5号館を出て

shinka3.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
 どうして、こんな書き方しかできないのでしょうか。「メンデルの法則を覆す研究結果、米国の科学者チームが発表」がHOT WIRED JAPANに出ています。もちろん、もともとのHOT WIRED NEWSを翻訳しただけのものなので、日本の記者が全面的に悪いというわけではありません。

 元記事がAPのものだと書いてありますので、飛びつきたくなる気持ちはわかりますが二次情報を翻訳して垂れ流すのでは、大学生のレポートと同じレベルです。ジャーナリストは、記事の商社に成り下がってしまってはいけません。少なくとも、元記事を読むとともにプロの生物学者のコメントを求めるくらいのことはして欲しいと思います。

 元記事でも、あたかも別の科学者のコメントを取っているかのように書いていますが、もともとの論文が載っているNatureのnews and viewsの解説をパクっているだけのようです。

 そもそも「150年間、科学において不動の地位を保ってきた遺伝法則に疑問を投げかける研究結果が発表された」という記事の書き出しからして大間違いなのです。

 何十年も前の大学生ですら、生物学を専攻していれば、そもそも多くの遺伝様式はメンデルの法則にあてはまらないことの方が多いということを教わっています。

 インターネットの時代の我々は、たとえ生物学を専攻していなくても「非メンデル遺伝」とか「non-Mendelian-inheritance」でGoogle検索してみると、前者でも約198件、後者にいたっては約6380件もヒットすることで、簡単にこの記事の価値を検証することができます。つまり、メンデルの法則に従わない遺伝のパターンなんて、昔からたくさんたくさん報告されているのです。

 もちろん、この論文(Nature 434, 505 - 509 (24 March 2005); Genome-wide non-mendelian inheritance of extra-genomic information in Arabidopsis )自体はなかなかおもしろいものです。染色体上にある遺伝子のDNA配列を比較しながら、かけ合わせ実験をしているのですが、父親も母親ももっていないけれども祖父母が持っていた遺伝子配列が孫に出てくるのです。その理由はいろいろ考えられますけれども、現時点では不明です。それがどういう仕組みで起こるのかということについては、生物学者ならばワクワクしながら結果を待ち望むようなおもしろい現象です。

 しかし、たとえそうだとしても、それは今までにたくさん見つかっている非メンデル遺伝のひとつにすぎないものなのです。

 それを「150年間、科学において不動の地位を保ってきた遺伝法則」が覆る、ハッタリ文句にだまされて、そのまま受け売りするなどということでは日本には科学ジャーナリズムなどというものがないことがバレバレです。今、私がここにこういうふうに書いても、明日の新聞などには埋め草の「科学記事」としていろんな新聞に出ることが充分に予測されます。

 まだ、この論文が日本人によって書かれたものでなかったことは幸運だったかもしれません。もし、そうだったら「メンデルの法則覆る大発見」が日本人によってなされたので、ノーベル賞は間違いないだろうというような記事が出ても不思議はありません。

 そんな記事を売っているプロのマスコミ・ジャーナリストっていったい何なのだろうと思います。政治や経済のジャーナリストであるならば、日本でもまだ一次情報に当たって書いている人も多いのかもしれません。しかし、記者クラブでの発表をそのまま右から左へ流しているというものもあるのではないでしょうか。

 ブログが雨後の竹の子よりもたくさん出てきていて、そのほとんどはゴミだとおっしゃられるプロの方の気持ちはもちろんわかりますが、ただでやっているブログのほとんどがゴミでどこがわるいんでしょう。それよりも、お金を取っているマスコミはたった一つでもゴミを出したら徹底的に非難されて当然なんじゃないでしょうか。

 少なくとも、日本には誕生すらしていないと言える科学ジャーナリズムに関しては、アマチュアであるブログよりプロであるマスコミのレベルが高いなんて全然言えないということだけは申し上げておきたいと思います。
# by stochinai | 2005-03-24 21:29 | 生物学 | Comments(3)
 メールだとチェーンメールということにもなりかねないテーマですが、ブログなら大丈夫かもしれないと思いますので、こちらにも掲示させていただきます。

 つぐみ、どこにいるの? 小学生の娘が行方不明になりました。どんな些細なことでもいい、手がかりが欲しい母のblogです

 「平成17年3月16日水曜日、夕方、仙台駅前LOFT近くで友人と別れたあと、自宅に戻っていません。このとき、家出をしたいと言っていたそうです。」ということですので、かなり遠くにまで移動しているかもしれません。

 仙台の小学校5年生なのだそうですが、心当たりの方はご協力をお願いします。
# by stochinai | 2005-03-24 15:03 | つぶやき | Comments(1)

沈丁花

 関東地方の方から、沈丁花の花を送っていただきました。北海道(札幌)には、おそらくない木だと思います。たとえあったとしても花は咲かないでしょう。

 歌や小説などには良く出てくる花で、名前だけは知っていたのですが、実際に見てこの香りをかいだのは初めてだと思います。だと思う、というのはこの香りはまったく知らない香りではなく、なんとなく懐かしい気がするのは、香料などにも使われているからでしょうか。

 石川さゆりの歌う「沈丁花」は、結構好きでした。

   降りしきる雨の吐息に
   濡れて傾く沈丁花

 部屋のどこにあるのかわからないくらいの距離からほのかに香りがただよってくると、和服の粋なちょっと年増のお姉さんを思い起こさせてくれるような、なんとも色気のある香りだと思います。

 そう言えば、小学生に上がるより前、ものごころがつくかつかないかの幼少の頃、家の近くにあった材木置き場で遊んでいて、高く積まれた材木から降りられなくなって泣いていた私を、抱いて下ろしてくれた見ず知らずの和服のお姉さんがとても良い匂いの人だった、というような甘酸っぱい記憶もよみがえってきました。匂いによる記憶の覚醒作用には、すごいものがあります(^^;)。

 本州では早春の花なのですね。北海道でいうと、雰囲気はカルミアやシャクナゲにちょっと似た感じかもしれませんが、花はずっとずっと小さく可憐です。北国の厳しい春には似合わないかもしれません。

 札幌の春は、雪が融けるとすぐに咲き出すクロッカスと、エゾムラサキツツジが特徴かもしれませんが、どちらも特に香りのある花ではないと思います。 

 毎年、沈丁花の香りで春を知る本州の人と、半年ぶりに見る黒い土の香りを嗅いで春を知る我々北海道人が異なる情緒の人間になってしまうのは、仕方がないかもしれません。

 だからと言って、必ずしも粗野な人間が多いというわけではないと思うのですが、どうでしょうか。

#今日もまた全国ニュースになってしまった北大です。今朝の9時に大学前とホームページで同時に発表される予定だった入試合格者のリストが、どうやらホームページでは昨夜からアクセス可能になっていたようです。リンクさえ張っていなければ見られることはないと思っていたのかも知れませんが、アドレスを直接打ち込んだらアクセスできるってことを理解していなかったことが原因のようです。ITオンチと言われても仕方のない失態ですが、またまた減点ですね。ははは。
# by stochinai | 2005-03-23 21:50 | つぶやき | Comments(2)

日の光今朝や鰯のかしらより            蕪村


by stochinai