5号館を出て

shinka3.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

結局、先生がやらされる

 校門開放時には出入り口監視を…文科省報告書というニュースが飛び込んできました。

 もちろん寝屋川の事件への対応のことです。「文部科学省は31日、校門を開けている時は、警備員やボランティアなどを置いて出入り口を監視することなどを求める報告書をまとめ、各都道府県教委などに通知した」のは良いのですが、誰が監視するのかというと、「出入り口を開放する場合は、警備員を配置するか、教職員やボランティアが立ち会うことが望まれる」です。警備員を雇うにはお金がないし、保護者は働きに出ていてボランティアどころじゃないとすれば、やっぱりこれは先生に押しつけられるじゃないですか。

 こんなの、対応策とは言えないです。

 大学でもそうですけれども、お金と人手がない場合には、無料で使える現職の教職員の仕事が増えるだけなんです。

 そうやって、サービス残業や過労死が増えているのが日本の実情なのです。
# by stochinai | 2005-03-31 21:50 | 教育 | Comments(3)

年度の終わり

 ようやく今日で「平成16年度」が終わり、明日からは「平成17年度」が始まります。

 年度の変わり目ですから、委員の任期にも今日で終わるものがたくさんあります。私は、今日まで全学教育「生物学」企画委員というものをやっていたのですが、これは今まで経験したこともないくらいハードな委員でした。

 あまりのハードさから、従来は「物理・化学・生物・地学」の中にあった「物理学実験・化学実験・生物学実験・地学実験」をくくりだして、新しい委員会を作ってもらいました。その結果、少しは楽になったのかもしれませんが、新たに実験の企画委員になった方々も大変な思いをしておられますので、今まで1人でやってきたということが奇跡(あるいは手抜き)だったと言わざるを得ません。

 この企画委員の役割は、昔「教養」と呼ばれていた「全学教育」つまり、大学に入学して来た初年度~1.5年間くらいに行われる全学の「初年度教育」における、理系の学生(理学部、医学部、歯学部、薬学部、工学部、農学部、獣医学部、水産学部)すべてに対して生物学(I、II、III)および基礎生物学I、IIという講義科目(前は実験も)を提供することです。全員が必修ではありませんが、延べ人数で最大で3000人分くらいにもなる学生のクラスと教員を割り振るのは、真面目にやったらとてもできるとは思えないようなことです。

 それを担当する数十名の先生の担当する科目と学生、そして教室の割り振りをやりました。もちろん、他の科目との調整などもありますので自分1人でできるわけもなく、原案をだして全学教育の教務係との共同作業ということになるのですが、この春から始まる講義に関しては昨年の夏から秋にかけての作業でした。

 でもまあ、ある意味で機械的にこうした割り振り作業をするだけならば、時間とエネルギーさえかければ何とかならないものでもありません。さらに、2年目ということでちょっとは慣れてきていろいろとわかるようになっていました。

 ところが、去年から今年にかけては、さらに大きな仕事が持ち上がってきているのです。その一つが18年度から始まる大カリキュラム改革です。迷走を続ける文科省が頻繁に変えた学習指導要領の最後の仕上げが成された平成15年度に高校に入学した学生が大学に入ってくるのが平成18年度で、この年に入学してくる学生は高校までに、我々の知っているいわゆる「理科」の素養をまったくといって良いほど持っていないであろうことが予想されています。それを、「18年問題」あるいは「2006年問題」と呼んでいるのですが、その問題に対して大学の初年度教育を全面的に設計し直さなければならないところまで追い込まれているというのが、今の大学の実情です。

 そして、追い込まれた結果、誰かがそれに対応しなければならないので、我々は文科省のお力を借りることなく自力で対応しますということは、法人化するに当たって北大が作成し文科省に認可していただいた「中期目標・中期計画」に書いてあるのです。文科省のしでかした不始末を、我々が尻ぬぐいさせていただくということを文科省に許可していただくというのも、なんともひどく卑屈な態度ですが、それが我々の大学の首脳陣の姿勢なわけです。というわけで、ともかく18年度問題に適切に対処するためには、少なくとも理科のカリキュラムは全面的に改定する必要があるというわけです。

 来年から始まるその新しいカリキュラムづくりの基本的設計をしたのが、16年度だったというわけで、とんでもない時に委員になったものです。

 さらに「秀」評価及びGPA制度の導入という、これも中期目標・中期計画に書いてしまってあった約束があります。「学士課程に『秀』評価及びGPA制度を導入し,修学指導等に積極的に活用するよう努める」と書いた以上、それを実現しなければ6年後にマイナスの評価を受け、いろいろなところで大学として文科省から否定的な処分を受けるに違いないと、大学当局は信じておられるようです。つまり、やらなければなりません。

 その新しい評価方法に対応するための検討もやらされておりました。「秀」評価及びGPA制度というのは、海外の大学では普通にやられていることなのだそうで、大学を国際標準の存在にするために必須のものなのだそうです。北大では今までは、優良可という3段階の合格評価と、不可および不履修という不合格の評価しかありませんでしたが、それを秀優良可という4段階の合格評価に変えるということは、実はそれほど簡単なことではありません。

 そうしたことについての完璧な対応ができた上で、明日からの新学期を迎えられるのであれば大したものなのですが、当然のことながら我々のような非力な人間が少数で、しかも限られた時間の中でできたことなどはたかが知れているというのはどなたでも想像に難くないことだと思います。

 そういうわけで、私は任を解かれてせいせいした気持ちはあるのですが、今年・来年と起こるであろうカリキュラム上の混乱を予測しては、それほどすっきりとした気持ちではいられない年度の大晦日なのでありました。
# by stochinai | 2005-03-31 20:51 | 大学・高等教育 | Comments(0)
 またまたシバレイさんのところで、重要なニュースが出ています。イラクで働きたければハローワークに行け???って、どういう意味だろうと読んでみると、ぶっ飛びました。

 元ネタは2005年3月28日(月)「しんぶん赤旗」のようです。「職業安定所に求人票 働く場所は戦地イラク 月50万円以上 元請けは隠す」は、とても衝撃的なニュースだと思います。

 記事によると、「二月二十三日、ハローワーク長崎が『就業場所』を『イラク』とする求人票を公開しました。長崎市内の会社からの求人でした。」

 「それによると、仕事内容は『土木工事の手元作業(水道工事、学校建設工事等)』。 ・・・・・・・・・・・・ 賃金は月に『五十万円~六十万円』。イラクまでの旅費、宿泊費は会社が負担し、保険については『元請け会社が民間保険へ加入する』としています。」

 他の求人では「給与は二週間で七十万円。イラクで二週間仕事をしたら、一週間は日本に戻るサイクルで、交通費・食費・宿泊費、作業服も発注者持ち。パスポートを取得することが条件でその経費も発注者が負担する」というのもあったようです。

 あれれっ?こういう仕事は自衛隊がやっているんじゃなかったでしたっけ??それにしても給料がいいですね。危険手当ってやつでしょうか。

 シバレイさんのページには、サマワ郊外の学校の修復現場の写真が出ています。「『自衛隊が修復している』とサマワの市役所で聞いて行ってみたのだが、実際に働いていたのはイラク人労働者達だった」とのこと。そうでしたか、自衛隊は働くんじゃなくて雇用をする側だったですか。だったら、数人で良くないですか。武器もなくてもいいんじゃないでしょうか。

 外務省は、日本国民に対してイラクからの退避勧告を出していますけれども、自己責任で行く人までは止めないということで、公営の職業紹介所でこういう求職があることには、特に指導したりしないんですね。不思議です。

 それにしても、大手マスコミはどんなにおもしろく重要だったとしても、赤旗のスクープ記事なんて追っかけないということなんでしょうか。ケツの穴が小さすぎません?
# by stochinai | 2005-03-30 20:30 | つぶやき | Comments(2)

日の光今朝や鰯のかしらより            蕪村


by stochinai