5号館を出て

shinka3.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2009年 09月 ( 60 )   > この月の画像一覧

 まず、この地図をご覧ください。この地図の中で緑で表されている領域は紀元前5500年から5000年くらいの時期に農耕が行われていた領域を示しています。
c0025115_23261067.jpg
 これって、数日前にお見せしたこの地図と似ていると思いませんか。
c0025115_20543473.jpg
 こちらはコンピューターシミュレーションで、図の中で赤い中心のあたりで遺伝子の変異を持ったヒトが出現し、ヨーロッパに広がって行った様子を示したものです。この変異を持った人はおよそ7500年くらい前(つまり紀元前5500年くらい前に出現したとされていますので、このふたつの地図が重なるのは両者の結論の正しさを示しているともいえるように思われます。

 また、上の図の中に赤い四角で表されているのは、ミトコンドリア遺伝子の解析からわかった紀元前13400年から紀元前2300年の狩猟民族の骨が出てきた場所です。そして、黄色の丸で表されているのはその後に出現した農耕民族の骨が出てきたところで、色が違うのはこの2つの民族に遺伝的連続性がない、すなわち農耕民族は狩猟民族がいなくなった(あるいは追い出した)後に、別の場所から移住してきたことを示しています。

 上の図は今日のScienceOnlineに登場した論文に出ているものです。

Published Online September 3, 2009
Science DOI: 10.1126/science.1176869

Genetic Discontinuity Between Local Hunter-Gatherers and Central Europe’s First Farmers

B. Bramantiほか多数


 この論文の内容もタイトルに示されているとおりで、ヨーロッパで大昔に農耕を開始した人達は、それまで同じ地域で狩猟をして生活していた人達とは遺伝的連続性がない、つまり別の場所から移住してきた人であるということを示した論文です。

 古い遺跡から発掘された骨のミトコンドリアDNAを解析してわかったこの結果は、先日書いた「乳糖耐性遺伝子変異はいつどこで起こったがが推定された」に登場する、ヨーロッパで最初に牧畜・農耕を始めた人達がどこか別の場所から移住してきた人達であることを示しているというわけです。

 また、同じ論文には現在のヨーロッパ人は、この狩猟民族とも農耕をしていた人々とも遺伝的関係がないということが示されていますので、今現在ヨーロッパに住んでいる人達もまた、農耕民族がいなくなった後あるいは、先住の農耕民族を追い出して住み着いた集団であるということも推測されるということになります。

 こうやって続々と人類史が生物学的に解析されてくると、なんだかワクワクしますね。
by stochinai | 2009-09-04 23:52 | 生物学 | Comments(1)

9月3日のtwitter

Thu, Sep 03


  • 18:48  イギリス(イングランド・ウェールズ)で絶滅地域に養殖したトカゲをリリース(動画あり):日本のトキみたいですが、移入種にはならないのかな? http://oneclip.jp/2PFQFI

  • 17:21  昨年度の国立大利益771億円:京都大が68億円で2年連続トップ、2位北大49億円、以下東北大45億円、東大42億円:少しはお裾分けを^^;)  http://oneclip.jp/3ohrpM

  • 16:53  取り下げられた論文はこちら:Nature Genetics 33, 527 - 532 (2003) http://oneclip.jp/UnqnmX

  • 16:52  Nature genetics に載っていたてんかんと特定遺伝子の関係を示したとされるを有名論文(被引用多)が取り下げ。再調査の結果間違っていることがわかりました。Nature Genetics 41, 1043 (2009) http://oneclip.jp/JbX7qB

  • 16:22  なんと今日午後6時かでる2・7湯浅誠氏×中島岳志氏対談「どうする?21世紀の格差と貧困――年越し派遣村から見た日本社会」当日先着521人。お問い合わせ:TEL 札幌市教職員組合(011・561・2278) http://oneclip.jp/YpUXa5

  • 09:34  ピューマの赤ちゃんをペットにしたチンパンジーの子ども。以前はホワイトタイガーをぺっとにしていたらしいです(下の方にその写真があります)。 http://oneclip.jp/6IzKTr


Powered by twtr2src.
by stochinai | 2009-09-04 11:56 | コンピューター・ネット | Comments(0)

9月2日のtwitter

Wed, Sep 02



Powered by twtr2src.
by stochinai | 2009-09-03 20:42 | コンピューター・ネット | Comments(0)
 イヌの起源については、しばらく前から東アジアという説が有力ですが、つい最近、アフリカの土着犬を調べてみると東アジアのイヌと同じくらい遺伝的多様性が見られることから、必ずしも東アジア起源ということではないかもしれないという論文も出ていました。

Published online before print August 3, 2009, doi: 10.1073/pnas.0902129106

Complex population structure in African village dogs and its implications for inferring dog domestication history

Adam R. Boyko他多数


 しかし、この論文でも東アジアが起源でないとしても、アフリカにはオオカミがいなかったので、アフリカもイヌの発祥の地というわけではなさそうだ、という弱気な結論になっていました。
c0025115_19493390.jpg
 (C)photoXpress

 ミトコンドリアDNAの一部を比較して調べた今までの研究では、イヌが出現(オオカミから進化)した時期とその場所を特定するには至らなかったということで、169匹のイヌのミトコンドリアDNAの全ての塩基配列を比較するとともに、旧来と同じミトコンドリアの一部の比較ではあるものの1543匹という大量のサンプルを使った大規模な解析結果が論文になりました。(論文はオープンアクセスです!)

MBE Advance Access published online on September 1, 2009
Molecular Biology and Evolution, doi:10.1093/molbev/msp195

mtDNA Data Indicates a Single Origin for Dogs South of Yangtze River, less than 16,300 Years Ago, from Numerous Wolves

ミトコンドリアの解析結果は、世界中にいるすべてのイヌが揚子江の南で16300年より古くない時代に多数のオオカミから進化した(家畜化された)ことを示している

Jun-Feng Pang他多数


 タイトルが論文の内容すべてを表しています。ミトコンドリアDNAの全塩基配列を調べた結果、10タイプの遺伝子型が見つかったのですが、10ともが見つかるのは中国の南東部のみであり、そこから遠ざかるにつれて型の種類が減り、中国中央部では7つ、北部では5つ、そしてヨーロッパでは4つしかみつからないという勾配が発見されたので、イヌの先祖は中国南東部で生まれたと結論されています。
c0025115_20232297.jpg

 配列を比較することで、イヌの先祖の遺伝子型ができた(イヌが進化した)のは、5400年から16300年前のどこかであり(ずいぶんとアバウトですね:笑)、少なくとも51匹の雌オオカミがイヌの先祖集団だということになりました。ミトコンドリアの遺伝子を調べたので、メスの先祖のことしかわらないのですが、メスが51匹いたら普通に考えるとオスも同じくらいの数がいただろうと考えると、イヌの先祖になったオオカミは100匹以上、おそらく数百匹ということになるようです。

 実際にイヌの先祖に出会えるわけではないですが、こういう話は楽しいですね。

 ところで、人類が食肉(とミルク)を得るために牧畜を始めたのが1万年くらい前ということですが、中国や朝鮮では今でもイヌの肉を食べていることを見ても、オオカミはアジア人の食料(肉)になるために家畜化されたのではないかと、論文の末尾に書いてありました。それは、欧米人の偏見ではないかという気もしたのですが、著者には中国人を含め多くのアジア人も入っているので、どうやらそうでもなさそうです。

 また肉食のオオカミと違ってイヌは雑食です。もしもイヌが肉食だったら、イヌを食べるために肉を食べさせるというのは矛盾していますから、イヌの家畜化と雑食化はほぼ同時に起こったと考えるのが妥当でしょう。事実、イタリアのオオカミはスパゲッティを食べるそうですし、人家近くで残飯をあさるようになったオオカミが家畜化されたという考えは結構魅力的に聞こえます。

 解説記事はこちらです。

ScienceDaily
Science News
Cradle And Birthday Of The Dog Identified: East Asia 16,000 years ago
イヌのゆりかごと誕生日が16000年前の東アジアだとわかった

by stochinai | 2009-09-03 20:39 | 生物学 | Comments(0)

人間の年齢でいうと

 いろいろなニュースで取り上げられているので、もう知らない人はあまりいないと思いますが、世界最高齢のイヌが死んだそうです。

最高齢ワンちゃん、天寿全う=人間なら147歳相当-米 (時事トッドコム)
ギネス認定、世界最長寿犬が21歳で大往生 (読売オンライン)
21歳の世界最高齢犬が老衰死 NY郊外、147歳に相当 (47ニュース)

 あまりにも普通の表現なので、気にならない方も多いかもしれませんが、長寿の動物が死んだときのニュースには必ずといって良いほど(おそらく必ず)「人間の年齢でいうと何歳」ということが書かれます。上の3つのニュースのうちでも見出しにそれがない読売の記事でも、お約束どおりという感じで「21歳。自然死で、人間なら147歳に相当する大往生だった」と書かれています。

 この表現を聞く度に私は、昔放浪画家の山下清が言ったという「兵隊さんの位でいうと・・・」という言葉を思い出します。山下清のエピソードは、知的障害を持った山下清が物事の価値を判断する基準として「兵隊さんの位」に置き換えたことをある意味で「笑いもの」にしているのだと思いますが、天下のマスコミが動物の年齢を判断する基準として「人間の年齢」に置き換えることは滑稽なことではないのでしょうか。

 どんな会社の記事であっても、このような同じ言葉の羅列によって作られる記事に触れる度に、大きな虚脱感に襲われます。書く方としては、「読者・視聴者が求めている」ということで書いていると反論するかもしれませんが、少なくとも文章に値段を付けて売る商売として、その態度は堕落ではないでしょうか。

 そんなことを思っていると、夕方には大阪天王寺動物園の高齢コアラの死亡記事が出てきました。

 コアラ:国内最高齢「ハク」死ぬ 人間なら100歳 大阪 (毎日新聞)
 大阪市の天王寺動物園で2日、国内最高齢のコアラ「ハク」(雄、21歳7カ月)が死んだ。人間なら約100歳に当たる長寿だった。
 このように動物の年齢をヒトに置き換えるとわかりやすくなるのでしょうか。私にはむしろわかりにくくなります。たとえば、イヌの20歳はそうそう珍しいものではありませんが、ヒトの140歳はあり得ない年齢です。それを単に平均寿命との比較で換算することがわかりやすくするための工夫になるのでしょうか。

 イヌの寿命も伸びており、「2003年7月の調査では、イヌの平均寿命は11.9歳と、12年前(1990~1991年)の調査時より、3.3歳長くなってい」るという資料もあるようですので、イヌの寿命もヒトと同じように延びていると考えられます。

 【参考】年齢計算プログラムのしくみ

 小学生くらいの子を対象に「計算しよう、人間だと何歳?」という、半分お遊びのレベルの話ならば楽しいとも言えますが、もうそろそろ日本のマスコミも高齢動物の定型死亡記事をかくところから卒業してはいかがでしょうか。
by stochinai | 2009-09-02 19:57 | つぶやき | Comments(0)

9月1日のtwitter

Tue, Sep 01



Powered by twtr2src.
by stochinai | 2009-09-02 13:30 | コンピューター・ネット | Comments(0)

また障害?

 私は実感できなかったのですが、昨日に続いて今日もまたエキサイトに障害が出ているようです。

 <追記2>9/2朝 障害発生のご報告
9/2 6時半~8時45分にかけて、アクセスしにくい状況が発生していました。
現在、原因の調査を行っております。

皆様には、度重なる障害でご迷惑をおかけし、誠に申し訳御座いません。
詳しい状況がわかりましたらご報告いたします。


今後ともエキサイトブログを宜しくお願い致します。


<追記1>10:18
現在もアクセスしにくい状況が発生しています。

<追記2>11:37
新規開設、新着記事機能を一時停止しました。
今後、復旧作業を進める上で、緊急メンテナンスの可能性がございます。
不安定な状況が続き、ご不便おかけいたしますが、何卒よろしくお願いいたします。
 過去何年間か分のブログが飛んでしまうというような、最悪の事態に進まないことを心から祈っています(汗)。
by stochinai | 2009-09-02 12:34 | コンピューター・ネット | Comments(0)
 twitterでもお知らせしましたが、この製品はなかなかおもしろいと思います。

 Garden Watch Cam(ガーデンウォッチカム)


 コンパクトデジカメにも、間欠撮影機能のついたものがあり、たくさんのコマをつなぎ合わせてムービーにすることができることになっています。しかし、実際に何時間も時には何日もの間デジカメをそのためだけに占有されてしまうと困ることもあります。また、私も実際にトライしたことがあるのですが、電池の消耗が激しく外部電源なしには不安がありました。また、実際に長時間撮影をしたいものが屋外にある時などは、デジカメを外に放置することになり、現実的ではありません。また、撮した大量のコマをムービーにまとめる操作も面倒くさかったりします。

 そんなこんなで、デジカメの間欠撮影機能というのは意外と使われていないと思います。この簡易防水型ガーデンウォッチカメラは、そんな欠点をすべて解決してくれる機能をもった楽しい機種です。
◆製品特徴◆
画素数:1.3メガピクセル
焦点距離:マクロモード・約50cm、通常モード・約1.0m~
撮影間隔:プリセット:1分、5分、30分、1時間、4時間、24時間
カスタム:5秒から11時間59分
動画フォーマット:AVI(音声なし)
記録画素数:1280×1024画素
記録媒体:USBフラッシュドライブ(8GBまで対応)
電源:単三乾電池×4本
電源持続時間:4~6ヶ月(撮影頻度により異なる)
大きさ:9.3cm(幅)× 19.2cm(高さ)× 5.3cm(奥行き)
質量:約260g(本体のみ)
 こちらで販売をしていますが、作っているのは台湾の会社のようです。

 撮影単位毎に、JPEGで撮った画像をUSBメモリーの中のフォルダーに格納してくれ、それをまとめてAVIとして見るためのソフトが付属してくるようです。(A JPEG image stored in a single folder for easy playback and viewing as an AVI file.)

 こちらにはYouTubeにアップロードしたデモがありますので、ご覧になっていただきたいのですが、はっきり言って少々物足りないかもしれません。

 まずは植物の双葉が成長するところです。屋外のようで、時々雨がかかったりします。



 狙うものがはっきりしていないと難しいということと、マクロが意外とショボいのです。フォーカスがマクロだと50センチの固定しかないことが理由の一つかもしれません。

 次は、ヒヤシンスの開花です。まあ定番だと思いますが、途中から画面からはみ出してしまいます。



 画像は130万ピクセルということで、最近のデジカメと比べるとかなり粗いということになりますが、動画にしてしまうとそれはあまり気にならないようにも思うのですが、どこかに問題があるのかもしれません。

 次は名前はわかりませんが、青紫の花が開くところです。



 まあ、要するに「絵心」というものなのかもしれません。

 参考までにキノコが伸びるところを撮影したタイムラプス映像をつけておきます。こちらはまったく異なる機械で撮ったものだと思いますが、そういうことではなく、やはり動画には「物語」がないとダメだということが感じられると思います。ただ、撮してもダメなのです。



 この機種にはモニターがついていないというところが使いにくさの最大の原因のような気もしますが、値段が値段ですので使い捨てにするというふうに割り切っていろいろと使ってみると、今まで見えなかった自然が見えてくるかもしれません。

 2万円はちょっと悩みますね。 (そのうち、amazonで7~8000円になりそうな予感も・・・・。)
by stochinai | 2009-09-01 20:07 | 趣味 | Comments(0)

8月最後のtwitter

Mon, Aug 31


  • 21:20  @chiruru ありがとうございます。想像もできませんでした。

  • 20:09  アルビノのウナギ?belutって何語? http://oneclip.jp/Mvb5Y1

  • 19:02  双子の白クマ赤ちゃん通信:どっしり感(今日夜9時からテレビ東京「やりすぎコージー」に出演だそうです。) http://oneclip.jp/BZiWO2

  • 18:18  アルビノとまではいかないですが、色の薄いシマウマ! http://oneclip.jp/6IzKw8

  • 00:43  今回の選挙では、前の選挙で散らかったゴミを掃除することには成功したものの、新しいゴミがたくさん出てきてしまったのではないかという危惧を覚えます。

  • 00:18  双子の白クマ赤ちゃん通信:一日の始まり②今日もまた大量の写真が・・・ http://oneclip.jp/rHNtff


Powered by twtr2src.
by stochinai | 2009-09-01 16:21 | コンピューター・ネット | Comments(0)
 サーバーが落ちてたみたいです。

 9/1(火)サーバ障害発生&復旧のご報告

 エキサイトによると、「本日、9/1(火)の5時50分頃から14時40分まで」ということになっていますが、私が朝6時半頃にアクセスしたときにはここにはアクセスできた記憶があります。

 忍者ツールズをみても、ここに関してはおそらく8時過ぎから14時40分までだったようです。
c0025115_15561578.jpg
 いずれにしても、ご迷惑をおかけしました。
by stochinai | 2009-09-01 15:56 | コンピューター・ネット | Comments(0)

日の光今朝や鰯のかしらより            蕪村


by stochinai