5号館を出て

shinka3.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

追悼 フランシス・レイ

 1960-70年代のフランス映画は叙情的な大人の雰囲気を漂わせたもので、まだまだ貧しかった日本の青少年・少女にとってはとても手の届かぬあこがれの世界を見せてくれる夢のような存在だった気がします。そして、その時代を代表する監督がクロード・ルルーシュで彼の映画と切り離すことのできない映画音楽を担当していたのがフランシス・レイでした。この二人の登場は華々しいものでした。1966年公開の「男と女」でカンヌ国際映画祭パルム・ドールとアカデミー外国語映画賞を受賞。いきなりフランス映画の定番の存在になってしまいました。

 そのフランシス・レイが亡くなったそうです。享年86歳で、死去の発表は11月7日でしたが、正確な日時などは報道では明らかではありません。いずれにしても古い日の思い出を呼び覚ますインパクトのある訃報でした。

 それまでは日本では、おそらく世界でも、ひょっとするとフランスでもほとんど無名だった監督と音楽家が一本の映画で世界の映画界のトップに躍り出て、その後しばらくフランス映画の世界をリードし、世界に発信し続けたということは音楽の世界のビートルズの出現に匹敵する出来事だったような気もします。そのきっかけになったのは「男と女」という映画そのものよりも、その中で流れていたいかにもおしゃれなスキャットのテーマ音楽だったのだと思います。リアルタイムで聞いていなくてもこの曲なら聞いたことがあるという方は今でも多いのではないでしょうか。

c0025115_21232631.jpg

 映画は確かに見たはずですが筋などはほとんど記憶にありませんが、この音楽だけは今でもときどき脳内を駆け巡ります。


 この成功のせいかどうかはわかりませんが、この後クロード・ルルーシュの映画はもっぱらフランシス・レイが担当していたようで、その後も話題になるようなヒットを連発します。

 その中で印象に残っているのがフランスのグルノーブルで行われた1968年の第10回冬季オリンピックの記録映画である「白い恋人たち 13 Jours en France」で、私も映画を見た記憶があります。今、札幌銘菓として有名になった「白い恋人」は間違いなくこの映画のタイトルのパクリだと思います。これも歌詞のないスキャットで音楽も大ヒットしました。



 この2本の印象が強くこの後他にも二人の共同作品はたくさんあったような気がしますが、しばらくたった1980年にまた記憶に残る映画を世に出しました。

 それが「愛と哀しみのボレロ Les Uns et les Autres」です。この映画の音楽はフランシス・レイとフランスのジャズ作曲家・演奏家であるミシェル・ルグランの二人が担当しています。ボレロはあのラベルのボレロで、この映画の最後にボレロの音楽に載せて演じられるジョルジュ・ドンによるバレエが世界に強烈な印象を与えて、当時ボレロとそのバレエの一大ブームが起こりました。ここでは、映画の最後のバレエの部分をご覧ください。



 この映画は不思議な映画であるだけでなく、複雑な内容でほとんど記憶に残っていませんが、いろんな俳優が次々と出てきていることだけはなんとなく覚えています。このビデオでも3分頃からもとのボレロにはない歌(といってもこれも歌詞のないスキャットです)が出てきますが、その女声を歌っているのがあの喜劇王チャーリー・チャップリンの娘さんのジェラルディン・チャップリンだというのも覚えていました。歌は吹き替えしているのか彼女が実際に歌っているかどうかは不明です。

 とまあ、この記事に出てくる最新の映画が1980年ということでもう半世紀も前のことになりますので、その頃活躍していた作曲家がなくなるというのはごく自然な順序という気はします。86歳で、ほぼ天寿をまっとうされたといっても良いのではないかと思います。

 長い間、お疲れさまでした。ごゆっくりおやすみください。









# by STOCHINAI | 2018-11-09 22:02 | その他 | Comments(0)

11月8日のtwitter

@Xenopus007 @cnn_co_jp やりましょう!

posted at 22:36:14

最後の秋晴れ? を投稿しました。 #エキサイトブログ shinka3.exblog.jp/29839062/ pic.twitter.com/uWmmvJZ2RT

c0025115_22133711.jpg
虫食いオオデマリの紅葉

posted at 22:16:07

【ひとり増えた】ロサンゼルス郊外で銃乱射 13人死亡=CNN - Sputnik 日本 jp.sputniknews.com/incidents/2018… 「犠牲者11人と容疑者1人で12人。そして(殺害された)ハイルズ軍曹。合わせて13人・およそ30発の銃弾が発射された」

posted at 20:48:20

@JMA_kishou あらゆるものを利用しますね。

posted at 20:36:40

【国立大が横並びだなんて幻想です】国立大の1人あたり交付金、12倍の格差 山形大調査:日本経済新聞 www.nikkei.com/article/DGXMZO… 「最高612万円から最低51万1000円まで12倍の開きがあった・医科系では最も多い大学が479万円、最も少なくても441万円・一部の私立大・152万円と国立大を上回る事例も」

posted at 20:32:07

@aiko33151709 日本だってほんの20年位前まではそうだったんじゃないかと思うんですけど・・・。

posted at 20:28:57

【アメリカはこのままでは内戦状態になってしまう】米銃乱射で12人死亡-共同通信|This kiji is this.kiji.is/43322231436086… 急いで銃規制を成立させ、トランプの口にはマスクをかけたほうがいい。

posted at 20:14:43

【詐欺的請求を直ちにやめ、これまでの過請求分を返還せよ】奨学金問題、保証人への全額請求に全国会議が緊急声明|リセマム resemom.jp/article/2018/1… 「保証人に全額請求する行為を直ちに止め、保証人から取得した法律上支払義務のない金員は直ちに全額返還するよう求め」

posted at 20:12:32

【2万円の隠しカメラ発見器予約中】強烈なLEDストロボが隠しカメラを見つける「SpyFinder PRO」 | ギズモード・ジャパン www.gizmodo.jp/2018/11/spyfin… 「強烈なLEDストロボが点滅で室内を照らし、覗き穴越しにカメラのレンズに映る反射光を見つける」

posted at 20:09:34

【図書を寄贈したいなら正式に登録するための経費もつけなさい】主を失った図書が安住するための持参金の額|黒澤公人 ameblo.jp/kimito001/entr… 「和書1000冊で・600万円程度・洋書1000冊・2000万円でも、足りない・持参金のない図書は、段ボール箱に入れられ・関係者がいなくなるのをひたすら待つ」

posted at 15:15:20

【文科省もやってほしい】Wellcome、OAポリシーの改定とcOAlition Sへの参加を発表|科学技術情報プラットフォーム jipsti.jst.go.jp/johokanri/sti_… 「助成したすべての研究論文・PubMed Central・Europe PMC・無料公開・6か月のエンバーゴを廃止・CC-BY・公開・購読ジャーナル・OA出版・には助成を行わない」

posted at 15:09:54

【トランプはドラキュラみたいだからトドメを刺したと思っても立ち上がって演説を始めるに違いありません(笑)】民主党、トランプ氏にトドメ刺せず:日経ビジネスオンライン business.nikkeibp.co.jp/atcl/report/15… 若者と女性、それに民族やLGBTQの多様性を認める流れが大きかった。

posted at 14:42:04

【「いじめ認知件数が少ない教育委員会はよくやっている」という評価が過去のものとは思っていないところはまだ隠し続けている:文科省不信?】いじめ撲滅に本気で乗り出した文科省と、教育現場の呆れる本音-まぐまぐニュース! www.mag2.com/p/news/375680 いじめ同様、その隠蔽も犯罪です。

posted at 14:24:29

【暖冬と言えども暖房は必要です。ガソリンは上げ止まったものの灯油はいぜんとして高騰中、道内で灯油盗難横行】北海道ニュース UHB uhb.jp/news/ 灯油約446リットルが盗まれると4万5千円分ですからね。重罪に処して欲しいものです。

posted at 14:17:43

【学生もいろいろですが、きちんと考えている人ほど歓迎しているようです】「就活ルール廃止」、学生はどう感じているか|東洋経済オンライン toyokeizai.net/articles/-/247… 「ルールが無いと困る」とか言っている指示待ちは置いていかれますよ。就活ルールは”制度疲労”を起こしているので早晩変わります。

posted at 14:15:22

【昨日も道内平地では初雪なし】北海道ニュース UHB uhb.jp/news/ 今日も昼から天気が崩れてきましたが、気温が10℃くらいの札幌で降っているものは雨。明日の朝は、峠で雪が降る程度の寒気。来週はどこかで確実に初雪になると言っています。

posted at 14:10:27

【追加情報】 www.daily.co.jp/gossip/2018/11… やはりビル全体を所有しているのが細川たかしで、細川の自宅は9階にあり、燃えたのは5階の借家人宅ということでした。以上訂正。

posted at 13:56:24


# by STOCHINAI | 2018-11-09 08:02 | コンピューター・ネット | Comments(0)

最後の秋晴れ?


 今朝は冷え込みましたが、日が昇ってくると暖かくなってきた気がします。とはいっても最高気温は10.6℃までしか上がりませんでした。それでも午前中は晴れ上がり、なんとなくこれが今期最後の秋晴れになるのではないかという気もしたので、庭に出てみました。

 玄関の風除室にも秋は来ています。これはハツユキカズラの紅葉です。

c0025115_21562823.jpg

 玄関を出て上を見上げると紅葉したナツツバキと奥には実をたくさんつけたイチイ。

c0025115_21573951.jpg

 そして左手には絶好調の黄葉したハウチワカエデ。

c0025115_22015435.jpg


 ハウチワカエデは黄色から紅色に変わるのですが、その変わり方がとても不思議です。

c0025115_21592330.jpg

 隣りにあるニシキギは真っ赤になっています。

c0025115_21594252.jpg

 ヤマボウシも色づいてきましたが、まだ緑の葉も残っています。

c0025115_22042607.jpg


 久しぶりに裏庭に行ってみると、ホオズキの袋が筋だけになっていていい感じになっていました。

c0025115_22052717.jpg

 すっかり終わりの庭のようですが、春への準備もおこたりなく、昨日の「山茶始開」が実感されるように我が家のサザンカの花芽も花びらの色が見えるようになっていました。

c0025115_22081863.jpg

 こちらはツツジの花芽です。葉はすっかり虫に食われていますが、負けずに立派な花芽が形成されています。

c0025115_22101006.jpg

 そしてアセビの花芽。

c0025115_22103166.jpg

 冬へ向かうということは春への準備をするということなのですね。

 ススキはそろそろ店じまいのようです。

c0025115_22123617.jpg

 午後には雨が降り出しました。これで気温が下がるといよいよ雪を迎えることになりますが、天気予報では来週の半ばになりそうです。










# by STOCHINAI | 2018-11-08 22:16 | 季節 | Comments(0)

日の光今朝や鰯のかしらより            蕪村


by stochinai