5号館を出て

shinka3.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2009年 08月 ( 53 )   > この月の画像一覧

 今までに知られているエイズウイルス(HIV human immunodeficiency virus)には、HIV-1とHIV-2の2つの大きな系統が知られており、エイズの主な原因となっている前者はさらに3つの系統に分かれるものの、そのすべてがチンパンジーのウイルス(SIV simian immunodeficiency virus)が、20世紀初頭のコンゴ地域でヒトに感染したことが発端となり、その後さらに進化を続けながらヒトからヒトへの感染が広まったものと考えられています。HIV-2はマンガベーやアカゲザルのSIV由来のようです。

 サルからヒトへの最初の感染に関しては、ヒトがそれらのサルの肉を食べたことが原因だろうと推測されていますが、サルの免疫不全ウイルス(SIV)はさまざまな類人猿にいることがわかっており、ゴリラにもゴリラ特有のSIVがいることはわかっていましたが、ゴリラ由来のウイルスがヒトに感染している例は今まで一例も報告されていませんでした。

 BBCニュースによれば、この度パリに住む62歳のカメルーンの女性が、今までに知られているHIVとは明らかに系統が異なり、ゴリラのSIVに近縁なHIVに感染していることが確認されました。これが、ゴリラのSIVがヒトに感染していることが発見された最初のケースになります。また、実験的にこのSIVがヒトの細胞の中で増殖することも確認されています。つまりすでにこのウイルスはSIVからHIVへと進化していると判断されます。

Scientists find new strain of HIV

 ニュースではNature Medicineに載っていると書いてあるのですが見つかりませんので、とりあえずこのソースだけで書いておきます。

 この女性はパリに来る前にはカメルーンの田舎(準都市 semi-urban area)に住んでいて、ゴリラと接触したり、野生のゴリラの肉を食べたりというような経験はないので、このウイルスの起源はゴリラだとしても、現在はおそらくヒトからヒトへという感染能力を持つように進化しており、今回もこのルートで感染したものと考えられているようです。
ゴリラ由来のエイズウイルスが発見された_c0025115_1612191.jpg
(c)photoXpress

 となると、このウイルスはすでにかなりたくさんのヒトに広がっている可能性もありそうです。あまり、はっきりとは書いてないのですが、おそらくこのウイルスでもエイズの症状を示すものと思われます。それでなければ、この患者からウイルスが見つかったということはなかなか考えにくいのです。というのは、この新しいHIVはいままでのHIV-1とはかなり異なるものなので、現在使われている抗体やHIVのDNA検査などでは検出されないため、この患者さんが今までに発見されたものとは異なるウイルスによるエイズだということが疑われて研究された結果、新しいウイルスが発見されたからです。

 ただし、このウイルスによる病気の症状はそれほど激しいものではないので、たとえそれが大規模に広がっていたとしてもパニックに陥る必要はなさそうですし、現在使われているエイズの治療薬も効果がありそうとのことです。

 しかしたとえそうだとしても、いずれウイルスが進化してエイズと同じような症状を示すようになる可能性はあるので注意は必要だというのが研究者の見解です。ヒトとヒトとの接触において直接血液や体液が混ざるというような行為を避けるという、一般的なHIVと同様の注意で感染は防げるものと思います。

 いずれにしても、野生動物の肉は危険ですので、食べる時には十分な知識が必要です。ちなみにSIVやHIVも熱で感染性を失いますので、野生のサルの肉を食べたとしても十分に調理されていれば感染は防げたのかもしれませんが、いったんヒトへ感染しヒトからヒトへの感染性を獲得した今となってはそんなことを言っても始まりません。

 インフルエンザも同じですが、ウイルス感染というのはヒト一人の問題ではなく、人類全体の問題に発展するところがコワイところです。

【追記】
 こちらに原著がありました。

Brief Communication

Nature Medicine
Published online: 2 August 2009 | doi:10.1038/nm.2016

A new human immunodeficiency virus derived from gorillas


ウイルスの系統樹(赤いところがゴリラのSIV)
ゴリラ由来のエイズウイルスが発見された_c0025115_16345195.jpg
 HIV-1の新しいグループだと思われていたものが、実はゴリラ由来の新しいグループだったということでしょうか。
by stochinai | 2009-08-03 16:37 | 医療・健康 | Comments(2)
 自民党がボロボロに負けることが予定されている今回の選挙に対しては、正直言ってあまり気が乗らないところなのですが、日本の政治を守るための義務として投票しなくてはなりません。

 今回だけ特別というわけではないのですが、投票する候補者や政党を選ぶ基準が、今までに比べると今回は比較的はっきりと判断しやすいように思われます。

 まず、現在の政権を担当している政党(自民・公明)がやってきたことを判断材料にした上で、次回の選挙では政権になって欲しい政党に投票します。特に、今回は政権の行き先がかなりの確度で予測可能な気配があるので、政党に対する投票先は決めやすいのではないでしょうか。

 次に、マニフェストや公約を比較します。

 私の興味のあるところは、研究、教育、子育て、年金・保険を含むを高齢化対策などです。

 大学を法人化したり、運営交付金をどんどん減らし続けていたり、研究費を重点化するということで最低限度の研究もできない研究室を増やしたり、最期ッペのように補正予算で2700億円の研究費を90億円ずつ30のプロジェクトに配分するなどという「愚策」を実行しようとしている現行政府のやってきたことには、まったく失策だったと感じています。だからといって、次に政府になりそうな政党が歓迎できる研究政策を打ち出しているということも聞こえてきませんので、この件に関しては現状ではどちらがベターな選択なのかは不明です。過去を見て判断ということになります。

 教育に関しては、現政権で特に安倍政権の時に、教育基本法を改正したり、「教育再生」と称して教育の息の根を止めたりしたことは許されないことだと感じています。また、自民党政権の時代に国立大学の授業料を50倍近く上げたことや、無利子の奨学金をなくしたり減らしたり、利子を付ける奨学金を導入したり、免除制度をなく大幅に縮小したり、あこぎな取り立てを始めたりしたことも大きな判断材料になります。これに関しても、各党共に似たようなことを言っているので、マニフェストによる比較で決定的な判断は無理だと思いますが、過去を見れば簡単に判断できそうです。

 初等中等教育、さらには幼児教育に関してはどこの政党もいろいろと優遇策を公約しているようですので、それほど差がないかもしれませんが、民主党が配偶者控除をなくして、子どものいる家庭に補助金を配布したり、高校の授業料を無料にするといっています。この政策は我々のような子育てが終わっている家庭には明示的な増税となるのですが、不思議と受け入れようと思えています。要するに、たとえ増税になったとしてもその結果生まれた財源がはっきりと教育などといった「受け入れられる目的」に使われるということであるならば、それは比較的受け入れられ易いということです。

 年金や保険、高齢者医療に関しては誰がやっても難しいところかもしれませんが、官僚の放漫な経営を許してきた政権の責任は厳しく問わなければならないでしょう。

 というわけで、とりあえず次の政権は民主党あるいは民主党を中心とする政権ができることになる可能性は高いと思います。その結果、意外と政権は短命に終わって政界再編が起こるような気もしており、混乱は予想されますが、それはそれで良いのだと思っています。それこそが、日本が民主国家になるための産みの苦しみとなってくれることが期待できなくもありません。

 問題は、今回投票できる選挙区に投票したくなるような候補者がいるかどうかというところで、それに関しては今までどおり消去法になりそうなところが多いのかもしれませんが、とりあえずは政権交代に一票ということになるでしょうか。
by stochinai | 2009-08-02 21:55 | つぶやき | Comments(5)

夜の動物園

 本日は、大学院共通講義「科学コミュニケーション」の最終日で朝10時から午後6時頃までかかって、「ペットボトルのリサイクル」についての提言をまとめる作業を行い、ほぼ最終案と言えるものをホームページ化するとともに発表会を行いました。

 ここまでくると、ほとんどの作業は学生諸君が自主的に進めてくれるようになっているので、我々は横で見ていてタイムキーパー役をする以外はほとんどやることはないようなものなのですが、さすがにずっとつきあっているとかなり疲れました。本当は4時半頃には終わる予定だったのですが、なんやかんやと6時頃までかかってしまいました。

 あとはビールでも飲んでのんびりしたいところですが、7がつぃ25日から8月22日までの毎週土曜日および8月14日には、札幌円山動物園が夜間公開ということで普段は午後5時の閉園を9時まで延長しているということで誘ってくれる人がありましたので、少し遅れて合流させてもらいました。

 7時ちょっと前に着いた時にはまだ暗くはなっていなかったのですが、さすがに夜行性の動物たちは活発に動いていました。

 まずは、借り物で今年限定公開のコモドドラゴン。飼育係の本田さんの解説付きです。
夜の動物園_c0025115_0172479.jpg
 つい先頃、有毒トカゲと認定されたコモドドラゴンですが、本田さんの腕をぺろぺろなめるなど完全にコントロールされていたのはさすがでした。

 続いて夜行動物の代表といえばネコ化の猛獣類です。

 完全にリラクライオン状態になっていたオスの後足の肉球です。
夜の動物園_c0025115_020554.jpg
 ライオンの檻には、昨年生まれた双子と親の4匹が所狭しという感じでひしめいていましたが、隣の折ではトラが一匹で寂しそうでもなくのんびりとしていました。

 大きさといい落ち着きといい、ライオンと比べると格上の感じで、ライオン一家をにらみつけておりました。
夜の動物園_c0025115_021512.jpg
 近くには、子猫のようなユキヒョウの双子もいたのですが、こちらは親子共々寝ており、写真にならず。

 続いて、屋外のホッキョクグマツインズと母親のララ。ホッキョクグマは夜行性ではないらしく、一匹の子熊が水の中で木の枝と格闘をしているのを尻目に、母親ともう一匹の子熊はだらけておりました。向こうがララで、こちらがツインの一匹です。まったく見えませんが、左側に暗く見える水の中で、いたずら坊主が暴れています。
夜の動物園_c0025115_0242216.jpg
 かなり久しぶりの動物園でしたが、喉も渇きお腹も減ってきましたし、年間パスポートもたった1000円で購入してありますので、未踏ヶ所をたくさんを残しつつ夕食先へと向かいました。

 お食事は円山界隈では知る人ぞ知るという、けっこう有名な某所です。
夜の動物園_c0025115_0274563.jpg
 食事が終わって店を出ると、やっぱり雨でした。この不順な天気はいつまで続くんでしょうか。

 今日は、久々にネット上のエア動物園を抜け出して、リアルに動物たちと接することができました。お誘いくれた方々に、感謝いたします。今度は、夏休みが終わって子ども達もいなくなったころの平日の昼間にでも来てみたいと思います。(と言いながら、いつになることやら・・・。)
by stochinai | 2009-08-01 23:52 | 札幌・北海道 | Comments(0)

日の光今朝や鰯のかしらより            蕪村


by stochinai