5号館を出て

shinka3.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2009年 03月 ( 48 )   > この月の画像一覧

 動物の化石というと、恐竜を筆頭に脊椎動物の骨の化石やサンゴの骨格や貝殻などのようにカルシウムなどを含む硬い組織だけが(もちろん他の鉱物などに置換されることも多いのですが)保存されるのが普通です。しかしながら、そうした硬い組織を含まないものでも「幸運」が重なると何千万年、何億年も残ることがあります。タコの化石はそうしたものの中でも特に保存されにくいものと考えられており、中生代以前のタコの化石は現在に至るまでたった1例しか報告がありません。しかも、それは100年以上前の1896年のものです。

 古生物学の専門誌 Palaeontology の最新号に載った論文には、そんな珍しいはずのタコの化石がレバノンの石灰石の中から一気に5匹分も発見され、そのうち3種が新種として報告されています。9500万年前の地層に埋まっていたこれらのタコは、現存のタコとほとんど同じ吸盤のある8本足という姿形をしており、墨袋や袋状の外套膜の内側にあるエラまでもはっきりとわかるような素晴らしい保存状態です。
ありそうもない化石が掘り出された_c0025115_20594228.jpg
 さらにすばらしいことに、この論文はオープンアクセスになっており、世界中の誰でもが自由に閲覧することができます。

NEW OCTOPODS (CEPHALOPODA: COLEOIDEA) FROM THE LATE CRETACEOUS (UPPER CENOMANIAN) OF HÂKEL AND HÂDJOULA, LEBANON

 この発見により、タコが現在の形に進化したのが、想像されていたよりもずっと古いことや、原始的なタコはイカのように体側にヒレを持っていたのではないかと考えられていたことが間違いかもしれないことなど、今までのタコの進化の常識が続々と覆されているようです。

 最近ではレバノンがニュースになるのは、イスラエルとの戦争のことばかりですが、こういう平和的なニュースが送られてくるのはほんとうに喜ばしいことです。

 戦争の爆撃で、こうした地球進化の遺産が研究されることなく破壊されている可能性もあるのではないかと考えると、戦争というのは取り返しのつかない愚かな行為であることが再認識されます。

 戦争よりはタコの化石ですね。

 紹介記事はこちらの2つです。違うソースですが、文面がまったく同じなのは、どこかから記事を購入しているということなのでしょう。

Cretaceous Octopus With Ink And Suckers -- The World's Least Likely Fossils? ScienceDaily (Mar. 17, 2009)

Cretaceous octopus with ink and suckers -- the world's least likely fossils? March 17th, 2009
by stochinai | 2009-03-18 21:11 | 生物学 | Comments(1)
 今日、若田さんは無事国際宇宙ステーションに到着できました。今や成功するのが当たり前になったとは言え、まだまだ実験飛行のレベルにあることは間違いありませんので、その陰にはたくさんの人々の信じられないほどの努力の積み重ねがあります。とりあえず、ひとまずおめでとうございます。

 NASA では NASA TV を通じて24時間リアルタイムで動画を配信中です。

 NASA TV

 重要シーンはビデオ保存されており、いつでもオンデマンドで見ることができますので、発射やドッキングシーンを見逃した人はどうぞ。
ディスカバリー発射成功の陰で_c0025115_19364077.jpg
 この発射成功の陰で、犠牲になったコウモリがいて、アメリカではちょっとした話題になっているようです。

Sunday's "picture-perfect" shuttle launch not so for one Florida bat

 発車直前に、燃料タンクにコウモリらしいものがとまっているのが発見されたのですが、発射する時に飛び立って逃げるだろうと思われていたためか、最初はコウモリが宇宙飛行に密航しようとしているという「笑い話」程度の話題だったのですが、どうやら逃げずにほんとうに一緒に打ち上げられてしまったらしいのです。

Bat Attempts to Stow Away on Space Shuttle

 これが噴射が始まったところの写真ですが、燃料タンクの右下の方にある赤丸のところにコウモリがいるらしいのです。
 拡大してみると、確かにコウモリらしいものが見えます。
 専門家の話では、free tail bat という種のコウモリらしいのですが、どうも左の翼を負傷している上に、右の肩あるいは手首にも問題があって飛べなかったようです。

 というわけで、かわいそうなことにすごいスピードで打ち上げられたロケットの上ではたちまちにして命を失ってしまっただろうと想像されています。

 成功の陰に、こんな犠牲があったのでした(合掌)。
by stochinai | 2009-03-18 19:52 | つぶやき | Comments(0)

ネコサイズの肉食恐竜

 あちこちで話題になっていますが、今日配信されたProceedings of the National Academy of Sciences(アメリカ科学アカデミーの学会誌)の新着記事に、約1900グラムといいますからネコくらいの肉食恐竜の骨が同定されたという論文がありました。

 日本の新聞記事だと良くわからないので、やはりナショナルジオグラフィックニュースを参照してください。

 北アメリカ最小の肉食恐竜を発見

 発見されたというか骨が掘り出されたのは1982年なので、「発見」というよりは解析の結果「明らかになった」というニュースにすべきでしょうが、やはりタイトルに「発見!」と書きたい気持はよくわかります。発見された当時はあまりの小ささに、これは恐竜の子どもの骨だろうと見過ごされていたそうなのですが、骨格の成熟度を調べてみて成体だと判断されたため、今回新属・新種として報告されることになりました。

 もとの論文はこちらです。

 A microraptorine (Dinosauria–Dromaeosauridae) from the Late Cretaceous of North America: Published online before print March 16, 2009, doi: 10.1073/pnas.0811664106

 カナダのアルバータ州で見つかったこの恐竜は Hesperonychus elizabethae と、エリザベスという優雅な名前がつけられましたが、肉食であることは間違いないらしく、昆虫やミミズの他にネズミのような哺乳類を襲って食べていたと想像されます。

 特徴はともかく小さいことで、近縁の肉食恐竜と並べてみるとこんな感じです。
ネコサイズの肉食恐竜_c0025115_2101880.jpg
 一番前にいる小さなやつが今回発見されたもので、大きなものは何トンもの重さがあるのと比べると2キロに満たない彼らは、仲間の肉食恐竜から逃げながら、小さな動物を探していたに違いありません。
ネコサイズの肉食恐竜_c0025115_2120612.jpg
 重さのグラフがこちらですが、縦軸は対数です。今までに発見されていた「小形」のものが10キロのオーダーで今の大型犬くらいのものが最小と考えられていたところへ、いきなりイエネコのサイズの超小型が出てきたのは、恐竜の進化を考えるとかなり興味深いことのようです。

 というのは、7500万年前(白亜紀後期)のものと考えられるこの超小型恐竜から現代の鳥類が進化してきたのではないかと考えられているそうで、中国から掘り出されたこのミニ恐竜の子孫と考えられるものでは、翼(それも今のトリと同じように2枚のものだけではなく、後肢も羽になっている4枚翼のものもいました)を持っています。

 空を自由に飛ぶためには、小型化することが必要だったでしょうから、超小型の恐竜が鳥類へと進化したというストーリーは納得しやすいものです。

 ほかの部分の骨も発見されて復元図が描かれるのがとても楽しみですが、残念ながら小さな動物の骨はなかなか見つからないのだそうで、なんとか見つかって欲しいものだと思います。
by stochinai | 2009-03-17 21:27 | 生物学 | Comments(0)

不思議なイガグリ

 なんだと思いますか?
不思議なイガグリ_c0025115_20463617.jpg
 見た時にパッと連想したのは、まだ熟していないクヌギのドングリでした。熟してくると中からドングリが顔を出します。でも、これはドングリではありません。

 びっくりしたのは、数日前までは似ても似つかない姿をしていたからです。

 左右にある黒く硬そうに見える状態が、かつての姿です。
不思議なイガグリ_c0025115_20544487.jpg
 これは、先週もらったタマリンドという果物の種です。

 一見するとビワの種のように硬い殻に包まれている感じだったので、発芽させるためにはどうしたらよいかわからなかったので、とりあえず水に沈めておいたところ、今朝見たら7個中2個がこんな風に「爆発」していたというわけです。

 この後、残りの種も爆発するのかどうかはわかりませんが、拡大してみるとその気配が感じられるので、期待はできそうです。

 タマリンドはマメ科の植物で、検索してみると芽がでることもそんなに珍しくなさそうなので、この後も楽しみです。

 芽と根が出たら、また報告します。
by stochinai | 2009-03-16 21:05 | 趣味 | Comments(3)
 昨日のCoSTEP終了式に行われたミニ・シンポジウムははななだ不完全燃焼だったとぶつぶつ書きましたが、その分逆にたくさんのインスピレーションをもらうことができました。その中でも特にワコールアートセンターのチーフプランナーという肩書きをお持ちの松田朋春さんにはかなり刺激されました。

 さすがにデザイナーという仕事柄からか、質問に対して一言で答えることの呼吸がとても心地よく、科学技術コミュニケーターを「理系の語り部」と呼んだり、これからの科学技術コミュニケーター教育に求められるべきこととして「批評」というキーワードを出された時には、おもわず膝を打ってしまいました。

 今の時代、批評家あるいは評論家という職業が氾濫しています。テレビのニュース関連のワイドショーにはありとあらゆる評論家が登場してくるので、世の中にはいろんな評論家があふれかえっていると錯覚してしまいますが、実はそんなにいないのかもしれません。

 Wikipediaに挙げられている評論家の種類は意外なほど少なくこれだけです。

* 映画評論家
* オーディオ評論家
* 音楽評論家
* 株式評論家
* 軍事評論家
* 経済評論家
* 芸能評論家
* 競馬評論家
* 建築評論家
* 航空評論家
* 自動車評論家
* 写真評論家
* 政治評論家
* 美術評論家
* 風俗評論家
* 文芸評論家
* 野球評論家
* 航空評論家
* 鉄道評論家

 「科学評論家」や「科学技術評論家」が見あたりません。一方で、「毎年のように新しい肩書きの評論家が登場してくる」とか、「評論家はフリーランスジャーナリストなどのライターが自称する場合が多い」とか書かれてているので、批評家や評論家というものはなんでもありのはずなのに、科学評論家とか科学技術批評家といわれるあるいは自称する人が意外と少ないというのが現実なのでしょう。

 こういう状況は、科学技術コミュニケーターにとっての大きなチャンスなのではないかと思えてきました。

 そして松田さんは、今の日本には科学技術を客観的に批評できる人材が不足しており、科学技術コミュニケーター養成ユニットからはそういうことのできる人材を出して欲しいという意味で、「批評」というキーワードを出されたと、私は受け取りました。

 これだけ科学技術が我々の生活に深く関わっているにも関わらず、そのことについて広く深く批評あるいは評論することのできる人がいないということは、どう考えても我々の社会における陥穽だと思えます。その穴がふさがれない限り、大多数の人々の科学技術リテラシーを育てていくことなどもできないでしょう。

 今我々に必要なのは、人々に科学技術の素晴らしさを理解させる「理解増進」でも、科学技術の危険性を一方的に訴える「科学批判」でもなく、冷静に科学技術を評価しコメントすることのできる批評家あるいは評論家なのだということを改めて気づかされた思いがしました。

 そういう目で今まで我々が考えていた科学技術コミュニケーターを捉え直してみると、「難しい科学技術をわかりやすく人々に伝える」ということは、単なる「解説」であり無味乾燥な翻訳(インタープリテーション)にすぎなかったという反省を感じます。

 人々が求めている科学技術リテラシーとは、その科学技術的な「説明」だけではなく、それが持つ危険性や安全性を含めた「意味」なのです。

 そういう観点かが考えると、科学技術コミュニケーターがやるべきことは単なる解説ではなく、まさに批評・評論でなければなりません。

 これからの指針が見えてきた気がします。

 同士を求めます。
by stochinai | 2009-03-15 23:51 | つぶやき | Comments(15)

シンポジウムと修了式

 後半はポスターセッションの後、シンポジウムと修了式でした。
シンポジウムと修了式_c0025115_17531595.jpg
 コメンテーターはCoSTEPらしく、あいうえお順に左からならんでいます。
川上伸昭氏(文部科学省 大臣官房総務課長)
田中康文氏(ソーシャルライフ・ラボ 代表)
松田朋春氏(ワコールアートセンター チーフプランナー)
森田洋平氏(高エネルギー加速器研究機構 広報室長准教授)
 右端で司会をしているのは、今年度からCoSTEPの教員に加わった渡辺保史さんです。初めて修了生を送り出すということで、感慨深げに進行されていた感じでした。

 それはさておき、これだけの大物の方々をお招きして1時間10分で何かをしようとすること自体が、ちょっと無謀だったようで、おそらく目標の半分あるいはせいぜい3分の2くらいしかこなせなかったのではないかと思います。シンポジウムのサブ・タイトルが「これからの科学技術コミュニケーター教育」というのも壮大すぎたのではないでしょうか。

 せっかくお招きしておいて話してもらうので、話を途中で打ち切ってもらうなどということもできないでしょうから、やはりこれは企画として無理があったのだと思います。どうしてもやるということならば、テレビやラジオの生番組作りの手法(つまり、台本なしには無理ということ)を学ぶ必要がありそうです。どうしても4人のゲストに台本なしに話してもらうということならば、最初からひとり15分と時間を区切って時間になったらベルを鳴らすなどというくらいのことはしないと、日本人の大多数(特に知識人と呼ばれる方々)は時間を守れないのが普通であると感じています。

 ただし、時間は足りなかったですが、さすがにゲストの4人の方々はそれぞれの業界での大物らしく、そのお話はとてもおもしろく、もっとたっぷりと聞きたかったというのがこちらとしての正直な感想でもあります。特に、デザイナーの方の視点は新鮮で非常に刺激されました。そのことについてはいつになるかわかりませんが、じっくりと熟成させてから改めて書く機会を持ちたいと思います。

 それはそうと、右端にすわっておられるKEK(NHKと同じく国際性が皆無の日本語の頭文字です)の森田洋平さんという方は、日本で最初のウェブサーバー(ホームページ)を作った方だということはまったく知りませんでした。昨日、WWWの誕生日というエントリーを書いた直後だっただけに、ちょっと感慨深い出会いでした。森田さんも昨日の今日なので、是非ともその話をしたかったようでした。

 これが日本最初のホームページだそうですが、さすがにCERNのものと比べるのはかわいそうです(笑)。
シンポジウムと修了式_c0025115_18222342.jpg
 さて、話をもとに戻して、その後は学長直々に修了証を手渡す修了式がありました。
シンポジウムと修了式_c0025115_1831194.jpg
 修了生のみなさん、一年間お疲れさまでした。おめでとうございます。
by stochinai | 2009-03-14 18:34 | CoSTEP | Comments(6)
 2008年度CoSTEP成果発表とシンポジウム&修了式が行われています。

 前半の成果発表会はちょっと時間オーバーになりながらも、順調に終了しました。
2008年度CoSTEP成果発表とシンポジウム&修了式_c0025115_15421253.jpg
 これは今日の発表会などのポスター作成を担当した受講生の発表の様子です。

【追記】
 ガ島通信さんのエントリーにあるように、今年は藤代さんが学外講師としてCoSTEPのライティング演習を指導してくれたので、今日は彼は「先生」としてあいさつしていました。(ピンぼけなので、写真が小さいです。すみません。)
2008年度CoSTEP成果発表とシンポジウム&修了式_c0025115_17504241.jpg

 さて、これからシンポジウムが始まります。
by stochinai | 2009-03-14 15:44 | CoSTEP | Comments(0)

意味不明の価格

 そろそろ古本として放出されるものが出るのではないかと思い、古本価格比較サイトを見て、開いた口が塞がらなくなりました。
意味不明の価格_c0025115_1912856.jpg
 さすがに、1円とかで売りに出たらショックを受けると思いますが、古本というものは高くても半額かと思っていたのですが、2倍近い値段って・・・・?!

 どういう根拠で、こういう値段がつくのでしょう。しかも1円レベルまで細かく設定されています。

 読むのが目的ではないということはわかるのですが、まったく理解不能です。
by stochinai | 2009-03-13 19:05 | つぶやき | Comments(2)

WWWの二十歳の誕生日

 今日はWWWが誕生してから20年目の誕生日なのだそうです。

Happy 20th Birthday, World Wide Web

CERN on March 13 celebrates the 20th anniversary of a proposal entitled, "Information Management: A Proposal," by Tim Berners-Lee, which would become the blueprint for the World Wide Web

 誕生の地であるCERN(セルンと発音する人が多いようです:欧州合同原子核研究機関)では、日本時間の今日の夜10時からWeb誕生20周年を記念したイベント「World Wide Web@20」を開催し、ネットでの中継も予定されています。


WWWの二十歳の誕生日_c0025115_1750574.jpg
・ The celebration will be webcast (streamed both by CERN and the French newschannel lci.fr from 14:00 CET).
・ For broadcasters: Eurovision will broadcast the event at 19:00 CET: details.
・ For those at CERN the event will also be relayed to the Main Auditorium, the AB auditoriums in Meyrin and Prévessin, the Council Chamber, the AT auditorium and restaurant 2.
 ストリーミング・サイトはこちらです。日本時間13日の夜10時に動き出すはずです。ワクワク。現地時間のスケジュールがこちちらで、14時が日本の夜10時です。
* 14:00: Welcome by Professor Rolf Heuer, Director General of CERN
* 14:05: Panel: The history of the Web with Ben Segal, Jean-Francois Groff and Robert Cailliau
* 15:00: Demo of the NeXT computer on which Tim Berners-Lee developed the Web and which was also the first Web server
* 15:15: ** break **
* 16:00: Keynote: Tim Berners-Lee
* 16:30: Panel: The future of the Web with Chris Bizer, Stephane Boyera, Dan Brickley and Tom Scott
* 17:00: Close
 CERNでは、世界最初のウェブサイトのアドレスが今でも生きており、もちろんこの誕生パーティのことを紹介しています。

 http://info.cern.ch/が、その記念すべきサイトです。上に紹介した手書きのロゴと同じものがありますから、クリックしてみてください。

 WWWの生みの親であるTim Berners-Leeの書いた、WWWの提案書が書かれたのが20年前の今日であるらしく、実際のWWWが動き始めたのは翌年の1990でした。

 ここに彼の書いた提案書の1ページ目が紹介されています。
WWWの二十歳の誕生日_c0025115_17594281.jpg
 その提案書自体がウェブページとしてここにあります。思い返せば、昔のウェブってみんなこんな雰囲気でしたね。今から見るとダサ過ぎますけれども、自分でもすぐに書けてウェブでアクセスできた時には、いたく感動したものです。
WWWの二十歳の誕生日_c0025115_1823295.jpg
 そして、世界最初のサーバーは今から見ても立派なアップルを一時的に追い出されていたSteve Jobs が作ったNEeXTだったということで、これがその実機です。
WWWの二十歳の誕生日_c0025115_1810462.jpg
 さすがにNEeXTの能力は高かったようで、当時のサーバー機で使っていたブラウザー画面だというこれは、今から見てもまったく見劣りしません。
WWWの二十歳の誕生日_c0025115_18141825.jpg
 3年後にはこうなったそうですが、あまり変わりません。いかに完成度が高かったかがわかります。
WWWの二十歳の誕生日_c0025115_181867.jpg
 ともかく、これがなければ今日の我々の生活はないわけですので、その貢献度たるや想像を絶するものがあります。

 ノーベル賞どころではないですね。
by stochinai | 2009-03-13 18:24 | コンピューター・ネット | Comments(6)
 インフルエンザにかかったというだけで、それがヒトへの感染拡大が危惧されているH5N1でなくとも、何十万羽も処分されてしまうほどの反応をしてしまうのが日本という国ですが、ドイツではたまたま撃ち落とされたカモを調べてみたらH5N1ウイルスに陽性だったという、ある意味なんとも「のどかな」ニュースが送られてきました。

 情報源は、新型インフルエンザ・ウォッチング日記さんのところです。

撃ち落としてみたらH5N1! (鳥インフルエンザ ドイツ)

 元ネタはmsnbcなのですが、あまり詳しくありません。

Deadly bird flu strain found in Germany
EU executive says the infected wild duck is the first case of disease in ’09


 高病原性のトリインフルエンザがドイツで発見された。
 EU幹部は野生のカモの感染は2009年になって初めての報告だと語っている。

 全文引用しても良いくらいの短さですが、重要な情報はこれだけです。
BRUSSELS - The European Commission says a wild duck shot in the German state of Bavaria has tested positive for the lethal H5N1 strain of the bird flu virus.
 「ブラッセル発 EUの委員会がドイツのババリア州で撃ち落とされた野生のカモが致死性のH5N1型のトリインフルエンザ・ウイルスを持っていたと発表した」ということです。これはEU内の27のブロック(国)で、今年最初に見つかった例になり、2008年の2月にイギリスで11羽のトリからウイルスが見つかって以来のできごとになります。

 ドイツの関係者はウイルスの拡散が起こっているかどうかを確認するための調査を開始したということですが、その後の発表がないところを見るとどんどん見つかるというような状況ではないのかもしれません。

 ドイツには食用として家禽化されたカモであるアヒルの養殖が行われており、2年前にはそこで死んだアヒルからH5N1ウイルスが検出されて大騒ぎになったこともありますが、現在のところ発症はもちろんウイルスが検出されたという話も聞きません。しかし、たまたま撃ち落とされたたった1羽のカモがウイルスを持っていたということは、ウイルスは意外と広範に拡がっているのかもしれません。それにもかかわらず、発症の報告がないのはトリたちはすでにH5N1に対して免疫状態を獲得しているという可能性があるのかもしれません。

 もし、そうならばたとえウイルスがいても感染が拡大することはないかもしれません。野生のトリは高病原性のウイルスに感染した場合、死んでしまうか打ち勝って免疫になるかという結果になります。免疫になっていれば、ウイルスはその身体の中で増殖することができませんので、感染はそれほど拡がらないはずです。

 ヨーロッパでの野生のトリの間では、すでに免疫状態が広まっているのだとしたら、喜ぶべきことです。

 いたずらに病気の出現を恐れるばかりではなく、健康なトリを調べることも大事だという教訓になったと思います。
by stochinai | 2009-03-12 20:10 | 医療・健康 | Comments(3)

日の光今朝や鰯のかしらより            蕪村


by stochinai