10年以上かかりました」は、まさに決め台詞ですね。

 このナスは昨年から種が販売されております。

 『とげなし千両』 『とげなし千両二号』
安心してもらえる育種による遺伝子組み換え_c0025115_074276.jpg
 掛け合わせの方法はまさに「古典的方法」で、とても単純です。
 トゲのない品種と「千両」を掛け合わせた雑種の「子」をまず作る。子同士を掛け合わせた「孫」からトゲのない株を選び、それにまた「千両」を掛け合わせて・・・・・という作業を年1回おこなう。この作業を毎年繰り返し、数百株の中から「千両」並みの大きさでトゲはない実が出るまで続けた。すると、遺伝子の9割以上は「千両」だが、トゲを作らない遺伝子などに、ちょっとだけ置き換わった品種ができた。
 これはコンジェニック系統という、ある遺伝子を除いて他の遺伝子はすべて同じ生物を作る方法として、古くから確立されているものですが、「言うは易し行うは難し」の典型のような作業です。

 今なら、「遺伝子導入」や「遺伝子組み換え」で簡単にやってしまおう、というふうに考える人も多いと思いますが、たとえ結果的に同じものができたとしても、こういう人々の口に入る食品のようなものの場合だと、「遺伝子組み換え作物」と「10年間汗水たらして交配を繰り返して作った作物」のどちらが市場に受け入れられやすいかを考えると、答えははっきりしていると思います。

 「もしも同じものができるならば」と書いてしまいましたが、今の遺伝子組み換えの技術だと、同じものを作ることはまだまだ難しいのではないでしょうか。百歩譲って、もしも同じものができたとしたら、私はその間に差はないと断言できるのですが、それでもやはり市場での受け入れられ方は違うというのが現実なのだと思います。

 そうした現実を見て、「日本の国民の科学リテラシーは低い」と言うのは簡単ですが、そういう科学リテラシーの低い国民を育てた日本の戦後教育について、もっとも反省してもらわなくてはならないのは、その間一貫して政府であり続けた自民党と文部省・文科省です。そう考えると、(私はその存在をあまり信じていないのですが)「理科離れ」を生んだのも、彼らがリードしてきた教育システムであると言えるのかもしれません。

 また、結論がいつもと同じになってしまいました。すみません(^^;)。
by stochinai | 2008-11-02 23:39 | 生物学 | Comments(0)

三日月と金星

 日が落ちた直後くらいの南に空に三日月がきれいに見えました(月齢は4.4だそうですが)。その西の方に明るく見えるのは金星でしょうか。
三日月と金星_c0025115_17212338.jpg
 よく見えない場合にはクリックして拡大してください。右側にある地上波アンテナの右30度斜め上あたりで、上下の雲のちょうど中間点あたりにあります。

 日が落ちると、急速に寒くなってきました。
by stochinai | 2008-11-02 17:30 | 札幌・北海道 | Comments(0)
 このブログを書き始めてから、毎日1つ以上のエントリーを書くことを続けてきました。もちろん、当初は何かを書いてお金がもらえるなどと思ったこともありませんし、そもそも無料でサイトを解説させてもらえるだけでも充分うれしいと思っていたものです。

 その後ブログの世界では、時としてクチコミの力が思いもかけずに広がりを見せて、特定の商品がブームを引き起こすということも再三あったようです。もちろんその陰では、企業関係者が身元を隠し一般ユーザーのようなふりをして、ブログを利用したマーケティングを試み炎上したという事例も何度か見聞きしました。

 そのような経緯を経て現在、普段からブログ活動をしていることが確認できるサイトに依頼して、商品のマーケティングをするシステムがいくつか立ち上がっています。ブログ側としては、広告を依頼されていることを明らかにした上で、その商品を紹介するエントリーを書くことと交換に、商品そのものを試供品として提供されたり、場合によっては料金をもらえたりします。

 興味のある製品の場合には、製品の試供品をもらうだけでもうれしいことがありますが、回数を重ねてくると、エントリーを書く締切に追われたりすることが面倒になってきます。それに、そうそう興味深い製品がどんどん出てくるものでもありません。そういうこともあってか、最近は掲載料という現金を払うシステムも増えてきました。

 ところが、製品の場合だったら興味があるものであれば、ほんの数百円のものでも記事をかこうという気になるものですが、現金の場合に数百円とひき替えにブログを書くのは気分的にかなり抵抗があります。ブログといえども記事を書いてお金をもらうということになると、それは一種の「原稿料」になります。原稿料だとすると、記事の文字数にもよりますが、数千円はもらわなければモーティベーションが上がりません。

 また、逆にブログを書いて原稿料がもらえるということになると、ブログを書くだけで生活できるくらいのお金がもらえるようにならないものだろうかという「夢」も広がります。

 そういう状況の中で、今回ブログタイムズさんから、ブログタイムズの会員を増やすようなブログエントリーを書いたら、なんと1万円提供してくれるという提案がありました。つまり、今書いているこの記事の原稿料として1万円がいただけるということです。

 ブログタイムズは、この業界への参入はごく最近という新顔ですが、掲載料が1,000円から10,000円と競合各社よりも1ケタ高いところが特徴です。私はまだ受けたことはないのですが、今までにブログタイムズが依頼したブログ広告記事の掲載料の平均も2,012円と、競合各社と比べかなり高めです。もしも毎月3つか4つ(週に1つくらい)書かせてもらえるとすれば、インターネットプロバイダーと回線ケーブル提供会社に支払っているインターネット使用料金くらいは充分にまかなえるということになります。

 もちろん、ブログを書くだけで生活できるというのは夢のまた夢ですが、今回提示された1万円という額の記事を1日1本掲載することができたならば、月に30万円となりリッチとはいかないまでも、ワーキングプアよりは豊かな生活ができます。まだまだ、現実的ではない話ですが、ほんのちょっとした時間を利用して記事を書いて、それが1万円になるという経験をしてみると、意外とそんな生活をできる人が、ネットの上に登場する日もそう遠くないと思わされます。

 そのためには、広告を掲載するブログがたくさん出てきて、依頼する企業の選択肢を増やしておくことも必要な用件となります。

 というわけで、すぐには適切な広告依頼があるかどうかわかりませんが、登録しておかなくては依頼もきませんので、是非ともこの機会にブログタイムズに登録して会員になってみてはいかがでしょう。

 会員が増えれば、企業からの依頼も増えるので、win-winになりそうです。

 リクルートサイトみたい(笑)ですけれども、こちらがブログタイムズのトップページです。
【ブログタイムズ】ブログで生活できるほど収入が得られるか_c0025115_144629100.jpg
[PR by ブログタイムズ]


by stochinai | 2008-11-01 15:03 | コンピューター・ネット | Comments(2)

日の光今朝や鰯のかしらより            蕪村


by stochinai