5号館を出て

shinka3.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2009年 08月 ( 53 )   > この月の画像一覧

 もはや取り上げるには遅すぎるきらいもある酒井法子事件ですが、これだけ大騒ぎしたあげくに起訴猶予などという脱力的な顛末になりそうな気配もあります。とはいえ、同じような事例をこりずに繰り返している我々はそろそろ目を覚ます必要があるのではないかと思い、思い指を動かしながらキーボードに向かっています。

 そもそも、酒井法子という女優を「清純派」として売り出そうとしたのは誰なのでしょうか。また、その宣伝文句にまんまとだまされて、彼女を清純な人間だと信じ切っていたのは誰なのでしょうか。

 もしも本人自らが進んで自分を清純派女優として売り出そうとしていたのだとするならば、とても堅気の商売とは思えない「サーファー」などという人と結婚することを世間に公表するはずがないと思われますので、どう考えても彼女は自分が清純派女優であることを自覚していたとは思えません。もし、自分から清純派女優を売り物にしようと考えていたならば、その虚像を壊すことのない日常生活を送るのがプロというものです。(注記:寡聞にしてプロのサーファーというものが日本にいるとは思わなかったので、サーフィンをするだけで生活できる「サーファー」というれっきとした職業があるのだとしたら、お詫びして訂正します。)

 とするならば、彼女に貼られた清純派女優というレッテルは、彼女を売って金儲けをたくらむプロダクションやテレビ会社などの営業戦略に過ぎなかったのだと思います。それに、まんまと乗せられた我々の多くはただの愚か者だったということです。

 彼女個人としては清純派女優として売り物にされることに反発していたに違いありません。その結果、サーファーとのできちゃった結婚を公表し、その後は足首に刺青を入れたり、誰が見てもはしゃぎすぎと思えるようなクラブでDJをする姿を録画されてYouTubeに投稿されるなどという、いわゆる不良的な行動を人目にさらすことを意図的に行っていたのではないかとすら推測されます。少なくとも、清純派を装うことを努力してはいなかったことは明らかです。

 清純派女優として売り出されそうになり、自らそれを破壊して本人は楽になったのではないかと思われる存在として、私は沢尻エリカを思い浮かべてしまいます。「パッチギ」を見た時の彼女の印象は、私にとっては清純派そのものでした。しかし、その後の「エリカ様」報道などによって、それが意図的に作られたものであるということが赤裸々になりました。逆に、彼女はそのように清純派として祭り上げられそうになった状況を自分で打破したのかもしれません。

 一方、酒井法子はそれほど強くなかった、あるいは積極的でなかったため、人が自分のことを清純派と思い続けるならばそれは勝手にすればよいと放置したのではないかと思われます。「この世界」では自分から破壊しない限り、自分の虚像を作り上げ商売に使おうとする力の方が強いので、結果として今日に至るまで酒井法子=清純派女優のイメージが温存され続けてきたのだと思います。

 彼女の周辺あるいは彼女自身のスキャンダルは散発的には出ていたようですが、彼女のイメージを破壊するところまで至らなかったのは、彼女の中にもあえてその状況を壊さずに、できればそれを利用しつつ自分の利益につなげようという気持ちがあったからかもしれません。

 いずれにせよ、今になって出てきた彼女の「真の姿」は清純派女優とはほど遠いものがたくさんあったにもかかわらず、今回の事件が起こるまで彼女は清純派として扱われ続け、事件が起きた瞬間に「あの清純派女優に何があったのか」という扱いになり、数日後には「あの『清純派女優』は実は・・・」という、いわば「お約束の事件報道」が、デジャブのように今回も繰り返されているというのが私の印象です。

 覚醒剤を使用するなどという違法行為は、淡々と処罰されるべきものだと思います。しかし、覚醒剤に手を出した彼女には清純派女優としての自覚がなかったことは明らかであり、清純派女優がファンの期待を裏切ってそうした行為に及んだという非難はまったく当たらないと思います。

 イメージが壊れたのではなく、最初から無かったイメージを本人の意図とは無縁のところで勝手にまつりあげ、商売にしアイドルとして期待したプロダクション、映画会社、テレビ局そして消費者としての我々の責任も問われなければならないのだと感じています。

 こうした構造の中で、我々は何人の若者の青春を破壊してきたのでしょうか。そろそろこうした悪循環を断ち切って、成熟した「芸能」の世界を作っていきたいと願うものです。
by stochinai | 2009-08-11 23:54 | つぶやき | Comments(8)

嘆いている暇はない!

twitter 5goukan でつぶやいたのですが、こちらでもご紹介いたします。

 カラパイアさんからの情報が、「【動画】 これはすごい!!永久保存版、高画質で見る「空から見た地球」フルバージョン」だったので、美しい地球の映像を見せてくれるのかと思ったら、画像は美しいことこの上もないですが、「真剣に環境問題を考えてください」映画でした。

 もともと、劇場公開も視野にいれて作られた映画だったようで、予告編もあります。短いのでまずは、これをどうぞ。



 Conyさんに教えてもらったのですが、オフィシャル・ホームページもあります。

  映画「HOME 空から見た地球」のオフィシャルサイト

 そこの説明によると、「映画史上初!2009年6月5日の世界環境デーに、世界88カ国の全メディア(映画館・TV・DVD・インターネット)で一斉公開されます」とのことです。ちっとも知りませんでした。

 本格的というか、かなり芸術性の高い映画なのですが、なぜに無料公開できるかというと最初の画面ですぐにわかります。ファッション関係の大スポンサー群がついているのです。

 それにしても、DVDで売っているものが全編YouTubeで公開というのも、なかなか気前の良い話だと思っていたのですが、Amazonの書評を見るとGoogleがスポンサーに加わったためにこういうことになったのだそうです。ちなみにAmazonのDVDは3909円です。
嘆いている暇はない!_c0025115_20174231.jpg
HOME 空から見た地球 [DVD]

 ナレーションは英語で字幕なしなのですが、映像を見ているだけでだいたいの意味はつかめると思いますし、ある意味言っていることは最近ならば「常識」と化していることばかりなので、それほど気にしなくて良いと思います。

 後半になると言いたいことが字幕で出たりもします。
嘆いている暇はない!_c0025115_20211820.jpg
 水が足りない。
嘆いている暇はない!_c0025115_20214089.jpg
 10億人が飢えている。
嘆いている暇はない!_c0025115_20221717.jpg
 森が消えていく。などなど、悲観的なことばかりが出てきますが、それだけで終わらないところがこの映画の救いです。このあと、「悲観している暇はない」と言いながら、すでに行動に移されている世界の取り組みが次々と出てくると、がんばればなんとかなるかもしれないという気持ちにさせられます。さすがに映像の力はすごいです。

 エンドロールの長さを見ると、この映画にどのくらいすごいお金と時間と労力がかかっているかが想像できるのですが、最後の最後にこのマークが出てきて、なんとなく「腑に落ちた」感じがしました。
嘆いている暇はない!_c0025115_20252181.jpg
 それにしても、恥ずかしながら国連の組織でUNEPというのは知りませんでした(^^;)。

 まあ、お説教くさいところがないわけではありませんが、映像だけはなく音楽も素晴らしいですので、環境ビデオとしても十分楽しめます。

 映画館に行かなくても、DVDを借りなくても見れる「夏休み映画」としてお勧めです。
by stochinai | 2009-08-10 20:34 | 環境 | Comments(0)
 別に深刻な事態になったというわけではないのですが、こんなエラーが出るのは珍しいと思いましたので、記念に貼り付けておきます。

エラー・アイコン・パレード_c0025115_19233866.jpg
 もちろんLANケーブルのコネクタも接続しているケーブルも1つだけです。

 今日は何かの記念日で、Microsoftがサービスしたのだとしたら、感動ものです。それとも、吹き出しの出ているものだけが「本物」で、あとは「影武者」だったりしますかね(笑)。

 それとも、単なる熱暴走か?
by stochinai | 2009-08-10 19:28 | スマイル | Comments(0)

函館港の船たち

 JRの出発時間までに1時間ほど余裕があったので、駅裏から函館港を見に行きました。朝市の方には人がひしめいているのですが、こちらはほとんど人がおらず、ゆっくりと眺めることができました。

 まずは、昨日も見た摩周丸の後ろ姿です。
函館港の船たち_c0025115_22142895.jpg
 画角には函館山もはいっていて、本来ならば良い景色のはずですが左の大きな建物がちょっと無粋な感じです。

 最初は港の中をすいすいと走るヨットを見ていたのですが、よく見ると向こう岸の西埠頭には営業不振で一度運行を停止した「なっちゃんRera」が停泊しています。どうやら、期間限定で運航中のようです。
函館港の船たち_c0025115_2221243.jpg
 双胴で先頭に開いた大きな口が印象的なユニークな船ですが、やはり交通機関として考えると今の時代には難しいのかもしれません。

 さらに右に目を移すと、赤い大きな船が目に付きます。船名が確認できたので、調べてみると7月17日に進水したばかりの船のようです。
函館港の船たち_c0025115_22252431.jpg
船名:GLOBAL GARLAND(グローバルカーランド)
船主:NYKグローバルバルク㈱
船籍:パナマ
総トン数:約19850トン
載貨重量トン数:約31930トン (情報はこちらからです。こういうことがすぐにわかった時に、ネットの力を感じます。)

 昨晩見たのと比べるとずいぶん小さいですが、イカ釣り漁船です。
函館港の船たち_c0025115_22295364.jpg
 このサイズの船がイカ釣りの主力なのかもしれませんね。たくさん並んでいます。
函館港の船たち_c0025115_22312914.jpg
 集魚灯もじっくりと見ることができましたが、大きなランプと小さなランプが並んでいるのは初めて知りました。波長の違う光を出すためでしょうか。それとも、目的に合わせて光量を調節するためでしょうか。
函館港の船たち_c0025115_2233621.jpg
 確かにこれだけ大きなライトを点灯するためには電気代(そのためのガソリン代)がかなりかかりそうです。消費電力が極端に少ないLEDの集魚灯も開発されていると聞きますが、一方ではイカ資源が枯渇しないような保全型の漁業も考えないと、いくらイカ漁の技術が発達しても、イカがいなくなっては笑い話にもなりません。

 それにしても、JRの旅がこんなに疲れるものだとはすっかり忘れていた気がします。昔は、札幌から水俣までJRを乗り継いで往復したのですけれどもねえ。

函館港の船たち_c0025115_22415785.jpg

by stochinai | 2009-08-09 22:46 | 札幌・北海道 | Comments(2)
 今日は日本動物学会北海道支部大会が函館であったため、朝一番のJRで札幌を発ちました。札幌駅を7時に出ても、函館駅に着いたのは10時15分頃です。それからなんやかんやと時間がかかり、函館では単に「北大」と呼ばれている水産学部キャンパスに着いたのは11時頃でした。

 会場では缶詰状態なので逃げ出すところもありません。遅れて参加しましたが、そこからは真面目に一般講演、支部役員会、支部総会、午後の一般講演、懇親会とノンストップで参加しました。今日中に札幌へ帰る組のためのJR最終便が午後7時42分ということで、札幌へ戻る人と一緒に函館駅まで来ましたが、私はさすがにJRで日帰りする体力と気力がありませんので、函館で一泊することに。

 思い返せば、2003年に動物学会の全国大会が函館であったので、函館はそれ以来でした。知り合いはみんな帰ってしまいましたので、ひとりで港の周辺を散策しました。

 ホテルからまっすぐ海へ向かうと、繋留保存されている青函連絡船の摩周丸があります。それほど時間は遅くないのですが、ごく少数の釣り人を除くとほとんど人がいませんので、ゆっくりと眺めることができました。
開講150周年行事の函館で_c0025115_2351291.jpg
 煙突に書いてあるロゴはJNR(JRになる前の国鉄)です。かつては、この船には何度も乗って本州との間を往復したものです。当時は札幌から函館まで4時間以上かかっていたと思います。そして、青函連絡船が4時間、そこから東京までまた鉄道で10時間くらいかかっていたのではないでしょうか。札幌東京間の移動で1日がつぶれます。今なら日帰りも普通ですが、当時は東京へ行くだけでも3日がかりの出張でした。

 1986年1月には、青森から函館へと向かう連絡船の中で、スペースシャトル・チャレンジャー号の事故のニュースを聞きました。連絡船のことを考えるたびにその時の光景が目に浮かびます。
開講150周年行事の函館で_c0025115_23564142.jpg
 西波止場の方に少し歩くと、出航前と思われるイカ釣り漁船が停泊していました。おじゃまにならないように、写真を撮らせてもらいました。
開講150周年行事の函館で_c0025115_2359476.jpg
 さすがにプロ仕様の船にはなんとも言えない機能美があります。しばらく見とれていました。

 不思議なことに、赤レンガ倉庫のレストラン通りの方にいってもレストランの中には人がそこそこはいっているものの、意外なほどに人通りが少ないと感じました。おかげでゆっくりと散歩ができたのですが、いつもこんなものなのでしょうか。
開講150周年行事の函館で_c0025115_043147.jpg
 人の少なさはこんなイメージです(笑)。

 しばらく歩いていると、海の向こうからにぎやかな音が聞こえて来ます。コンサートでもやっているような雰囲気です。
開講150周年行事の函館で_c0025115_06845.jpg
 この像の向こうには、函館湾に浮かぶ緑の島があり、どうやらそこで海港150周年イベントが行われているせいで、こちらには人が少なくなっていたという事情のようです。

 おかげで、静かな港を満喫できました。
開講150周年行事の函館で_c0025115_08758.jpg
 明日はのんびりと札幌に帰ります。

 では、おやすみなさい。
by stochinai | 2009-08-08 23:57 | 札幌・北海道 | Comments(0)

植物園の温室

 札幌の西の方まで自転車で出かける所用がありました。比較的早い時間に用事が済んで、汗をかきながらも夏の自転車乗りを楽しんで帰る途中、植物園が開演中の時間であることに気がつき、寄り道をすることにしました。

 意外と観光客の姿も少なく、短い時間でしたが、のんびりと歩きまわることができました。
植物園の温室_c0025115_2011612.jpg
 北ローンです。こちらの地図を参照してください。

 灌木園には珍しい白い花のハマナス(シロバナハナマス)が咲いていました。
植物園の温室_c0025115_2051994.jpg
 バラ園から南ローンへ抜ける自然林の道ばたに咲いていた猛毒のトリカブトです。
植物園の温室_c0025115_2064224.jpg
 エゾトリカブトかどうかはわかりません。

 南ローンです。
植物園の温室_c0025115_207421.jpg
 植物園の南東の隅にある温室にも入ってみました。

 幹にものすごいトゲの生えた木(トックリキワタ?)は、前にも見たことがあったのかもしれませんが、こんなものは見る度にびっくりします。
植物園の温室_c0025115_2093918.jpg
 温室の中の池にはスイレンが咲いていました。
植物園の温室_c0025115_2010876.jpg
 温室の外には、ハスのコレクションがあるのですが、花が咲いているものは少なかったです。
植物園の温室_c0025115_2011921.jpg
 ハスとスイレンは見たところ水の中から首を出して咲くところが似ているのですが、花の中央に将来「ハスの実」になる花托があることで見分けられるという話を聞いたことがあります。この花の中心部には確かに独特の構造があります。

 そして、それがやがてハスの語源となる蜂の巣によく似た実になります。
植物園の温室_c0025115_20173662.jpg
 こうして写真を撮っていると、なんとなく夏休みっぽいですね。

 さて、明日は函館です。
by stochinai | 2009-08-07 20:20 | 札幌・北海道 | Comments(0)
 考えてみればtwitterだって、サーバーを持ったサービスですから落ちることも想定していなければなりませんね。

 それにしても、空気のように軽い存在だったtwitterが落ちるなんて、不思議な感じがします。

 世界中が大騒ぎになっているのでしょうか?

【追記】
 やっぱり、落ちていたんですね。DoS攻撃を受けていたようです。こちらに状況報告があります。8月6日分をごらんください。

Ongoing denial-of-service attack 6 hours ago

We are defending against a denial-of-service attack, and will update status again shortly.

Update: the site is back up, but we are continuing to defend against and recover from this attack.

Update (9:46a): As we recover, users will experience some longer load times and slowness. This includes timeouts to API clients. We’re working to get back to 100% as quickly as we can.

Site is down 7 hours ago

We are determining the cause and will provide an update shortly.

Update: we are defending against a denial-of-service attack.

 なんだか、戦場からのレポートのようでこわいです。とりあえず回復して、一安心。
by stochinai | 2009-08-06 23:24 | コンピューター・ネット | Comments(0)
 再来年、日本動物学会が旭川で開かれる予定になりました。旭川には動物学会の会員はあまりおられないので、札幌周辺の会員が地元会員の方の協力を得て運営という形になるものと思われます。

 最近は、あちこちの学会で全国大会には、地元の高校生や一般市民向けの企画を提供することが多くなってきています。しかし、高校でこうしたプロの学会で発表できるほどの活動をしているところはそれほど数が多くなく、また高校のクラブ活動だと動物学会も植物学会も同じ生物クラブの活動のことが多く、場合によっては理科クラブといって、物理化学生物地学がぜんぶで一つのクラブになっているケースさえありますので、あちこちの学会からお呼びがかかってもそうそう対応できるものではなく、だんだんと高校側でも「疲れ」が出てきているのか、たとえポスター発表でもつらそうに思えることもあります。

 また市民向けの講演会にしても、学会が「アリバイ作り」のために行うようなケースも目立ち、大きな会場には「市民」はほとんどおらずにサクラの古参学会員と駆り出された学生会員だけというようなものを目撃したことも幾度かあります。

 こうしたことは、ひとえに高校や市民と学会のコミュニケーションの悪さに原因があることはすぐにわかりますが、これを打破するためにはまず学会が何を期待されているのか、または期待されることがもしもあるとすればどんなことなのかをリサーチするところから始まるものと思います。

 もともと研究者の集まりである学術系の学会では、そうしたことが苦手な人が多いわけで、その学会が「市民向け」と考えて企画すること自体がもはや能力を越えているとも言えるので、こういう時こそ科学コミュニケーターの力を借りるべきなのでしょうが、あちこちの学会の動きを見ていると、たとえコミュニケーターを使ったとしても、企画までは学会が立てて実行部分をコミュニケーターに投げるというケースが多いようです。

 まあ、それでも誰もこないような講演会を「やるだけは、やりました」などというのに比べればはるかにましな結果が得られるでしょうが、どうせやるなら一人でも多くの高校生を含む地元の人に喜んでもらえる企画を考えたいと思います。

 というわけで、まだ2年後のことなのですが、北海道の旭川で日本動物学会が開かれるとしたら、地元の方々はどんな企画を希望するのかを考えています。

 「動物学会 旭川」と言えば、すぐに旭山動物園が浮かんでくるのかもしれませんが、旭山動物園は地元の人には「企画」にはなりにくいくらい馴染んでしまっている存在ではないかと危惧されます。逆に、全国から集まる動物学会員にとっては「旭山動物園」は目玉になるかもしれませんが、それでは地元の方々に公開する企画とはちょっと違うものになってしまいます。

 というわけで、「動物学会 北海道 旭川 高校生 市民」などというキーワードから、どんなことが連想されるのかについて、お知恵を拝借したいと思います。そもそも、動物学会と聞いてその中身を想像されることと、学会員が研究していること、学会で発表されることのギャップも実はものすごく大きいことは認識しております。動物園と関係のある研究をしている会員などは、ほとんどおりません。

 というわけで、一般公開企画というものはとても難しいと思っているのが私の実感なのですが、とりあえず今週の土曜日に函館で開かれる動物学会北海道支部大会で2011年度旭川大会の2回目の打ち合わせがあります。現時点では、ほとんど白紙ですので何かよいアイディアがあったら是非とも教えていただければ、と思います。

 私も、ない頭を振り絞っております(^^;)。
by stochinai | 2009-08-06 21:48 | 生物学 | Comments(9)

名古屋から札幌へ

 名古屋大学へは9時頃着いたのですが、今日はオープンキャンパスということで高校生の姿も目立ちました。気温はすでに30℃を越えていたのではないでしょうか。いずれにしても、名古屋には猛暑が似合います。
名古屋から札幌へ_c0025115_20105624.jpg
 この校名表示から図書館まで歩く間に、蝉時雨とたくさんの蝶の乱舞に迎えられました。

 これほど近くで蝶の写真をとったのは初めてのような気がします。
名古屋から札幌へ_c0025115_20145745.jpg
 カラスアゲハでいいんでしょうか?北海道に比べると、昆虫の数も種類も圧倒的に多いような気がします。

 暑さから一刻も早く逃れたいのと札幌で仕事が待っていることもあり、講演会の後はすぐにおいとまして、早めに着いたセントレアでは、早い便への変更を訪ねてみると、たくさん空いていますとのことだったので、1時間早い便に変更してもらいました。

 セントレアに来たら、ラウンジで無料のビールを飲まないわけにはいかないでしょう、ということで駆けつけ2杯のビールを飲んで機上の人となりました。

 なるほど、空席だらけです。
名古屋から札幌へ_c0025115_20195653.jpg
 名古屋も梅雨は明けたということですが、空に上ってみると夏らしい積雲が。
名古屋から札幌へ_c0025115_20205555.jpg
 真昼のビールのせいか、気がついてみるともう苫小牧の上空まで来ていました。写真は苫小牧厚真発電所付近だと思われます。
名古屋から札幌へ_c0025115_20213694.jpg
 札幌駅では社民党の福島瑞穂党首が演説会の前らしく、歩道で握手作戦を展開していました。昨日は民主党の菅さんも札幌だったようで、夏の選挙だとみんなこちらに来たいことでしょう。今回の選挙では、北海道が選最重点地域になりそうです(笑)。

 ともかく、暑さの中(自分も含めた)どちらさまもお疲れさまでした。
by stochinai | 2009-08-05 20:27 | 札幌・北海道 | Comments(5)

名古屋で異次元空間発見

 昨年と同じ目的で、また名古屋にきております。名古屋には何度も来ているはずなのですが、ちっとも「通」になれません。というわけで、目的もなく駅周辺を散策してみました。

 犬も歩けば棒にあたる。予想もしていなかった美しいオブジェに出会いました。
名古屋で異次元空間発見_c0025115_22191186.jpg
 内側に光源があり、筒にくり抜かれた様々な模様がとても美しい、夜にならなければ鑑賞できない作品です。
名古屋で異次元空間発見_c0025115_22225330.jpg
 そばに寄ってみました。

 今度は、庭全体の中において撮してみました。
名古屋で異次元空間発見_c0025115_22254632.jpg
 あとで調べてみると、やはりここのシンボルだったようです。
名古屋で異次元空間発見_c0025115_22283337.jpg
 そのタワーに入ってみました。

 さすがに、外にあるシンボルに負けない未来空間になっています。
名古屋で異次元空間発見_c0025115_2230321.jpg
 地下に降りる階段やエスカレーターがあり、駅までつながっていそうなので、そこを通って帰ろうと階段を下りてビックリ。
名古屋で異次元空間発見_c0025115_2232723.jpg
 メルヘン通路になっていました。
名古屋で異次元空間発見_c0025115_2232441.jpg
 なるほど、ルーセントアベニューと名付けられた回廊なのでした。
名古屋で異次元空間発見_c0025115_22341086.jpg
 300メートルくらいあるようですが、飽きません。
名古屋で異次元空間発見_c0025115_2235559.jpg
 店もない、「ただの通路」ですが、歩くだけで幸せな気分になります。
by stochinai | 2009-08-04 22:40 | つぶやき | Comments(1)

日の光今朝や鰯のかしらより            蕪村


by stochinai