5号館を出て

shinka3.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

病院は危険

 院内感染により患者さん4人がC型肝炎になった可能性があると札幌医大病院が発表(共同)しました。

 病院というのは、もともと病気の患者さんの多いところですから、伝染性の感染症に関していえばもっとも危険性の高い地帯です。もちろん、医師や看護士など病気に関するスペシャリストもいますから、危険地帯でありながら、感染の拡大は通常抑え込まれています。

 しかし、プロといえども人間ですので、スキもあればミスも必ず起こりますので、時として院内感染が広がることがあります。そうした場合に事故を隠すのではなく、速やかに発表するとともに対策を取ることが、被害を最小限に留めておくことと、社会的信頼性の獲得に大いに役立ちます。

 C型肝炎は血液を介して感染すると考えられています。今回のウイルスに関しても遺伝子解析をすることで、同じウイルスに感染したのか、それとも別のルートでの感染がたまたま同時に起こったのかということを信頼性高く判断することができます。

 遺伝子解析は今やいろいろなところでできますし、もちろん札幌医大でもできるのですが、その解析を「外部機関に依頼した」というところも、正しい対応と言えます。内部で解析して、「それぞれのウイルスが別々の感染経路でもたらされたものである可能性が高く、いわゆる院内感染としての病院側の責任は大きくない」などという結論を出しても全然説得力がありませんが、外部機関が同じ結論を出してくれたなら、比較的容易に信頼されると思います。

 さらに、院内感染防止委員会の下に、外部委員を加えた調査委員会を設置するという対応も好感を持たれるでしょう。

 横田めぐみさんのDNA鑑定の時や、JR西日本の事故の時にも、こうした冷静で客観的な対応が速やかに取られたならば、その後の展開はずいぶん違ったものになったような気がします。

 院内感染は不幸な事件ですが、札幌医大の対応には共感が持てました。
# by stochinai | 2005-06-17 23:07 | 生物学 | Comments(0)

反アカハラNPO

 大学教員の日常・非日常さんのところで知りましたが、アカデミック・ハラスメントをなくすネットワークというNPOがあるのだそうです。

 権威を大切にする学問を扱う大学というところは、存在そのものがアカハラであると言っても良いところがありますが、研究室などでいろいろと困ったことになっている人も多いと思います。

 だからといって、このネットワークに泣きついて事が解決するかというと、そう簡単にいかないからこそ悲劇が絶えないのでしょう。

 とりあえず、困った時にはこのネットワークのリンク集が参考になるかもしれません。

 また、このリンク集の最後を見ると、驚くほど多くの大学が研究・教育機関によるハラスメント防止対策宣言、ガイドラインや規定を持っていることがわかりますが、逆にいうと全国各地の大学にこんな立派なものがありながら、それが全然有効に働いていないということも推測されるというところが悲しい皮肉になっています。
# by stochinai | 2005-06-17 19:51 | 大学・高等教育 | Comments(0)
 6月に入ってから北大から不正アクセスがあったため、北大内からgooブログへのアクセスが禁止されていました。それと、今日の午前1時から午後5時までexciteブログがメンテナンス中ということでアクセスできません。

 私の場合、グーとエキサイトがないと読むべきところが半減してしまいます。もちろん、書くところはなくなってしまいます(涙)。

 そうこうしているうちに、なんとDoblogまでもがメンテナンスに入りました。Doblogが復活しても、gooへのアクセス禁止とexciteブログのメンテナンスが終わりません。困った。

 ブログがしばしばアクセス禁止になったり、昼間のゴールデンアワーにメンテナンスに入ったり、いきなりシステムがダウンしたりするということがしばしば起こると、このメディアの信頼性がとても不安になります。

 すごい勢いでブログサイトが増えているということと関係があるのかもしれません。無料のサービスに過大な期待をするほうが無理という声があるのはわかりますが、多くの人に日常的に利用されるようになっているサービスが不定期にダウンするようだと利用者も離れていきます。

 利用者離れというとinfoseekニュースに興味深い記事がありました。

 危ない航空会社ランク…3千人がANAに流れた!? (夕刊フジ)

 記事によると、昨日のタイヤ離脱事故もあって「国内線の利用客のうち1日に約3000人の客が日航から全日空へ流れているという」と書いてありました。まあ、この文自体が例によって「関係者によると」で始まるソース不明の怪しげなものではありますが、今の状況下で読まされるとあっさりと受け入れてしまいがちになります。

 その記事の中に興味深いデータが載っています。米国の任意団体エアセーフがまとめた航空会社別の事故死亡率データだそうです。事故死亡率とは、過去に起きた事故の死亡者の数を、機体の定員と飛行機便数をかけ合わせた数で割った比率だそうで1%を越えるとかなり危険な感じを受けます。

 その中で、全日空は0.22%なのに対して日航は1.36%です。エアドゥなどは運行時間が短いのでもちろん0.00%なのですが、世界的に見ると0.00%の会社が意外にあるのに驚きました。

 カンタス…0.00%
 フィンランド航空…0.00%
 オーストリア航空…0.00%
 ヴァージン・アトランティック…0.00%

 どれもけっこう老舗の航空会社です。やればできるものなのだと思わされます。原典には非常にたくさん載っていますが、日本関係でもこんなにあります。世界中だと何百もありそうです。

 Air Do (1998)
 JAL Express* (1998)
 JALways* (1991)
 Japan Air System Japan Asia Airways (1975)
 Japan TransOcean Air Jet Airways (1993)
 Skymark Airlines (1998)

 *がついているのは、親会社が事故を起こしているところだそうです。

 機種別のデータもあるのですが、ボーイング777やエアバスA330など4機種では、今のところ死亡事故はゼロだそうです。

 それに対して、ひどい方もたくさんあります。2%を越える会社には乗らない方が良いのではないかと思ってしまいます。

 ガルーダ・インドネシア…2.44%
 フィリピン航空…2.47%
 インディアン(インド)…3.53%
 パキスタン国際…3.84%
 エアインディア…4.89%
 中華(台湾)…7.16%
 トルコ航空…6.83%

 日航は1.36%ですから微妙なところです。あと1回でも死亡事故を起こしたら、こちらの仲間に入ってしまいます。有名会社のデータも見ておきましょう。

 ルフトハンザ…0.19%
 ブリティッシュ・エアウェイズ…0.22%
 エール・フランス…0.55%
 アリタリア・イタリア…0.73%
 KLM…0.81%
 コンチネンタル…0.18%
 ノースウエスト…0.28%
 ユナイテッド…0.35%
 アメリカン…0.51%

 やっぱり日航の1.36%は異常に高い気がします。これ以上、数値を上げることがないように日本全体で叱咤と激励とサポートをしてあげるべきではないかと思います。叱咤だけではダメだというのは、ここ数ヶ月のことで明らかになっていますので。

---------------

 16日深夜になってもエキサイトは復旧しません。こんな状況のようです。大丈夫か、エキサイト。

【お詫び】

いつもエキサイトブログをご利用いただき、誠にありがとうございます。

サーバーの大幅増強のため、2005年6月16日1:00からサービスの停止をさせていただいておりますが、当初のメンテナンス完了時間を大幅にオーバーしてしまい、ご利用のみなさまには大変ご迷惑をおかけしております。
サービス停止時間を延長せざるを得なくなった理由は以下のとおりです。

・大量の画像データをさらに大規模なサーバーへ移行する作業を行なっておりますが、その処理に当初の予想を超える時間を要しております。
・画像サーバーのセットアップの際に、予期せぬ不具合が発生しており、その原因究明に時間を要しております。

なお、ご利用のみなさまのデータは完全に守られておりますのでご安心ください。
ご迷惑、ご心配をおかけしてたいへん申しわけありません。
早期のサービス再開を目指し、スタッフ一同を全力で作業にあたっております。
みなさまのご理解をよろしくお願いいたします。

(17日朝投稿)
# by stochinai | 2005-06-16 23:59 | つぶやき | Comments(0)

日の光今朝や鰯のかしらより            蕪村


by stochinai